カテゴリ:個展2014( 22 )
写真展スタート
b0108779_20432297.jpg
b0108779_20432348.jpg
石塚耕一写真展「空が広く見えるとき」がスタートしました。このユニバーサルカフェminnaは、新年度の石塚耕一ゼミナール「Heartful Design」の会場の一つになる予定です。
by manabinomori | 2014-12-17 20:48 | 個展2014 | Comments(0)
12月16日(火)より写真展が始まります
b0108779_16210930.jpg
b0108779_16171488.jpg
b0108779_16215494.jpg
写真展に向けて、私は3種類の作品を制作してきました。一つはモノクロ作品で、ハイライトとシャドウにこだわったもの。次はカラー作品で、色相、彩度、明暗などに変化を加え独特の世界観を狙ったもの。最後はマン・レイやポップアートを意識した作品で、絵画を描くように制作したものです。最大の悩みは、これらの作品を同時に展示すると統一感がなくなってしまう可能性があるということです。いまの段階では、白黒作品のみの展示を考えていますが、カラーも捨てがたいので悩んでいます。テーマは札幌(北海道)の自然と文化で、そこにモデルをしてくださったナオさんが加わるという設定です。実際には意図したものを撮影する時間を確保することができないまま、中途半端に終わってしまいました。そんな状態ではありますが、彼女の良さを最大限引き出せるように工夫してみました。彼女にはとても感謝しています。ありがとうございました。

写真展「空が広く見えるとき」は、12月16日(火)より、札幌市南区にあるユニバーサルカフェminnaでスタートします。ご覧いただければ幸いです。
by manabinomori | 2014-12-11 16:23 | 個展2014 | Comments(0)
ちょっと実験
b0108779_17522586.jpg
写真展「空がひろく見えるとき」は、全てモノクロ作品を予定していますが、このような色彩の遊びがあってもいいのかなと思いました。上の画像はちょっと実験してみたものです。さて、最近、ビートルズの「アンソロジー」を見ています。この時代の映像はまだ4:3が主流だったのですね。そのカバーデザインを担当したクラウスのアートワークがいいのです。公開講座でもクラウスのことを説明させていただきますが、よく考えると、クラウスはジョンの友人のスチュに彼女を奪われてしまうのです。というより、彼女がスチュを気に入ったという方が正しいのかも知れませんが。
by manabinomori | 2014-12-07 17:52 | 個展2014 | Comments(0)
個展のDMをどう作るか
b0108779_10414522.jpg
12月から始まる個展「空が広く見えるとき」のDMも完成させなければなりません。こちらはそんなに時間を要せずに完成できそうです。ただ、今回の中心であるナオの写真が足りません。開催が不可能なぐらい不足しています。となると、この1年間に撮影したデザイン文化学科の写真を使うしかありません。このあたりが微妙です。あるいは、写真展は来年の東京にまわして、今回はビートルズの絵を展示してしまう方法もあったりします。なぜなら、それらの作品を東海大学公開講座「ビートルズのデザイン地図」で使うことも可能だからです。その決断が必要です。
by manabinomori | 2014-11-06 10:54 | 個展2014 | Comments(0)
続きは写真展で
b0108779_09000442.jpg
ここで作品を紹介してしまうと写真展がつまらなくなってしまいますのでこのあたりにしておきます。今回の作品のほとんどは動画撮影の合間に撮ったものです。「空が広く見えるとき」というタイトルをつけながら空はほとんどでてきません。それもまたいいのです。
by manabinomori | 2014-10-29 10:43 | 個展2014 | Comments(0)
笑顔
b0108779_22274383.jpg
今回展示できる作品は20点程度と思われます。であるなら、彼女の快活でキラキラした笑顔を全面に出しても良いのかなと思っています。と同時に札幌や北海道の自然を伝えられるものにしたいとも思っています。
by manabinomori | 2014-10-28 22:22 | 個展2014 | Comments(0)
写真展「空が広く見えるとき」
b0108779_21334106.jpg
写真展のDMはこれからですが、FB用のカバーを作成しました。このブログのトップにも使うことにしました。写真展は昨年に引き続きということになりますが、今回はカフェのギャラリーということもあって小品になります。
by manabinomori | 2014-10-28 21:43 | 個展2014 | Comments(0)
空が広く見えるとき
b0108779_19101405.jpg
「空が広く見える」ってどんなときだろう。音威子府村を訪問したときにホイスコーレ札幌のみなさんがこぞって口にしたこの言葉がいまさらながら気になります。「大学生には未来があっていいですね」という言葉も耳から離れません。年代によって、見えるものも、時間の重さも違うことは間違いありません。そして、そのことを深く実感できたときに感動はより大きなものになるような気がしました。実はこの写真を編集していてそのことに気がついたのです。そこで写真展のタイトルを「空が広く見えるとき」とすることにしました。
by manabinomori | 2014-10-28 21:30 | 個展2014 | Comments(0)
そろそろ
b0108779_20415549.jpg
そろそろ写真展の準備をしなければなりません。今回はどのような作品が並ぶのか自分でも検討がつきません。

by manabinomori | 2014-10-18 20:45 | 個展2014 | Comments(0)
イメージを音に


「竹鶴 17YEARS OLD」を飲みながら、音で遊んでみました。
by manabinomori | 2014-10-12 22:21 | 個展2014 | Comments(0)