海外旅行の持ち物
b0108779_16313837.jpg
「北欧デザインプログラム」の第4回事前学習会の中で、海外旅行の持ち物について説明させていただきました。大まかには次のようなものです。

1 パスポート(これがないと出国、入国ができない)
2 お金(扱いには特に注意すること)
3 ミニ英会話集、電子辞書など(私はiPhoneのアプリだけにしました)
4 海外旅行保険申込書(任意保険と大学の保険)
5 常備薬(スーツケースに入れるとコペンハーゲンまで使えないので注意)
6 着替、パジャマ、靴下など(ヨーロッパ学術センターで洗濯が出来ます)
7 カメラ、パソコン、ドライヤー、ウォークマン、変換プラグ、電源タップ
8 スマートフォン(海外での使い方について調べておくこと)
9 靴(新しい靴は靴擦れの原因になるので注意)
10 洗面用具(シャンプー、リンス、タオル、バスタオル、歯磨きなど)
11 化粧品(機内持ち込みはビニール袋に)
12 雨具、使い捨てスリッパなど
13 洗濯用の洗剤(数日分)
14 名刺(ホームステイ先や大学生との交流に必須)
15 お土産(ホームステー先など)
16 筆記用具(研修に行くわけで、どこでもメモはとろう)
17 北欧旅行ガイド(地球の歩き方など)
18 国際学生証、学生証(学生割引や身分を証明)
19 ティッシュ(鼻のすすり、麺のすすりは北欧では厳禁!)
20 アニメーション上映、折り紙、YOSAKOIなどで必要なもの
21 その他(ビニール袋、綿棒、爪切り、輪ゴム、本など)

以上ですが、「パスポートを忘れた!」ということがあると大変なことになりますので、前日にあらためて皆さんに連絡しようと思っています。ところで、私がいま悩んでいるのは iPod を持って行くかどうかということです。小型のウォークマン(寿命)と iPod nano(娘に譲った)はすでに手元にありません。国際線の場合は音楽、映画、ゲームなどのコンテンツを自由につかえますが、それでも心を癒す音楽は必要です。できるだけ身軽な旅行にしようと考えると、iPod touch より iPhone 6 plus に好きな音楽を入れていくのがベストかも知れません。
by manabinomori | 2015-08-28 16:18 | 北欧デザインプログラム | Comments(0)
<< 進化するしおり iPhoneで使えるしおりの制作 >>