君たちに進化はないのか?
b0108779_22011351.jpg
レタッチが身近になった今日、Photoshop ほどレタッチに関して頑固で使い勝手が悪いアプリは見当たりません。「君たちに進化はないのか?」と問いかけたくなるぐらいです。しかし、その困った Photoshop を救うべきプラグインが多数プロレベルで存在している。それらを使うと Lightroom さえ必要なくなってしまうと感じるほどです。例えばこの Efex では、フィルムタイプまで選べたりするのです。私のイメージにピッタリだったのは「イルフォード Delta 400 Pro」です。フィルムはコダックとフジを使っていましたが、印画紙はいつもイルフォードを使っていたことを思い出します。Photoshop がのんびりしている間に、このようなプラグインがどんどん進化していくのです。それもまた良いことかも知れません。
by manabinomori | 2016-03-26 22:18 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< Google Nik Coll... 自分を発見する旅 >>