カテゴリ:WALKMAN vs iPhone( 2 )
「ハイレゾ」を含めてもっと音楽を楽しめる環境へ
b0108779_17391071.jpg
TEAC DS-H01とiPhone、あるいはiPodとの組み合わせは最高だと思っていたのですが、Appleがドックコネクタをライトニングコネクタへと変更してからというもの悲劇がつきまとうようになりました。先ず、写真のように変換アダプターで対応していたのですが、この接続がとても不安定で使いにくい。デザイン的にも美しくない。しかもiPhone6以降はその電波がモニタースピーカーのYAMAHA HS7に悪さをするようになりました。時々ではありますがスピーカーから「ジ・ジ・ジ〜」という不快な音が出るようになったのです。明らかにiPhone6の電波が原因であり、スピーカーにとっても悪影響が出そうな周波数です。以後、このスタジオにiPhoneを置くことを止めました。iPhone7になって改善されるかと期待したのですが、結果は同じでした。同様のことは研究室に設置しているモニタースピーカーHSP5でも起きています。知らぬ間にiPhoneはレコーディングやリスニングの天敵と呼べる存在に成長していたのです。したがって、現在ここで活用しているのはiPod Touchのみということになります。インターネットラジオを聴くのにはこれで十分です。

TEAC PD-H01は優れたCDプレイヤーですが、それまで使っていたDENONには及びません。スロットインはコンパクト化には有利ですが、「ゴロゴロ」という回転ノイズが床に響きます。大音量で聴いているときは気になりませんが、クラシックなどでは許容範囲を超えています。ビートルズを聴いていても気になることがしばしばです。デザイン、性能などの視点から選んだTEAC製品でしたが、いまとなっては私の選択ミスという他ありません。そんなわけで、このシステムを残したまま、より今日的であるWALKMANをここに導入することにしました。トレンドである「ハイレゾ」を含めてもっと音楽を楽しめる環境へと移行することにしました。
by manabinomori | 2016-11-12 18:51 | WALKMAN vs iPhone | Comments(0)
iPhone7 ヘッドホン端子
b0108779_20341882.jpg
iPhone7からヘッドホン端子が消えた。つまりヘッドホンを使うにはアダプターが必要になるということである。私がiPhoneを卒業しようと考えた瞬間でもあります。Apple は血迷ったのか、あるいは先駆的な取り組みをしようとしたのか、その答えは音にあると判断します。一つ目はアダプターを通しての音、二つ目はBluetoothを通しての音です。実際に「iPod」「iPhone7」「WALKMAN」の音で比較してみることにしました。時間をかけて検証しますので、後日報告させていただきます。
by manabinomori | 2016-09-29 20:44 | WALKMAN vs iPhone | Comments(0)