もっと楽しく
b0108779_20521491.jpg
三宅一生の作品を鑑賞してからというもの作品への意識が変わったような気がします。もっと大胆に、もっと繊細に、もっと楽しくというイメージが強まりました。
by manabinomori | 2016-05-30 20:58 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
<< もっと深い交流ができれば 学生の参考にもなる >>