exhibition
b0108779_23453937.jpg
こちらの方が良いかも知れませんね。どちらにせよ、このようなペールトーンのシリーズを制作します。
by manabinomori | 2015-12-05 23:47 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< 光が豊かだと写真の可能性も広がります Koichi Ishizuka... >>