大学教授のワガママと学生のカッテ〜ヒミツキチ展〜
b0108779_14270731.jpg
「大学教授のワガママと学生のカッテ〜ヒミツキチ展〜」が動き出しました。目的は、学生のアート&デザインのスキルを高め、学生がその才能を生かしながら地域で活躍できる人材へと高めることにあります。また、メディアアート都市札幌の活性化を図る活動を展開し、デザイン文化学科を広くアピールすることにあります。2年生が主体となり1年生が参加することになります。その第一歩は有志による展覧会です。ゼミで展開している「ハートフルデザイン」は、その名のとおりデザイン活動ですが、こちらはアート&デザインを意識します。グループ名は「MEDIA」と「US」を掛け合わせた「MEDIUS」(メディアス)となります。これも学生が考えました。上の画像は私の研究室です。
by manabinomori | 2015-06-18 14:41 | 東海大学 MEDIUS | Comments(0)
<< 八剣山ワイナリーブランディング 「アート教室」の準備がスタート >>