カテゴリ:石塚耕一ゼミ( 107 )
ゼミナール
b0108779_22430688.jpg
ゼミナールのポスターが完成しました。今回はグラフィックデザインの教員らしくデザインや写真にこだわっています。
by manabinomori | 2017-12-08 22:44 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
キッコーマンの歴史やデザイン
b0108779_19584879.jpg
b0108779_19585286.jpg
b0108779_19585464.jpg
キッコーマンの歴史やデザインは奥が深い。しょうゆのルーツを知る旅は、自分自身の食文化を知る旅のようでもありました。
by manabinomori | 2017-12-07 19:59 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
次の150年に向けて
b0108779_22474766.jpg
b0108779_22475033.jpg
今夜はスウェーデン大使館のヴィクトリア・フォシュルンド=ベラス公使/代理大使の講演「スウェーデンをもっと知ってもらうために〜次の150年に向けて〜」に、ゼミの学生を連れて参加させていただきました。写真は交流会の様子で、公使/代理大使と撮影させていただきました。スウェーデンの若者が沢山参加していて、学生にとっても有意義な時間になったようです。来年は150周年ということで、何回か訪問することになりそうです。
by manabinomori | 2017-05-18 22:48 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
卒業研究作品3
b0108779_19302113.jpg
石塚耕一研究室卒業研究作品はどれも努力の成果が伝わる力作ばかりですが、藤堂早紀子さんの「ペン画におけるイラストレーションの創造」(コンパニオンバードのもつ豊かな表情とそのキャラクター性)はイラストレーション可能性を示した作品として注目していただければ幸いです。彼女ならではの情熱と密度がつまっています。市民ギャラリーで開催される学外展に展示された時はぜひご覧ください。
by manabinomori | 2016-12-28 19:43 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
卒業研究作品2

石塚耕一研究室卒業研究作品に、MInfu Kim 君の動画「life」があります。作詞作曲、撮影、編集を1人でこなしてしまう私のライバルでもあります。企画段階から粘り強く制作した作品です。

by manabinomori | 2016-12-20 20:36 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
卒業研究作品
b0108779_14083127.jpg
石塚耕一研究室7人の卒業研究作品は多彩です。写真は桂君の「色彩と色名による文化のパッケージング」(固有色の力を用いたプロモーションツールの作成)です。まさに4年間の集大成と呼べる取組になっています。
by manabinomori | 2016-12-19 14:09 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
卒業研究
b0108779_16144410.jpg
卒業研究が進んでいます。今日は音楽と動画制作している学生と面談しました。彼は、MacBook Proを購入してからというもの、Final Cut Pro X、Logic Pro Xを使いこなしている。自分のパソコンを持つとそのスキルが高まる。学生時代は好奇心と意欲があればそれらの世界に柔軟に対応できる。うらやましくも感じた1日でした。
by manabinomori | 2016-07-05 16:21 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
アグネータ・フロックの世界展
b0108779_16083145.jpg
今日から卒業研究がスタートしました。これから困難はあると思いますが、研究室の学生の姿を見ていると素敵な1年になりそうな予感がします。そこで配布したのが、北欧から届いたファンタジー 切り絵作家「アグネータ・フロックの世界展」のチラシです。この絵を見ているだけで心が豊かになります。学生がその可能性を生かして活躍できるように、1年間サポートしていきたいと思います。
by manabinomori | 2016-04-11 17:18 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
ポートフォリオ発表会
b0108779_21091098.jpg
今日はポートフォリオの発表会がありました。その中でもユニークなのはミンフ君のアカペラです。さすが吹奏楽部という感じです。こように彼は一人でレコーディングしたのです。たいしたものです。石塚ゼミからはツッチーと桂君のポートフォリオが優秀賞を受賞しました。おめでとうございます。ゲストデザイナーの佐藤さんのお話も印象的でした。ただ、まだ改善すべきポートフォリオが多く、春休み中に就活に向けた内容へとバージョンアップしなければなりません。
by manabinomori | 2016-01-23 22:20 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)
石塚ゼミで須田製版を訪問
b0108779_22525860.jpg
今日は石塚ゼミで須田製版を訪問させていただきました。制作の現場を訪問してデザインの実際を学ぶということはとても大切なことです。
b0108779_22521755.jpg
先ずプランナーの入江さんから企画・提案についての具体的な説明をいただき、次に佐々木さん(東海大学卒)からデザイナーとしての仕事や心構えについての説明をいただきした。これは須田製版のパンフですが、「その想い(+IDEA)、私たちが届けます。」というコピーが会社の姿勢を象徴しています。野津次長さんの「デザイナーも生活者である」「人の心を動かすデザインが大切」という言葉からもそのこが伝わってきました。
b0108779_22522629.jpg
実際に作られている冊子、ポスター、パンフ、チラシなどを見せていただくことができ参考になりました。社内で何度も打合せを重ね、お客様の伝えたい気持ちを形にしていることが理解できるものばかりです。
b0108779_22524152.jpg
その後、野津次長さんが制作現場(プリプレス部)やスタジオを見せてくださいました。熱心に制作している姿が印象に残りました。
b0108779_22524978.jpg
入江さんと佐々木さんはCPC(クリエイティブ・プランニング・センター)の現場を案内してくださいました。パンフレット、観光案内、学校案内、Web、ポスターなどのコンペでは、企画力はもちろんのことプレゼンテーション力が必要であるとのことで、須田製版はその獲得率がとても高い会社です。自分たちの目標をポスターにして掲示しているのも印象に残りました。上の写真はくらしデザイン科学科を卒業した佐々木さんが作ったものを披露しているところです。多様な実践が仕事に結びつくとのことでした。
b0108779_22525485.jpg
というわけで、とても刺激的な機会をいただきました。思わず、ここで働いてみたいと感じてしまうほどです。お忙しい中担当してくださった岡課長さんをはじめとす皆様方に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
by manabinomori | 2016-01-18 23:21 | 石塚耕一ゼミ | Comments(0)