ラフデザインを一挙に作ってしまいたい
b0108779_09595559.jpg
今日と明日は土日ということで、久し振りに時間が取れます。この機会に「デ文通信」のラフデザインを一挙に作ってしまいたいと思います。Instagramを始めてからレタッチに凝ってきましたが、その技法を取り入れながら、高校生の皆さんに注目してもらえるような紙面ができればと思います。デザイン文化学科は誕生して4年目になりますが、他の美術・デザイン系大学と比較すると知名度が高いとは言えません。広報を担当してきた2年間の反省から、今年は「待ち」の姿勢ではなく、「攻め」の学生募集に転じたいと思います。その柱となるのが「デ文通信」です。今年はセンター試験などの一般受験で入学する学生が増えました。ありがたいことです。多くの高校生や保護者の皆様、高校の先生方、そして地域の皆様によりデザイン文化学科を知っていただくために、「デ文通信」を発信します。
by manabinomori | 2015-04-18 10:37 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 建学祭に向けてのワークショップ 札幌軟石の装飾品 東海大生が商品に >>