カテゴリ:Apple( 178 )
iPhone7のWalletはバーコードも表示できる
b0108779_19522101.jpg
ポール・マッカートニーの東京ドーム公演はGWと重なります。よって早めに航空券をゲットしておく必要があります。ちょっと苦労しましたがご覧のように購入できました。iPhone7のWalletはバーコードも表示できるのでとても便利です。
by manabinomori | 2017-01-26 19:56 | Apple | Comments(0)
財布を持たない生活
b0108779_09170678.jpg
iPhone7のApple Pay(アップルペイ)を使い始めて1ヶ月になります。最初はとまどいもありましたが、慣れてくるとかなり便利であることがわかります。コンビニの店員さんにも定着しつつあり、チャージも気軽にできるようになりました。私が主に使うのは、地下鉄、JR、バス、コンビニとなりますが、Suica(北海道ではKitaca)に対応しているお店がけっこうあったりして驚きます。財布を持たない生活まであと一歩というところです。
by manabinomori | 2016-12-14 09:28 | Apple | Comments(0)
iPhone7+MacBookでプレゼンテーション
b0108779_10402802.jpg
大好きなコクヨのプレゼンテーション用レーザーポインターのキャップを失いました。平岸高校の授業で使ってから行方不明になったようです。キャップがないと乾電池を固定できないのでレーザーポインターを使用できないと言うことになります。そのうち出てくるだろうと思っていたのですが、大教室での授業日になってしまいました。
b0108779_10403890.jpg
そこで急遽、iPhone7を使ってプレゼンテーションをすることにしました。iPhone6 plus+iPodによる史上最軽量のシステムを使って講演や講義をしたことはありましたが、コマ送りなどの反応が悪かったりして、実用性に欠けるということで使用を止めていました。しかし今日の講義では、iPhone7+MacBookというシステムを使うしかなくなってしまいました。感触としては、iPhone6 plus+iPodより機敏に反応し使い勝手も悪くありません。MacBookから直接Keynoteのデータを出しますので、フォントやエフェクトがそのままなのがありがたい。ただ、細部の説明などではレーザーポインターが使えませんので、右上の画像のように指で色を指定して描くしかありません。これはこれでおもしろいかも知れませんが。
by manabinomori | 2016-11-29 11:01 | Apple | Comments(0)
iPhone7のApplePay!を使っておサイフケータイ
b0108779_19183356.jpg
財布のない生活をスタートさせようと、iPhone7のApplePay!を使っておサイフケータイを始めました。10月25日のスタートの日から使いたかったのですが、私の持っているSuicaカードが登録できないという不具合があり、Suicaアプリをダウンロードして新規登録を行いました。クレジットカードの登録はWalletから行い、そこからSuicaにチャージしてやるとすぐに使えるようになります。

コンビニでは、店員に「Suicaで支払います」と告げて、iPhone7をリーダーにかざすだけで終了です。リーダーとの距離はけっこう離れていても反応します。これは便利です。地下鉄、電車、バスも快適に利用できます。来月あたりからは財布を持ち歩かない生活に移行しようと思っています。

ところで、これまではiPhone6 plus を使っていましたので、お尻のポケットに入れることは不可能でしたが、iPhone7はコンパクトでとても扱いやすい。操作性もベストです。本当は最高の音質(ハイレゾ+LDAC)と最高の画質(2300万画素F2.0+5軸手ブレ補正)を誇るXperia X Compactへの機種変を考えていたのですが、auからは発売されませんでしたので、しばらくはiPhone7を使い続けることにします。
by manabinomori | 2016-11-01 19:19 | 研究 Apple | Comments(0)
入力環境を整える
b0108779_14381014.jpg
iPad Pro と iPhone 6 plus の入力環境を整えることは効率的な作業を進める上で大切なことです。そのためには、フリック入力のキーボードサイズを同じくする必要があります。iPhone 6 plus のキーボードは大きすぎて使い勝手が良くありません。そこで ATOK for iOS を使って写真のように iPad Pro と同じ大きさに揃えてしまいました。ATOKの良さは日本語変換効率の高さ、そして母艦である iMac の登録単語と同期できることなどがありますが、実は左右のカーソルキーが使えるというのがとても便利なのです。これに慣れてしまうとオリジナルのキーボードには戻れません。
