カテゴリ:石塚耕一研究室( 502 )
エゴン・シーレ
b0108779_08533212.jpg
b0108779_08530244.jpg
画家とモデルとの関係は写真家とモデルとの関係に似ている。28歳の短かった人生だからなのであろうか、彼のモデルへの愛情の深さは特別に思えてならない。映画の公開が待たれるエゴン・シーレについて春学期は徹底的に研究したい。
by manabinomori | 2017-01-29 08:55 | 石塚耕一研究室 | Comments(2)
RX100Ⅳ
b0108779_14481893.jpg
作品制作の撮影には使わないけど、毎日持ち歩く記録用のカメラはコンパクトが良い。SONY RX100Ⅳはファインダーもあるし、F1.8で明るくボケも出せるし、シャッター音もしない。よって私はこいつを毎日持ち歩いている。
by manabinomori | 2017-01-24 14:48 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
心からご冥福をお祈り申し上げます
b0108779_11324406.jpg
b0108779_11325005.jpg
b0108779_11325840.jpg
昨日の北海道新聞です。釧路のジャズ喫茶「ジス・イズ」の小林さんが亡くなられました。なんとも痛ましいことです。日本で最も芸術の香りが漂う独自の喫茶店は、ジャズはもちろんですが、演劇やアートの拠点でもあり、多くの人に愛されていました。釧路明輝高校の演劇部もお世話になりましたが、私自身ここをテーマにしたビデオアート「あの風の向こうから」を制作させていただきました。小林さんほど視野が広く、心が豊かな人にお会いしたことはありませんでした。毎月のように訪問させていただいては、60年代から70年代にかけての美術の話などをせていただきました。私の制作が写真や映像へと転換するきっかけとなったのもここに通うようになってからです。「ジス・イズ」で撮影した作品を掲載させていただきます。ありがとうございました。心からご冥福をお祈り申し上げます。
by manabinomori | 2017-01-22 12:57 | 石塚耕一研究室 | Comments(2)
おといねっぷ美術工芸高校の卒業生グループ展「fun」
b0108779_10363269.jpg
おといねっぷ美術工芸高校の卒業生と在校生のグループ展「fun」の作品展が「Cafe&Bar ROGA」(北区北7条西5)で開催されています!本学科の城浦君も参加しています。私は午後から鑑賞予定です。楽しみです。記事は昨日の北海道新聞朝刊です。
by manabinomori | 2017-01-07 10:37 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
札幌とはまるで違う
b0108779_11194215.jpg
b0108779_11200285.jpg
b0108779_11200621.jpg
全て昨年ハワイで撮影したものです。ノーレタッチなのにこんな色で撮影されてしまいます。気温はもちろんですが、空気感、色彩感のようなものが札幌とはまるで違います。
by manabinomori | 2017-01-05 11:21 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
東京国立近代美術館
b0108779_16341540.jpg
東京国立近代美術館は作品の撮影も可能なオープンな美術館です。海外の貴重な作品も所蔵していて見応えがあります。これはピカソの「ラ・ガループの海水浴場」作品です。晩年のピカソらしいラフなタッチで描かれています。海岸を描いていますが、室内のように思えてしまう空間処理がなされています。右端の女性はジャクリーヌで、中央の人物はピカソ本人と思われます。日記のように描かれた作品であり、それ以上の意味は感じられません。
b0108779_16342099.jpg
こちらはベーコンの作品の一部ですが、画面に緊張感があります。背景の派手な色彩と人物が見事に調和されています。空間や色彩を自在に操りながらまとめているあたりは流石と言うほかありません。
b0108779_16341764.jpg
これらはiPhone7で撮影しましたが、このカメラには限界があります。やはりデジカメが必要であることをこの時やリンゴ・スターの公演で感じました。そこで、RX100Ⅳを購入することにしました。このカメラはコンパクトでシャッター音もありません。今年はより良い写真を撮影することができそうです。
by manabinomori | 2017-01-02 16:57 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
日本文化を探す旅
b0108779_11053755.jpg
b0108779_11054266.jpg
b0108779_11060534.jpg
b0108779_11061926.jpg
日本文化への関心が高まっています。よく考えてみると、私はゆっくりそれらを見学したことがありません。来年は機会をみつけて日本文化を探す旅に出たいと思います。
by manabinomori | 2016-12-30 11:06 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
グラフィックデザインに正解はない
b0108779_22393922.jpg
グラフィックデザインは奥が深い。このDMを制作するに当たっては、横と縦の2種類のバージョンを考えてみました。しかしそれぞれの作品を配置してみると横では無理があり、ハガキを4等分してそこに作品を入れる縦バージョンがバランスが良いと言うことが分かりました。個々の作品は強引にトリミングして配置しましたが、絵画のインパクトが強すぎるために苦慮しました。幸いなことに色調が2系統に分かれていましたのでそれを交互に配置してみるとなんとか収まりました。苦労したのはタイトルをどのように入れるかと言うことです。試行錯誤の末に上のようになりました。ここで使える色彩は無彩色しか考えられませんので、タイトルと作者名は黒にしました。ジャンルの異なる作品を配置したDMの制作はとても難しいことを実感させられました。
b0108779_22394391.jpg
こちらはシンプル+シンメトリーに徹しました。地図や店のロゴを入れると複雑になってしまいますので、シンプルにまとめることに心掛けました。ポイントはフォントの太さです。グラフィックデザインに正解はありません。いかに美しく仕上げるかだけです。この場合はクライアントが私自身なので好きなようにやらせていただきました。
by manabinomori | 2016-12-28 23:00 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
デスクマット
b0108779_13293534.jpg
デスクマットを取り替えました。3年間使ったきた透明のものから「Hansa コンピューターパッド」に切り換えたのですが、これがけっこう使いやすくマウスの反応も悪くない。しかし隅の立体的な模様が手首に触れると気になる。ポリプロピレン素材は耐久性に優れているけど肌触りは良くない。黒はクールだが昼間の作業では重すぎる。
b0108779_13293635.jpg
そこで1ヶ月の使用を経て「Be2 デスクマット」を購入しました。サイズ的にはHansaの方が実用的であり、Be2は横幅が狭くて窮屈な感じです。しかし、レザーなので質感はいい。マウスの反応も問題ない。Hansaより安いのに高級感があるから不思議だ。
b0108779_13293806.jpg
Be2で残念なのが色である。もう少し選択の余地が欲しかった。個人的には目に優しい明るい色があると嬉しい。ところで、Hansaの方は大学の研究室で利用することにします。古くなったマウスパッドを買うより実用的です。
by manabinomori | 2016-12-27 13:30 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
中村大三郎の「春雨」
b0108779_16223506.jpg
日本の美人画で好きなのは中村大三郎の「春雨」です。平面的ではあるけれど、洋画にはない繊細さと美しさがここにはある。
by manabinomori | 2016-12-23 15:55 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)