カテゴリ:デ文 プロダクトデザイン( 9 )
KARINTO-OBSERVATION
b0108779_10252923.jpg
プロダクトデザインAの課題「KARINTO-OBSERVATION」です。学生は、かりんとうから様々なイメージを導き出しています。
b0108779_10253173.jpg
果倫さんの作品は、かりんとうが持っている質感を上手に表現しています。
by manabinomori | 2014-10-25 10:26 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)
これは欲しい
b0108779_19361136.jpg
昨日は、光希君の名刺のお話をしましたが、今日は真駒内公園で開催される「BOOK SHARE」(10月11〜12日)で販売予定の作品(商品)を紹介します。

b0108779_19361341.jpg
手前にあるのがその作品です。家をモチーフにしたデザインが可愛い。

b0108779_19361505.jpg
このようにペン立てになります。

b0108779_19361726.jpg
「情報デザイン基礎」の授業でも独創性のあるアイディアを出していたことを思い出します。

b0108779_19362003.jpg
これは欲しいですね。机上の飾りとしてもお洒落です。これらは小物ですが、今後どのようなプロダクト作品が生まれるのか楽しみです。
by manabinomori | 2014-10-09 19:37 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)
分解
b0108779_15513215.jpg
おや、あの“PSP”が分解されているではありませんか。
b0108779_15513371.jpg
そこでは、風樹君が真剣に作業をしています。
b0108779_15513524.jpg
どうやら、これは笹川先生の「プロダクトデザイン論」の課題のようです。
b0108779_15513802.jpg
壊れてしまった“PSP”を分解して何かを生みだそうとしているのです。とても興味深い取り組みです。完成したら紹介させていただきます。頑張って下さい。
by manabinomori | 2014-05-02 16:00 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)
鈴木君の作品が紹介されました
b0108779_14143590.jpg
北海道新聞の朝刊(札幌圏)に、東海大学芸術工学部(旭川キャンパス)の鈴木龍一君の作品が紹介されました。「いつまでも傍らに置くことのできるおもちゃ」をテーマにした木工作品です。どれもデザインが素敵です。
by manabinomori | 2014-02-22 14:16 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)
プロダクトデザインA
b0108779_2028415.jpg
b0108779_20286100.jpg
b0108779_2028797.jpg
b0108779_20281677.jpg
b0108779_20281819.jpg
b0108779_20282080.jpg
b0108779_20282979.jpg
b0108779_20283160.jpg
「プロダクトデザインA」の授業成果発表です。それぞれの作品にはデザイン文化学科らしいアイディアがつまっていてとても楽しいプレゼンテーションになりました。プリントもレベルが高く素敵でした。
by manabinomori | 2014-01-27 20:29 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)
食事と光の関係
b0108779_13542499.jpg
昼休みに規子さんが作業をしていました。どうやら「プロダクトデザインA」の課題を作成していたのです。食事と光との関係について研究しているようで、そのためのサングラスを作成していたのです。確かに、光は私たちの感情に影響を与えます。それが食事にまで影響を与えていたというのは興味深いですね。頑張って下さい。
by manabinomori | 2014-01-09 13:55 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)
プロダクトデザインA
b0108779_1146293.jpg
b0108779_11463181.jpg
b0108779_11463378.jpg
「プロダクトデザインA」の授業です。それぞれアイディアを考えていました。書く(描く)という行為の大切さを教えられます。
by manabinomori | 2013-11-29 11:46 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)
プロダクトデザインA
b0108779_12113911.jpg
b0108779_12114121.jpg
b0108779_12114319.jpg
食事を中心にして学生各自の生活をデザインしています。このような取り組みは、心や体の健康にもつながり興味深い。プライベートな内容なので詳しくは掲載できませんが、私の大学時代よりはリッチな食事をしていることは間違いありません。
by manabinomori | 2013-10-11 12:11 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)
プロダクトデザインA
b0108779_11123716.jpg
b0108779_11123933.jpg
b0108779_11124149.jpg
2年次生の「プロダクトデザインA」です。デザインにおける形とは審美性のみに重きをおくものではなく、機能性・生産性・流通・社会的意味など様々な要因の表象であり、デザインという行為を行うにあったって必要とされる思考や技術も多岐にわたるものです。本授業においては、日常生活の細部を注意深く観察することから解決すべきテーマを探し出し、創造的な思考によるアイデア展開、独自の解決策の立案、プレゼンテーションまでのプロセスを学習していきます。笹川先生の担当です。学生の創造力をどんどん引き出していきます。
by manabinomori | 2013-10-04 11:12 | デ文 プロダクトデザイン | Comments(0)