石塚耕一展「アイ・アム・ザ・ウォルラス」
b0108779_07222839.jpg
石塚耕一展「アイ・アム・ザ・ウォルラス」

会期 2015/8/20(木)- 8/25(火) 8/20は13:00から、8/25は17:00まで
会場 Gallery NIW / 東京都文京区関口1-44-8

本展では、メディアアートという表現方法をとおして、私の内なる『アイ・アム・ザ・ウォルラス』を表現しています。メイン会場である 「roomN」では、その楽曲から生まれたイメージを作品にしてみました。キャプションをご覧になるとそのことをご理解いただけると思います。さて、本展 は三つの分野から成り立っています。一つは写真で、これまで制作してきたスタイルを進化させながら、よりアーティスティックなものにしてみました。色彩に よって対象を変容させながら、新たな世界観を生みだそうと試みたものです。アートによる表現といっても過言ではありません。私たちはデジタル機器の普及に よって無限の表現方法を手に入れました。誰もがプロ並みの作品が作れる時代になったのです。だからこそ個性的で感性に優れた作品を創造できないかと考えました。次にビデオアートですが、これは写真以上に抽象的な作品になっています。どれも心の動きを映 像化させたもので、『1012』にいたっては、色彩が破綻する限界での作業になりました。映像は写真よりも複雑で、思わぬ変化に遭遇することがあります。 その偶然性をも生かしています。その作品を左右するであろうサウンド作りは楽しみながらさせていただきました。最後は音楽作品についてですが、『ジャング ルジム』は『アイ・アム・ザ・ウォルラス』を強く意識しています。したがって歌詞やサウンドに遊び心を散りばめています。今回はボーカル入りのオリジナル 曲を中心に発表させていただきますが、どれも長い時間をかけて行き着いた作品ばかりです。これらの作品は、まだ進化の過程にあります。ぜひ、多くの皆様に鑑賞していただき、ご批評をいただければ幸いです。
by manabinomori | 2015-08-15 07:27 | 個展 ウオルラス | Comments(0)
<< スウェーデンの文化と言葉につい... SRS-X33 >>