Apple Pencil ⑮ Pixelmator VS Lightroom
b0108779_12450227.jpg
写真編集において、Lightroom は不可欠な存在になりつつある。RAW現像をする人にとっては必需品であり、JPEGにおいてもきめ細かな補正が必要な場合は重宝する。その iPad 版で便利なのは、「クリエイティヴ」「カラー」「白黒」「ディティール」「効果」「カメラ」のプリセットが用意されていることである。色調補正ではなんと8色のカラー輝度を変えることができる。一方の Pixelmator は、上の画像のように6色しか補正はできないものの、明度と彩度の微調整が自由にできるようになっている。なんて素晴らしいのだろう!もちろん一般的なカラー調整もお手のものだ。もし「ペイント」のUIが改善されれば、写真編集とペイントは Pixelmator 1本で十分だろう。
by manabinomori | 2016-03-09 07:44 | 研究 Apple | Comments(0)
<< 不思議なものです 私にとってのデッサン >>