2013年 12月 09日 ( 5 )
アートで街を活性化させる
b0108779_2325720.jpg
b0108779_23252198.jpg
「伏古商店街みらい会議」は「北24条商店街みらい会議」とはまた違った雰囲気がありました。北24条に参加する学生は北大と東海大が中心でしたが、伏古は北大と大谷大が中心になっていました。学生の参加が商店街のみなさんに刺激を与えているようでとても喜んでいました。伏古商店街はアートを前面に出して活性化を図る予定で、近くにある大谷大の参加状況が大きな影響を与えそうに思います。デザイン文化学科としては学生の希望があれば参加したいとも思います。会議の最後には、私にお話しさせていてただく機会をいただきました。文化が商店街を活性化させる活動は先駆的であり子供たちや商店街に誇りを与えることにつながると思います。アートを前面に出したのは正解だと思います。さて、「みらい会議」では様々な夢を描くことができましたが、実は最も大切なことは「実践力」なのです。これこそが最も困難なことであり人や知恵を必要とするのです。これからは「夢を実現する会議」になって行けばいいのかも知れません。明日は「石山商店街のみらい会議」があります。ところで、これらの会議は、本学科が授業で行っている「情報デザイン基礎」「ファシリテーション基礎」「企画構想論・同演習」に近いものがあります。参考になりました。ありがとうございます。
by manabinomori | 2013-12-09 23:26 | 地域 北24条商店街 | Comments(0)
伏古商店街みらい会議
b0108779_17264249.jpg
迷っていた「伏古商店街みらい会議」に出席することにしました。「商店街アートプロジェクトのアドバイスをお願いしたい」とのご連絡をいただきましたので、これはもう出席するしかありません。お力になれるかどうかは分かりませんが、商店街をアートで飾ろうという発想には大賛成です。
by manabinomori | 2013-12-09 17:27 | 地域 北24条商店街 | Comments(0)
放課後
b0108779_1791369.jpg
b0108779_1791489.jpg
b0108779_1791631.jpg
b0108779_1792667.jpg
b0108779_1792935.jpg
b0108779_17930100.jpg
大学で「放課後」という言葉が適切かどうかは分かりませんが、授業後のデザイン文化学科303教室の様子です。課題制作を続けている学生もいますが、最近は千歳高校グループが元気です。
by manabinomori | 2013-12-09 17:10 | デザイン文化学科 | Comments(0)
デザインコンピュータ室2
b0108779_1654879.jpg
デザイン文化学科にはこれから新しい教室が誕生していきますが、それまでの間は現状の教室を使って作業をしなければなりません。最近学生がよく使用しているのが807のデザインコンピュータ室2です。今日も4人の学生が課題の制作に追われていました。このように真剣に向かい合っている学生がいる空間からは緊張感が伝わります。いいことです。
by manabinomori | 2013-12-09 16:54 | デザイン文化学科 | Comments(0)
荒井善則個展「いつか水曜日の夜に」③
b0108779_16422685.jpg
b0108779_16422759.jpg
b0108779_16422924.jpg
b0108779_16423915.jpg
b0108779_16424168.jpg
b0108779_16424262.jpg
b0108779_16425319.jpg
b0108779_16425465.jpg
b0108779_16425614.jpg
硬質な石やコンクリートと木や紙では質感が全く違い、そこから表出されるイメージは異なります。それは私たちが生活してる空間も同じで、無機質な舗装道路もあれば風に揺れる木々もあったりします。デザインギャラリーに展示されたインスタレーションは、異なる材質であっても作家の個性が色や形としてつながっているために空間としての統一感があります。そして、この非日常的な空間こそがアートならではのものなのです。不思議なことに、この空間を歩いている鑑賞者はまるで作品の一部のように思えてしまいます。それは、無造作に置かれたかのように感じる個々の物体が、実はシルクスクリーンの一部であるかのように荒井先生の感性から生み出されたものなのだからでしょう。
by manabinomori | 2013-12-09 16:46 | 展覧会レポート 札幌 | Comments(0)