光を写真で楽しむことができるようになった
b0108779_21495082.jpg
光をどのように扱うかは重要な問題です。フィルムカメラの時代は逆光撮影をするのならフラッシュが必需品でした。しかし今の時代は、センサーの性能が良くなったこと、そしてレタッチによってこのように表現することができるようになりました。より光を楽しむことができるようになったのです。
by manabinomori | 2015-11-10 21:55 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 来週からは通常の生活に戻れそう アナログにはアナログの良さがある >>