Melodyneがなくてもいけそうだ
b0108779_21101084.jpg
Logicを使い慣れると、Melodyneがなくてもいけそうだと思えるようになります。もしかしてこの機能と操作性はDAWの中でも突出しているかも知れません。となると、Logic Pro Xで全体像を完成させ、トラックごとにAIFで出力し、それをCubase Pro 8で読み込んで細部の編集と空間処理をするのが理想かも知れません。画像のレタッチにしても最近は2つ以上のソフトを駆使して仕上げるのが日常になりましたので、音楽についても同様のことが言えるのかも知れません。ソフトで大切なことは、それぞれの得意分野を生かして使うと言うことなのでしょう。
by manabinomori | 2015-07-20 21:25 | 制作 音楽 | Comments(0)
<< ストックホルム大学 ビョルクに紹介されました >>