ルイースに感謝
b0108779_10195850.jpg
昨夜はスウェーデン交流センターのルイースの送別会に参加させていただきました。ルイースと初めてお会いしたのは、「北欧デザインプログラム」の実施にあたって交流センターを訪問した時でした。会った瞬間に「この人だ!」という運命的な何かを感じました。そして、ストックホルム大学との交流が実現できたのです。彼女がいなければストックホルム大学を訪問することは不可能でした。大学でのガラス作家や工芸作家によるワークショップやセミナー、あるいは学生へのスウェーデン語の指導まで担当してくださいましたが、それは会った時に感じた「何か」が間違いではなかったことを実証する出来事でもありました。もっと北海道にいて欲しかったという思いはありますが、新天地でのご活躍をお祈りしています。ありがとうございました。
by manabinomori | 2015-12-22 10:31 | 北欧デザインプログラム | Comments(0)
<< 次年度へ向けて こんな道路もあるのです >>