明るい未来が見えたように思いました
b0108779_22025265.jpg
今日は1時限目が「デザイン文化概論」、2時限目は高校の校長先生との協議、3時限目が「ゼミナール」、4時限目が「卒研」、夜は北海道スウェーデン協会の常任理事会と、仕事をする時間をまったくとれませんでした。そう言いながら、こんなブログを書いているのですから最低です。最も大切な仕事である「海外フィールドワーク」「デ文通信」「カリキュラム」に手が届かないのです。まさに自業自得の世界でもあります。ともあれ、今夜は「スポーツとデザイン」の授業準備が最優先です。明日はMINI札幌の皆さんを前に、学生が提案(プレゼンテーション)をすることになっているからです。その段取りを詰めておく必要があります。さて、本日、最も嬉しかったのはゼミ展の準備が進んだことです。そして、素晴らしい作品を提示してくれた学生がいたことです。私にとってゼミは家族のようなものです。そこに明るい未来が見えたように思いました。ゼミ展(Heartful Design 展)、期待してください!(写真は松前の竹林です)
by manabinomori | 2015-05-11 22:03 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< モータースポーツ・デザインの提案 VGAアダプタ >>