ハワイの楽曲
b0108779_10474481.jpg
ハワイで買ったCDを聴いていると、オアフ島の夕日や朝日を思い出してしまいます。アナログティストに満ちた生楽器とボーカールに普遍性を感じます。楽曲そのものはハワイならではメロディやハーモニー、そして軽快なリズムが印象に残ります。日本の演歌のようなドラマチックな重厚さはありません。それが聴きやすくていいのです。心を癒してくれます。
by manabinomori | 2016-03-20 10:48 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< Apple Pencil ⑰ ... 新年度の足音 >>