入力環境を整える
b0108779_14381014.jpg
iPad Pro と iPhone 6 plus の入力環境を整えることは効率的な作業を進める上で大切なことです。そのためには、フリック入力のキーボードサイズを同じくする必要があります。iPhone 6 plus のキーボードは大きすぎて使い勝手が良くありません。そこで ATOK for iOS を使って写真のように iPad Pro と同じ大きさに揃えてしまいました。ATOKの良さは日本語変換効率の高さ、そして母艦である iMac の登録単語と同期できることなどがありますが、実は左右のカーソルキーが使えるというのがとても便利なのです。これに慣れてしまうとオリジナルのキーボードには戻れません。
by manabinomori | 2016-06-03 14:56 | Apple | Comments(0)
<< ハワイの色彩 自主制作アニメーション >>