学官連携に関する基本協定
b0108779_16440947.jpg
当別町企画部の長谷川企画部長と大石係長が研究室を訪問されました。先日は何も知らないまま当別町役場を訪問させていただきましたが、実は、東海大学と当別町は学官連携に関する基本協定に調印していることを知りました。その内容は国際交流の推進です。本学科の海外フィールドワークで訪問するレクサンドと当別町は姉妹都市になっていますが、その交流に東海大学が関わっていたのです。今年も高校生4名をレクサンド高校へ派遣されるとのことです。川崎先生が退官されてからは、東海大学とどのように関わっていくのかを模索されていたとのことで、今後はデザインを通した連携が可能ではないかと思われます。何か新たな展開が開けそうで楽しみです。もちろん、学生のレクサンド訪問にあたってのご支援もお願いさせていただきました。お忙しい中ありがとうございました。
by manabinomori | 2015-04-02 16:44 | 北欧デザインプログラム | Comments(2)
Commented by 川崎一彦 at 2015-04-02 20:53 x
当別町との学官連携協定がこれからも生き続けるようでたのもしい限りです。
Commented by manabinomori at 2015-04-03 10:13
昨日、協定書を見せていただきビックリしました。町の発展に貢献できるのであれば、ご協力させていただきます。
<< 自由な感性でアート作品を制作 早川渉先生が着任 >>