カテゴリ:授業 グラフィックデザイン( 88 )
イラストレーション
b0108779_12253164.jpg
私は以前「デザインの現場」という雑誌を購読していました。それは1984年の創刊号から1991年ぐらいまでだと思います。その中でやはり興味深かったのは「イラストレーション」の特集でした。いまでもその特集号は5冊ほど持っていて研究室に置いてあります。イラストレーションは、例えば“ぴあ”や“週刊文春”などの表紙に使われていて、浮世絵から進化したもう一つの日本文化ではないかと思っていました。それぞれの個性がはっきり表現される分野だけに、例えば絵画の人物画と違ってより感性が求められるような気がします。それを授業で行おうとすると、油彩であれば自画像を描くことが基本となり、デッサン力や表現力などの技術を教えていくことになります。そこに内面描写が入ればなお良いということです。ところが、イラストレーションの場合は基本はもちろん大切ですが、むしろそれぞれが持っている個性や感性をどう引き出すかということが大切になります。実は、そのことは授業として最も難しいところでもあるのです。
by manabinomori | 2013-12-05 12:25 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)
CD booklet 4
b0108779_853518.jpg
桂君は常に造形的なバランスに注意を払いながら制作していますが、そこにオリジナリティがあってハッとさせられます。それがとてもハートフルで心に響きます。配色もよく考えられています。
by manabinomori | 2013-12-03 08:53 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)
CD booklet 3
b0108779_8443727.jpg
「デジタル表現A」のIllustratorを使った最終作品は「CD booklet」でした。最終作品と言うこともあり、それぞれ熱心に制作していたのが印象的です。短期間ではありましたが学生のレベルが向上していたのが印象的でした。これは穂貴君の作品で、『CRAFT SOUNDTRACK』というタイトルがつけられています。背景色を白にしてシンボル化させた工具を配置した表紙と裏表紙、中を開くとそれらの写真、そして木と小鳥が描かれているのがいい。
by manabinomori | 2013-12-03 08:45 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)
CD booklet 2
b0108779_23205052.jpg
花恵さんの作品です。シンプルな作品は難しい。でもシンプルな作品は美しい。そんなことを教えられます。下の写真がいい雰囲気を出しています。レタリングの字体、配置、大きさも適切です。
by manabinomori | 2013-12-02 23:24 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)
CD booklet 1
b0108779_20574983.jpg
直充君の「CD booklet」です。モノトーンにまとめていてかっこよくできています。今回のテーマは「自分」又は「札幌」で、直充君は自分をアーティストにして作成しました。右下の人物が直充君です。こちらは未完成バージョンで少しつめが甘くなっていますが、提出作品では完成度が上がっています。
by manabinomori | 2013-12-02 21:01 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)
グラフィックデザインA
b0108779_10523366.jpg
b0108779_10523561.jpg
b0108779_10523635.jpg
「グラフィックデザインA」では、最終課題として靴の広告デザインに取り組んでいました。アイディアが求められます。どのような作品を作り出すのか興味津々です。
by manabinomori | 2013-11-29 10:56 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)
グラフィックデザインA
b0108779_12181550.jpg
b0108779_1218168.jpg
b0108779_12181838.jpg
b0108779_12182077.jpg
各自が制作した名刺について説明しています。欲しくなってしまうようなお洒落な名刺もあります。
by manabinomori | 2013-10-11 12:18 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)
グラフィックデザインA
b0108779_11101292.jpg
具体的なテーマを元にグラフィックデザインの課題演習を行います。特定の商品や企業などの「モノ」ではなく、何らかの「コト」をテーマとしたビジュアル表現について、イラストレーションや造形・写真等を使用したグラフィック表現による作品製作を行います。「コト」とはイベントや運動、主張といった動的な情報であり、これらを伝える手段としてのグラフィックデザインとそのプロセスを課題制作を通して実践的に学習します。今日はロゴデザインについての実践をしていました。
by manabinomori | 2013-10-04 11:10 | 授業 グラフィックデザイン | Comments(0)