グラスアートセミナー
b0108779_13512477.jpg
ポーランド生まれのスウェーデンのガラス作家エルズビエータ・ラーステンさんをお迎えしてグラスアートセミナーを開催しました。
b0108779_13513231.jpg
初めに自己紹介がありましたが、看護師からガラス作家へと転職したことについて触れられました。そこでは「夢」にチャレンジすることの大切さ、愛と想像力、勇気の大切さが語られました。印象的だったのは「ハッピー・アップル」が生まれた経緯であり、それにこだわり続けようとした熱意です。
b0108779_13513655.jpg
持ってこられた作品に、学生一人ひとりが「世界に伝えたいメッセージ」を描きました。これは、愛は世界を変えられるというエルズビエータさんの実践に学生が参加することを意味します。
b0108779_13514723.jpg
学生はそのメッセージの意味を彼女に説明しました。
b0108779_13515286.jpg
刺激的で素敵な時間になりました。エルズビエータさん、そしてスウェーデン交流センターの皆様に心より感謝申し上げます。
by manabinomori | 2016-11-11 14:06 | 北欧デザインプログラム | Comments(0)
<< 「ハイレゾ」を含めてもっと音楽... 当別町役場を訪問 >>