by manabinomori | 2016-06-03 14:56 | 研究 Apple | Comments(0)
MacBook② コードレス
b0108779_20513731.jpg
Bluetoothスピーカーは、iPhone か iPod 専用で使ってきましたが、MacBookとつなげばそのスピーカーにも早変わりします。これがなかなか新鮮です。MacBook の欠点は端子が一つ、それも USB Type C という普及途上にある特殊なものが一つしかないこです。しかし割り切ってしまえば困ることはありません。データの移動は AirDrop を使えばいいのです。「デザイン文化概論」のために iMac で制作した Keynote のデータだって、あっという間に MacBook へ転送されます。これを持って大学へ行けばいいのです。プリンターをコードでつなぐ必要がなくなったように、コードレスでデータを転送する時代になったということです。ただ課題はあります。SDカードからのデータ移動にはカードリーダーが必要になることです。また、プレゼンテーションで使用しているレーザーポインターにはUSB端子が必要になります。このあたりは解決策がありそうな気もします。ともあれ、コードレスほど気持ちの良いものはありません。MacBook を使うとそのことを強く感じます。
by manabinomori | 2016-05-21 21:42 | 研究 Apple | Comments(0)
MacBook① ATOK Passport
b0108779_22360087.jpg
慌ただしい日々が続いていることもあるのでしょう。身も心もボロボロになりつつあります。健康でいる時には気がつかないのですが、それがいかに幸せなことであるかを痛感させられます。さらに、MacBook Air が壊れてしまい、急遽購入した MacBook を使える環境にするために時間をとられています。ATOK Passport をインストールし、広辞苑などの電子辞書を使えるところまでもってきました。ビートルズの原稿作成もありますので、日本語入力の環境整備が最優先です。ライブ変換機能が搭載され、驚くほど進化したという El Capitan の日本語入力ですが、確かに良くはなっていますが、ATOKには遠く及ばない存在です。そもそも電子辞書が表示されるまでにとんでもない時間を要します。これだけで日本語入力ソフトとしては失格です。例えばATOKであれば、F4キーを押すだけで日本語を英語に変換してくれますが、このようなかゆいところに手が届く機能を持ち合わせていないのです。iMacで登録した単語をインポートしましたので、これでガンガン文章が書けます。
by manabinomori | 2016-05-19 23:04 | 研究 Apple | Comments(0)
6年間使ってきたMacBook Airが…。
b0108779_21470210.jpg
ああー、6年間使ってきたMacBook Airが…。ビートルズの原稿が…。たまたま明日の「デザイン文化概論」がレポート制作だったので救われたけど、どうしたものか…。
by manabinomori | 2016-05-15 21:49 | 研究 Apple | Comments(0)
Apple Pencil ⑱ Lightroom は使える
b0108779_14053689.jpg
モニターによって微妙に色彩が異なる。今は iPad Pro を基準に色彩を決めているのですが、その色彩調整の主役が Lightroom です。過去に批判的なことも書きましたが、8色の「色相」「彩度」「輝度」を操れるアプリはこれしかありません。使い込むほどにそのありがたさを痛感します。可能ならポイントごとに調整できるとありがたいのですが、そこまでは iPad Pro には必要ないということなのでしょう。この作品はポートレートをブルー系でまとめようとしたのですが、肌の色との関係が極めて難しい。モニターによってはその美しさが表現できないこともあることでしょう。ブルー系は多くの人に好まれます。そんな作品になって欲しいと願って制作しました。
by manabinomori | 2016-03-28 14:20 | 研究 Apple | Comments(0)
Apple Pencil ⑰ 色数を限定させながら美しく仕上げる
b0108779_15362967.jpg
限られた色数で画面を構成する。せいぜい三色ぐらいに絞り、他の色を排除しながら色調を整えていく。こんな芸当が iPad Pro だけでできてしまうのですから素晴らしい。Apple Pencil は絵を描くだけではなく、指より快適なタッチ操作も可能です。
by manabinomori | 2016-03-20 15:46 | 研究 Apple | Comments(0)