カテゴリ:東海大学でデザイン体験( 16 )
10月25日(日)は東海大学のオープンキャンパスです!
10月25日(日)は東海大学でオープンキャンパスを開催します。当日突然参加されても問題ありません。10時スタートになりますのでそれ以前にお越しください。デザイン文化学科では、「学科紹介」や体験授業「北欧デザインから学ぶ」(これは今年の北欧デザインプログラムを中心に説明します)、そして学科展示や「3D体験」「レゴブロック」「アニマルインデックス」「缶バッジ作り」などの体験活動、さらには学食体験などもあります。デザイン文化学科を知るのには最高の機会となります。高校生や保護者の皆様のご参加をお待ちしています!
(画像は企業説明会のために作成したポスターです。なんとか完成できて嬉しい。モデルとなった美野さんのおかげです。感謝。)
by manabinomori | 2015-10-22 16:28 | 東海大学でデザイン体験 | Comments(0)
楽しい時間になりました
b0108779_17492340.jpg
b0108779_17492933.jpg
b0108779_17491201.jpg
b0108779_17491790.jpg
b0108779_17493202.jpg
b0108779_17493910.jpg
b0108779_17494237.jpg
b0108779_17494629.jpg
b0108779_17494955.jpg
b0108779_17493543.jpg
「デザインを体験しよう」は楽しかったですね。映画監督でもある早川先生の指導を受け高校生は熱心に取り組んでいました。そして時間内にストップモーションアニメが完成しました。スケッチアップの方も素晴らしい作品をつくり上げていました。みなさん、ありがとうございます。また、お手伝いをいただいた学生の皆さんのフォローも良かったです。
by manabinomori | 2015-06-20 17:59 | 東海大学でデザイン体験 | Comments(0)
東海大学でデザインを体験しよう!
b0108779_08180392.jpg
6月20日(土)は、東海大学で「デザイン」を体験しよう!(11:00→15:00)
学科紹介、コース別デザイン体験、学食体験、作品鑑賞、相談コーナーなど
①ストップモーションアニメの製作(映画監督である本学科教員と一緒に)
②レゴ(R)ブロックで作るスマホ置き(北欧の話、デンマークの家具から)
③コンピュータによる立体モデリング入門(スケッチアップを使った操作)

申込はメールhokkaido-nyushi@ml.tokai-u.jp、電話011-571-5111、FAX011-573-2525で、氏名、住所、学校名、学年、年齢、希望体験コースをお伝え下さい。高校生の皆さんの参加をお待ちしています。
by manabinomori | 2015-06-01 08:18 | 東海大学でデザイン体験 | Comments(0)
東海大学でデザインを体験しよう!
b0108779_14454132.jpg
「東海大学でデザインを体験しよう!」のフライヤー原稿が完成しました。広角レンズで撮りましたので、両サイドの2人が歪んでいて申し訳なく思います。基本的には昨年の構成そのままで、というかモデルになってくれた学生も同じ人がいたりします。その意味では続編とも言えるフライヤーです。高校の職員室や進路指導室で埋もれないように工夫したつもりですがいかがでしょうか。最大の魅力は7人の学生の笑顔です。ありがとうございました。
b0108779_14455196.jpg
こちらは裏面です。東京フィールドワークでたまたま撮影したお気に入りの写真を使わせていただきました。この空間とサキさんの笑顔がとてもいい。こちらはシンプルにまとめてみました。土曜日には発送されるとのことで、到着が楽しみでもあります。便利な時代になりました。
by manabinomori | 2015-05-20 14:46 | デザイン文化学科とは? | Comments(0)
札幌軟石の装飾品 東海大生が商品に
b0108779_10284595.jpg
(画像をクリックすると大きくご覧いただけます。)
今朝の北海道新聞(札幌圏)に、「札幌軟石の装飾品 東海大生が商品に」という記事が紹介されました。昨年の「さっぽろオータムフェスト」は好評でしたが、今年は北海道開拓の村「札幌軟石まつり」に参加します。瑞希さんのコメントも紹介されています。いい記事です。道新の皆様、ありがとうございました。

