カテゴリ:Apple( 178 )
BAND-IN-A-BOX
b0108779_2148744.jpg
パソコンを扱う上において、絶対にあってはならないことがあります。それはソフトのインストール中の停電です。帰宅後、「SAKURA AME」のバックサウンドをつくるためのソフト“BAND-IN-A-BOX18”のインストールを行いました。約1時間かかるというので、その間にパソコンまわりの掃除を始めたところ、iMacのコードをひっかけてしまいました。「アー!」という叫びも空しく、iMacは「キュルルル・・・」という声を出して眠ってしまいました。最悪なのはUSBで接続したHDDからインストールしていたということです。まあ、自分で招いた結果ですから仕方がありません。実は、その前からHDDとiMacの相性が悪くてインストールを何度も拒否されていました。再起動とUSBポートの変更などの工夫を重ね、やっとここまでたどり着いたのです。しかし、iMacは不死身でした。このOSなかなかやるではありませんか。“Snow Leopard”という名前がつけられていますが、名前のとおりたくましいのです。そして、何事もなかったかのようにインストールが終了しました。Macで不思議なのは、デフラグを必要としないとか、レジストリを気にする必要がないとか、アンインストールを必要としないということです。半信半疑ではありますが、本当だとしたらこれはいいことです。
b0108779_21481439.jpg
さて、“BAND-IN-A-BOX18”ですが、このデザインは制作意欲を失うぐらいダサイですね。涙が出てきます。これって、昔のまんまんではありませんか。18年間このままやってきたことに敬服いたします。ただし、内容は劇的な変化を遂げています。継続は力なりといいますが、オーディオを自由に扱えるようになりました。これはなかなかです。国産ソフトを完璧に追い抜いてしまったという感じです。私にしてみると、YAMAHAの『XGworks』や『SOL2』が好きで、今でも愛着があります。『XGworks』は世界中で使われていたのに残念です。この頃から日本人に創造力と根性がなくなってしまったような気がします。『Singer Song Writer』が孤軍奮闘しているものの、ドイツとアメリカには太刀打ちできないでしょう。『MIXTURE』などは、世界中に進出してもいいソフトなのです。“BAND-IN-A-BOX”のライバルとして、海外で活躍して欲しいですね。日本企業よ、もっと夢を持て! そして世界に飛び出せ! 君たちには力があるのだから。
by manabinomori | 2011-02-03 21:49 | Apple | Comments(0)
DeleteキーはBackspaceキーだった!
b0108779_9504654.jpg
なんと、MacのDeleteキーはWindowsのBackspaceキーと同じ働きをします。つまり、カーソルの左側の文字を削除するのです。これには戸惑いました。では、WindowsのDeleteキーにあたるものはないのでしようか。残念ながらどこを探してもありません。これは衝撃です。私のように頻繁に文書を直す人間にとって、右側の文字を削除できないというのは致命的です。その上に配置されているCD排出キーなどよりはるかに必要なものです。よく調べてみると「Fn + Delete」や「Ctrl + D」を使えば、WindowsのDeleteと同じ動きをすることがわかりました。「Ctrl + K」などは右側の文字を行ごと削除できるのです。しかしこれでは不便です。もちろん慣れの問題ではありますが、一本指と二本指の差には大きなものがあります。この文化の違いはどこからくるのでしょうか? そのことが気になります。理由があるはずです。ともあれ、変換能力がお粗末な入力システム「ことえり」といい、Windowsに慣れてしまった人間には納得できないことばかりです。どうなることやら。
by manabinomori | 2011-01-30 09:52 | Apple | Comments(2)
Mac
b0108779_2362723.jpg
iMacがやってきました。大きいですね。2560×1440ドットの解像度は目が痛くなるほどです。Macにした理由は簡単です。ルイ・パスツール高校の音楽(スタジオ)とデザインの授業(上の写真)にiMacが使われていたからです。ビートルズとスティーブン・ジョブズが和解したからです。美しいものが大好きだからです。困難は待ち受けていますが、残りの人生をより豊かにしたいと思います。
b0108779_2364146.jpg
これはiMacの画面です。左上がプレビューで、ブログに使うための写真を置いています。真ん中がMacのブラウザであるSafariで「学びの森」を表示しています。その右側がワードプロセッサのPagesです。どれもシンプルで美しい。
by manabinomori | 2011-01-28 22:00 | Apple | Comments(0)
iMac
b0108779_273827.jpg
iMacってどれぐらいの性能があるのでしょうか?ビデオ編集はiMovieが付属していますが、果たして高度な編集は可能なのでしょうか?そもそもAVCHDファイルを処理できるのでしょうか?Final Cut Expressがなければダメなのでしょうか?Windowsと違って未知の世界なので想像もできません。Core i5 2.8GHzならいけそうですが、Core i3 3.06GHzならもたついてしまうのでしょうか?ところで、キーボードのザインが美しいですね。ヴィーナスのようです。私は美しいものに弱いのです。
by manabinomori | 2011-01-22 02:07 | Apple | Comments(2)
スティーブ・ジョブズと盛田昭夫
b0108779_2365946.jpg
米アップルのスティーブ・ジョブズ(CEO)が、社内の電子メールで病気療養のため休職すると表明しました。彼は私と同世代の経営者であり、現代における数少ない夢を創造するリーダーでした。それだけに残念です。ぜひ回復して、今後も魅力的な製品をつくり出して欲しいと願っています。その彼が尊敬していたのがソニーの盛田昭夫です。トランジスタラジオ、トリニトロン、ウォークマンなどの革新的な商品開発はアップルの手本であったとジョブズは語っています。マッキントッシュ・カラークラシックはアップルコンピュータの原点とも言えますが、そこにトリニトロン・ブラウン管を採用したのは彼らしいところでした。

