エゴン・シーレ
b0108779_08533212.jpg
b0108779_08530244.jpg
画家とモデルとの関係は写真家とモデルとの関係に似ている。28歳の短かった人生だからなのであろうか、彼のモデルへの愛情の深さは特別に思えてならない。映画の公開が待たれるエゴン・シーレについて春学期は徹底的に研究したい。
by manabinomori | 2017-01-29 08:55 | 石塚耕一研究室 | Comments(2)
Commented by goldfish3003 at 2017-02-06 10:35
恥ずかしながらエゴン・シーレという画家を知りませんでした。
時代背景が、彼のそのエロスを求める作品を許さなかったようですね。
皮肉な事になぜか画家というのは、苦悩や困難の中から傑作を生みだすものです。
彼の作品も衝撃的で、胸をギュッとつかまれました。
映画もとても興味深くHPでチェックさせて頂きましたが、
観に行けるかなぁ。。。
こういう良い作品は、もっと多くの映画館で上映して欲しいものです。
Commented by manabinomori at 2017-02-08 09:32
そうですね。多くの映画館で上映して欲しいですね。昨年はクリムトを意識しましたが今年はシーレの年になりそうです。ところで、最近制作されている写真も素敵ですね。刺激をいただきました。ありがとうございます。
<< 様々なヒントをいただいています アートの領域までレタッチ >>