カテゴリ:ビートルズ デザイン( 40 )
ビートルズのパロディジャケット
b0108779_20211598.jpg
1年のアート教室からスタートしたPeppermintsの活動は、2年になってビートルズのパロディジャケット制作へと展開し、3年の秋学期にその最終章を迎えます。明日は2人のメンバーと札幌にある2件のビートルズライブハウスを訪問してその企画を伝えます。賛同してくれることを願うばかりです。
by manabinomori | 2017-08-17 20:15 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
雑感
b0108779_11490115.jpg
昨日は北海道スウェーデン協会の理事会が開催されました。会場である北海道大学を歩くとその敷地の大きさに驚かされます。一方で東海大学札幌キャンパスは付属札幌高校が移転してきたこともあり、以前より空間が狭くなった印象を受けます。しかし、大学と高校が渡り廊下でつながったことにより、高大連携教育がスムーズに行えるようになりました。上の写真はその廊下です。高校の新校舎は最新のデザインを取り入れていることもあり、歩いているだけで気持ち良くなります。それは教育にも効果をもたらすことになるでしょう。さて、写真の彼女たちは「ビートルズ・アルバムジャケット・プロジェクト」のメンバーでもあります。現在はパートごとに各アルバムの制作に入っていますが、『イエロー・サブマリン』は面白くなりそうです。これらの作品の何点かは、私の本や個展の中でも紹介させていただこうと思っています。さあ、これから街中での仕事が待っています。うまくいけば良いのですが。
by manabinomori | 2016-05-22 11:50 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
ソロになってからのジャケット・デザイン
b0108779_14120328.jpg
ビートルズのアルバム・ジャケットの連載が4月で終了します。せっかくここまで研究してきましたので、そのアートワークやデザインについてはさらに深めて行こうと思っています。実はソロになってからのジャケット・デザインも個性的でビートルズ時代同様に興味深いのです。個人的にはポール・マッカートニーの『ラム』、ジョン・レノンの『イマジン』、ジョージ・ハリスンの『33 1/3』あたりが好きです。『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のパロディになっているリンゴ・スターの『リンゴ』は間違いなく傑作です。
by manabinomori | 2016-02-19 07:11 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
無意識の心理に迫る芸術作品
b0108779_13025547.jpg
ビートルズのアニメーション長編映画『イエロー・サブマリン』を久しぶりに観ました。2012年に発表されたブルーレイの画質は美しく、1968年の映画とは思えないほどです。この年の日本のTVアニメは『巨人の星』『サイボーグ009』『妖怪人間ベム』などがヒットしていた時代でありますが、『イエロー・サブマリン』とは明らかに性格を異にしています。『イエロー・サブマリン』のキャラクター・デザインを担当したのはハインツ・エーデルマンです。ビートルズのアニメと言えば、アメリカのTVでカートゥーン・アニメ『The Beatles Cartoons』が大ヒットしました。しかしこのアニメをビートルズはこころよく思っていませんでした。ハインツ・エーデルマンのキャラクター・デザインはカートゥーン・アニメのようなアイドル的なものではなく、よりアートなものになっていました。ビートルズの4人にしても、潜水艦にしても、ブルーミーニーズにしても、その時代の空気を象徴する個性的でサイケデリックなものになっていたのです。この映画が成功したのはそこにあると思います。タイム誌が「この数十年のうちで最も素晴らしいアニメーションであり、無意識の心理に迫る芸術作品である」と絶賛したぐらいです。ディズニーとはまた違う芸術性の高いアニメーションはここから生まれたのです。
by manabinomori | 2016-02-07 14:42 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
絵本 イエロー・サブマリン
b0108779_18083977.jpg
スティーブ・ジョブズがビートルズのアップルと和解したときに、彼らは私たちに素敵なプレゼントをくれました。それが絵本「イエロー・サブマリン」です。なんと無料配布でした。
b0108779_18084158.jpg
当時は「iBooks Author」を使うとこんな素敵な電子書籍を作ることができるというピーアールとしても使われていました。
b0108779_18084395.jpg
アニメーションが組み込まれたこの絵本はこれまでにない世界観を演出しています。
b0108779_18084534.jpg