by manabinomori | 2015-04-18 10:36 | デザイン文化学科とは? | Comments(0)
東海大生 菓子工房デザイン
b0108779_14040331.jpg
(画像をクリックすると大きくご覧いただけます)
今朝の北海道新聞に「東海大生 菓子工房デザイン」という記事が紹介されました。働く障害者との交流の場にということで、昨年から熱心に取り組んできた成果が記事となりました。デザイン文化学科の活動をこのように紹介していただき感謝です。千和さんと森ちゃんの自宅は千歳と江別なので「札幌圏」に掲載されて良かったですね。道新の皆様、ありがとうございました。
by manabinomori | 2015-03-26 14:09 | デザイン文化学科とは? | Comments(0)
卒業生の門出 カラフルに
b0108779_10532945.jpg
(画像をクリックすると大きくご覧いただけます)
今朝の北海道新聞に「卒業生の門出 カラフルに」という記事が掲載されました。桃さんが真駒内養護学校に在籍している妹さんの卒業のお祝いにと、この1年間、キットパスでオープンキャンパスのガラス絵を描いてきた仲間とともに、真駒内養護学校の玄関に虹をイメージした絵を描いたのです。最近はデザイン文化学科の学生や教員の取り組みがマスコミで取り上げられるようになりました。できて3年目の学科ですが、露出度は今年度一番ではなかったかと思います。学生の活動が広く認知され始めたことがとても嬉しく思います。道新の皆様、ありがとうございました。
b0108779_10533299.jpg
これは建学祭で描いていた頃の作品です。スタートした時点と比較すると、個性的で工夫に満ちた作品に進化していることがわかります。「継続は力なり」とはいいますが、彼らの地道な努力には素晴らしいものがあります。みなさん、お疲れ様でした。
b0108779_10533440.jpg
桃さんには、先日の映像展「はじめに二歩展」で公開させていただいたビデオアート作品『1012』にも出演していただきました。高校時代は剣道部だった彼女ですが、最近ではデザインの力を発揮し始めています。これからの活躍がとても楽しみです。
by manabinomori | 2015-03-07 10:55 | デザイン文化学科とは? | Comments(0)
日本アニメ 北欧にPR
b0108779_08305580.jpg
今朝の北海道新聞に「日本アニメ 北欧にPR」という記事が掲載されました。来週開催する「はじめの二歩展」と「海外フィールドワーク」をリンクさせた記事になっています。東海大学国際文化学部らしい、そしてデザイン文化学科の特徴が出た取り組みとして紹介していただき、記者の久保田様には心より感謝申し上げます。ここには書かれていませんが、上映会はスウェーデンでも行う予定です。
by manabinomori | 2015-02-06 08:31 | デザイン文化学科とは? | Comments(0)
デザインドローイング
b0108779_17033734.jpg
b0108779_17033966.jpg
b0108779_17034159.jpg
1年1クラスの「デザインドローイング」です。デザインの基礎技術として立体物を製図によって2次元的に表現・把握するための手法を学修します。
by manabinomori | 2014-11-14 17:09 | デザイン文化学科とは | Comments(0)
東海大学ニュースに紹介されました
b0108779_12172987.jpg
東海大学ニュース
に「もいわーく展」が紹介されました。このような記事を紹介していただき感謝申し上げます。おかげさまで、最近ではデザイン文化学科の知名度が上昇しつつあり、結果としてオープンキャンパスなどの参加者が増えています。誕生してまだ2年半の学科ですが、地域から愛される学科としてこれからも発展できるように努力したいと思います。ありがとうございました。

<記事内容>

国際文化学部デザイン文化学科の学生が、9月28日に札幌市南区のもいわ地区センター多目的ホールで、学生企画「もいわーく展。」を開催しました。学生たちはこれまでにも同センターから依頼を受けて、小学生向けの「東海大学アート教室」を開催したり、プレイルームの改修に協力したりと関係を築いてきました。例年は同センターのサークルによる作品展示やステージ発表をする「もいわ地区センター文化祭」が2日間にわたって開かれていましたが、今年はその1日を使って学生企画を考えてほしいとの提案があり、札幌国際芸術祭2014連携事業として実施しました

企画・運営に当たっては、本学科の学生らで構成するサークル「ART LABO」のメンバーが中心となって活動しました。ポスターの制作も担当した部長の川上桂さん(2年次生)は、「お話をいただいたのが夏休み直前だったので、なかなかみんなで集まる時間は取れませんでしたが、メールなどで連絡を取り合い、個々でできる準備を進めました。例年、子ども連れが多いと聞いていたので、作品を展示するだけでなく、手を動かして参加できる企画にしたかった」と話します。川上さんが会場の模型を作り、館長と何度も打ち合わせを重ねて内容をつめていきました。当日は、来場者が風船に願いごとを書いてアーチ状につるす「願い事アーチ」や、何枚もの模造紙をつないで水彩絵の具で自由に絵を描いてもらう「水彩ワークスペース」を用意したほか、ART LABOや写真部の学生、隣接する付属第四高校美術部の生徒、同部顧問の清武昌特任教諭の作品を展示。本学科の学生が授業で制作したアニメーションも上映しました。また会場の正面には虹をイメージした、色とりどりの「すずらんテープ」を垂らして照明を当てた作品を作り、来場者を楽しませました。

川上さんは、「ART LABOのメンバーだけでなく、先生方やセンターの方々にもたくさん協力をいただきました。第四高美術部も快く作品を出展してくれたり、札幌キャンパスの科学部の学生も設営に協力してくれたりと、たくさんの方々が力を貸してくれたお陰で、大成功といえる企画になったと思います」と話します。指導にあたった石塚耕一教授は、「外部の人と接することで、学生たちには責任感が生まれ、より質の高いものを作ろうと取り組んでいたと思います。いい実践の場を与えていただいたことに感謝しています。学生たちには今後さらに学びを深め、空間をレイアウトする力を身につけてほしい」と語りました。


by manabinomori | 2014-10-22 12:18 | デザイン文化学科とは | Comments(0)