実は私も盛田を尊敬していました。それはある出来事がきっかけになっています。もう25年も前の話になりますが、新しいもの好きの私が購入したVTRはベータマックスでした。しかしVHSが登場し主流になっていくにしたがい、ベターを2台も所有していた私は危機感を持ちます。このままではベータがなくなってしまうのではないかと思った私は、その思いと今後の方策について「ソニーへの提言」(けっこうな長文)としてまとめ、盛田会長に送りました。そしてある夜、教員住宅をノックする音がしました。なんと、ソニーの社員が「盛田に言われてやって来ました。ご意見を聞かせて下さい。」というのです。これには驚いてしまいました。そもそも私の手紙が会長室に届くとは思ってもいませんでしたし、例え届いたとしてもそれで終わりだと思っていたからです。ところが、盛田は「こいつに会ってこい」と指示を出したのです。

盛田が偉大だったのは、消費者の声を大切にしたということです。同時に、秋葉原に出かけ自ら製品をチェックしていました。このような姿勢こそが、トリニトロンやウォークマンを生み出す原動力となったのです。私がソニーを意識して買うようになったのはこうしたことがあったからです。ところが、盛田がいなくなってからのソニーはひたすら混乱します。繰り返される組織再編は社員の意識を低下させ、韓国サムスンへの技術供与(クロスライセンス)とパネル委託はライバルに追い抜かれる要因をつくり、ソニーブランドの象徴でもあったAIBOをトヨタに売却するという迷走を続けます。ソニー・スピリットを忘れたソニーなどに魅力を感じません。常に新しいものを創造しようとする姿勢、夢をつくりだす力こそがソニーらしさであったはずです。最悪のリーダーは、米国財界人との懇談を楽しみ、あげくの果てにそのポストを彼らに譲ってしまいました。『Japan as Number One』と言われた日本の象徴がソニーであったように、現在の混迷する日本の象徴もまたソニーに思えてなりません。

リーダーに求められる資質が何であるかを盛田は教えてくれます。そしてその盛田と同様かそれ以上に優れた才能を持っているのがジョブズだと思います。アップル製品には創造力があり、とても美しい。そしてそこには夢があるのです。時代をつくりだすリーダーとしての才能をジョブズには感じてなりません。アップル製品から見えるジョブズ像は、美を好み、頑固で、妥協を許さない。一方で、オリジナリティを大切にし、負けず嫌いで、時代の先頭を走ろうとします。そこに大きな魅力を感じます。私が彼を好むもう一つの理由は、私と同じようにジョン・レノン(ビートルズ)の大ファンだということです。そろそろMacにしようかなと考えるこの頃です。
(盛田は1992年に名誉大英帝国勲章を受勲しています)
by manabinomori | 2011-01-19 23:07 | Apple | Comments(0)
美しいものが好き
b0108779_22195447.jpg
今日は函館で仕事があり、体調も最悪です。そんな私の心を癒してくれたのが、たまたま訪問したアップルのwebサイトでした。最近のWindowsの無骨なデザインと反比例するかのようにMacBook Airが美しい。

b0108779_22195767.jpg
美しいのは外観だけではありません。優れたオーディオ機器の内部がそうであるかのように、MacBook Airの内部もこのとおりです。これはまさにアートです!

b0108779_2220016.jpg
そのこだわりはアプリケーションにも感じられ、iWorkもまた美を意識させます。文書ソフトのPagesは、シンプルでデザインの自由度も高い。プレゼンテーションソフトのKeynoteも同様です。エフェクトも魅力的です。私は美しいものが大好きです。次はマックにしようかな。
by manabinomori | 2010-12-10 22:41 | Apple | Comments(2)
MacBook Air
b0108779_22335023.jpg
恐らく、これまで発売されたノートパソコンで、最も美しく、しかもシンプルで合理的な製品が「MacBook Air 11インチ」だと思います。触れるだけで喜びを感じさせる質感は他のノートブックと一線を画します。性能も十分です。11インチの登場によってその良さがより鮮明になりました。惚れてしまいました。
by manabinomori | 2010-11-21 22:34 | Apple | Comments(2)
Photoshop
b0108779_21315644.jpg
昨年度撮影し、ブログでも紹介(学校案内にも使用)した鈴二君の写真です。この写真は私のお気に入りで、Photoshop を使って変化をつけてみました。このようなプロの仕事が誰にでもできる時代になりました。それだけに、これからは創造力や感性が求められます。
by manabinomori | 2010-09-08 21:42 | Apple | Comments(0)