愛と平和がテーマになっています。公開された映画の一部も再生できるようになっているあたりが心憎い。よくできた絵本で感心させられます。
by manabinomori | 2016-02-06 18:28 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
一歩一歩前進しています
b0108779_22241038.jpg
『ウイズ・ザ・ビートルズ』の撮影を再度行いました。
b0108779_22261717.jpg
納得できるまで頑張るという姿勢は大切です。
b0108779_22270546.jpg
こちらは『ハード・デイズ・ナイト』の撮影からです。彼女たちがどの写真を選んでどう編集して行くのか楽しみです。
b0108779_22285119.jpg
そんなわけで、ビートルズのプロジェクトは地道ではありますが、一歩一歩前進しています。チームワークも出てきて、楽しい雰囲気に満ちています。お疲れ様でした。
by manabinomori | 2016-01-23 22:30 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
アップル・ブティック
b0108779_09413127.jpg
ビートルズが設立したレコード会社「アップル・レコード」はアップル・コア(エレクトロニクス、映画、出版、レコード、小売業)の1部門に過ぎません。その小売業部門に「アップル・ブティック」がありました。そのブティックが入るビルの壁面をサイケデリックにしてしまったデザインは、今日であれば画期的と評価されそうですが、当時は非難の的になりました。住民や小売店主等からの苦情により、最後はロンドン市の勧告で真っ白に塗り替えられています。『ホワイト・アルバム』のジャケットとリンクしているのがおもしろい。これらのデザインを担当したのが「ザ・フール」と呼ばれるアート集団で、例えば上の写真にある『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のアルバムジャケットも、採用はされなかったものの彼らが制作しています。今となっては幻のデザインです。このビルにしてもそのまま残しておけば、歴史的な遺産になったかも知れません。残念です。
b0108779_09413485.jpg
車好きのジョージ・ハリスンのミニ・クーパーもザ・フールがペイントしています。1960年代のフラワー・カルチャーを象徴する1台でもあります。
(参考文献 Pen317号 2012年)


by manabinomori | 2016-01-17 16:01 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バン
b0108779_12234940.jpg
かもめの本棚に『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』が掲載されました。連載8回目の今回は、グラミー賞のアルバム・アートワーク部門で最優秀賞を受賞するとともに、大きな話題となった画期的なジャケットです。ぜひご覧になってください。→ ビートルズ~アートの視点から読み解く4人の奇跡
by manabinomori | 2015-11-25 12:30 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
ロバート・フリーマンの写真集『ザ・ビートルズ・ア・プライベート・ビュー』
b0108779_08515192.jpg
初期のビートルズを撮影し続けたロバート・フリーマンの写真集『ザ・ビートルズ・ア・プライベート・ビュー』がアメリカから届きました。中古なので表紙がとても汚い。郵便屋さんが困ったというほど、いいかげんな住所と私の名前になっていましたが、それでも届くのだから日本の郵便局は素晴らしい。
b0108779_08554916.jpg
これまで見たことのない写真が掲載されていて嬉しい。これなんかサイコーです。初期ビートルズはジョンの写真がいい。
b0108779_08572850.jpg
ジョン・ポール・ジョージ・リンゴの生き生きとした姿がみられます。
b0108779_08583859.jpg
ジャケットに使って欲しかった作品です。フリーマンにとっても気になる写真のようでここに掲載しています。残念なのはカラー写真の画質が荒いことです。コダクロームで撮影したのだろうか。それを知りたい。写真家としてのフリーマンの成長の様子も伺えます。
by manabinomori | 2015-10-01 08:47 | ビートルズ デザイン | Comments(0)
YUMI(ウイズ・ザ・ビートルズ)
b0108779_21205545.jpg
こんな作品を会場に並べてもいいのかも知れません。そのためには、もう一度撮影する必要があります。ポーズが不足しているからです。本人達がOKで、都合が合えばチャレンジしてもいいかも知れません。
by manabinomori | 2015-07-08 21:25 | ビートルズ デザイン | Comments(0)