美の追究
b0108779_15051850.jpg
学生の成長には驚かされます。この3年間で多くのことを学び、考え、実践してきました。一方で私はどうだったのでしょうか。地に足がつかないまま、中途半端なことばかり繰り返していたように思います。残りの5年間を有意義に過ごすためには、目標を明確にし、一つのことを深めていくことが必要ではないかと思います。それが美の追究ではないかと思うようになりました。その一つとしてWebマガジンの発行が有効であるとするならば、躊躇せずに実践すべきことなのでしょう。
by manabinomori | 2016-01-05 15:16 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< ビートルズの写真をコラージュ Webマガジンを発行するのであれば >>