YUBARIシンセイカレッジ
b0108779_18200245.png
土曜日は「YUBARIシンセイカレッジ」(夕張市民大学)の講師として旧夕張小学校を訪問させていただきました。佐近さんをはじめとする若者のみなさんが、自分たちで創り、自分たちで育てる市民大学を設立させたのです。このような創造的な人材が夕張市にはいらっしゃるのです。目的は、①若手のネットワークを作る(交流=地域の活力) ②人材育成の機会を作る(やればできる化)、③夕張の未来を考える(郷土愛を育む)です。なんともタイムリーであり、情熱が感じる取り組みです。若者の活躍が夕張の未来を明るくしていると実感しました。地域のためにお役に立てるのであればということで、24日は音威子府村と松前町の学校をとおした地域活性化の話をさせていただき、31日は夕張の未来を考えるワークショップを行います。参加されたみなさん方の意欲が伝わってきて、私も大きな刺激をいただきました。ありがとうございます。画像は当日のプレゼンテーションのスライドから。
by manabinomori | 2015-10-26 18:20 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< オーキャン終了 10月25日(日)は東海大学の... >>