カテゴリ:Apple( 178 )
Logic Pro X - Demo Songs
b0108779_22083046.jpg

さすがに
デモソングはよくできています。
だが YAMAHA Motif などに入っているものと比較すると
少し物足りなく感じます。
完成度は高くありませんが、
その分身近に感じられます。

どうぞご自由にアレンジしてください。

ということなのでしょう。
これだけで十分遊べますし、
Logicを知ることができます。

by manabinomori | 2014-08-24 22:16 | Apple | Comments(0)
Logic Pro X - MIDI EDITING
b0108779_15083676.png

Logic は、
Cubase と同様にドイツ生まれのDAWですが、
Apple の傘下になってから存在感が薄くなってしまいました。
このままフェイドアウトしてしまうのではないかと思ったときに、
Logic Pro X が発表されました。
昔から憧れのDAWということもあり、
今回使ってみることにしました。

ショパンの『雨だれ』のMIDIデータを読み込んでみます。
すると、Steinway Grand Piano が選択されます。
付属音源としては十分な音質です。
サンプラー EXS24 mkⅡ が使われているのでしょう。
このあたりのセッティングは、
Cubaseとは全く違います。

ここからMIDIの編集にチャレンジしていきます。
正直言いまして何が何だか分かりません。
Cubase なら5秒でできることが5分かかることもあります。
しかし必要なものが適切に配置されていて、
慣れてしまえば効率よく作業ができそうです。
視覚的に分かりやすくなっているのがいいのです。

エフェクトはちょっと使いずらい。
文字が小さめで、
最新のデザインとはいいがたい。
それでも Space Designer あたりは高品質で気持ちがよい。

by manabinomori | 2014-08-24 15:09 | Apple | Comments(0)
Logic Pro X
b0108779_22552563.jpg

ふーん、
これってけっこう使いやすい。
デザインも洗練されているし
音も悪くない。
直感的な操作ができ、
没頭してしまいそうだ。
やるな
Logic Pro X


by manabinomori | 2014-08-23 22:55 | Apple | Comments(0)
Creative Cloud
b0108779_16293056.png
今年度に入ってから、デザインの教員にとって必須のアプリケーションである「Adobe Creative Suite」等のパッケージ販売が終了しました。これからは「Creative Cloud」としてダウンロード販売のみになります。古いバージョンを使い続けるということはできなくなり、毎月使用料を払い、最新のアプリケーションを提供されることになります。Adobeとしては違法コピー対策や販売コストの削減などが狙いだと思いますが、使い続けるためには永遠に使用料を払いを続けなければならないというのは辛いところです。できれば「App Store」のように、支払ったらそれは本人のものになるようにして欲しかった。このあたりの頑固で企業本位な体質がどうも好きになれません。
b0108779_16293317.png
「Creative Cloud」を使ってみてちょっと残念だったのは、Photoshop CC 2014 の画像解像度表示です。プレビュー画面が加わったのはいいのですが、以前あった「ピクセル数」と「ドキュメントサイズ」のパネルを統合してしまったのは残念です。また、せっかくCCになったのですから、斬新なフィルターを追加して欲しかったというのが本音です。新しいバージョンが出るたびに新機能をアピールするのはAdobeの販売戦略ですが、実際には Photoshop CS2を使おうが、CS6を使おうが、機能的に大差はないのです。だとするならば、CS6のパッケージ版を買って、永遠に(OSが対応し続けるまで)使い続けるというのが合理的だったのかも知れません。
by manabinomori | 2014-08-15 16:30 | Apple | Comments(0)
最後の手段
b0108779_19571072.jpg
格闘が続いています。今夜は最後の手段として OS X の再インストールにチャレンジです。これで駄目ならiMac27は寿命かも知れません。ほぼ毎日、画像編集、音楽制作、動画編集などに頑張ってくれました。酷使しすぎたかも知れません。
by manabinomori | 2014-06-29 20:08 | Apple | Comments(0)
ディスクユーティリティ
b0108779_10345275.jpg
iMacを回復させるためにあらゆる手段を講じています。写真はディスクユーティリティを使いながらMacintosh HDをLACIEにコピーしているところです。けっこう進んだかなと思ったら、残り「1日2時間」と表示されました。
by manabinomori | 2014-06-29 10:35 | Apple | Comments(0)
Logic Pro X
b0108779_21435873.png
Macを使い続けると「Logic Pro X」が欲しくなります。「Cubase」は細部にまで配慮が行き届いた最高の音楽制作ツールですが、それでも「Logic Pro X」が欲しくなります。なぜかといいますと、①Macに最適化されたアプリケーションであること。②複数のMacへのインストールが可能であること。③「X」になって「Cubase」並みの機能が搭載されたこと。④デザインに優れ直感的な操作が可能になったこと。⑤なによりドングルがいらないからです。ドングルレスは自宅と大学でのレコーディングをスムーズにさせますし、USB端子を生かすことも出来ます。さて、それはそれとして、本当のことを言いますと「OS X Mavericks」にアップグレードしてから「Cubase」の不具合が目につくからなのです。他のアプリケーションにもその傾向がみられます。これって、Appleの戦略じゃないのかと思ってしまうほどです。ですから、この秋に予定されている「OS X Yosemite」の登場はちょっとした恐怖でもあります。この歳になると新しいアプリの導入は苦痛です。一からそれを学習しなければならないからです。でもそうだとしても「Logic Pro X」は魅力的だったりするのです。
(画像はAppleのホームページより)
by manabinomori | 2014-06-24 21:44 | Apple | Comments(0)
Keynoteが新しいデザインに
b0108779_10261628.png
Keynoteが新しいデザインになりましたので、今週行われる講演のプレゼンテーションはこれまでになく大胆なものにしてみようと思っています。最近「学びの森」で紹介させていただいた若手デザイナーの皆さん方に負けないものを作ってみようということです。これまでは、ただ「綺麗な写真」と「くっきりした文字」で見せるということに重点を置いて作成していましたが、今回は、個性的に、時にはアートのようにしてしまいたいと思います。まるで私の個展であるかのような写真とエフェクトを多用しながら作成しています。例えば、文字を「タイプライター」でインする場合は「正方向」と決まっていました。その分かりやすさを捨て、意図的に「端から」にしています。トランジションもおもしろいものが追加されました。「ドロップレット」を15秒ぐらいで設定すると、まるで映像作品のように変化していきます。これは導入で使わせていただきます。新しいKeynoteは以前より使い勝手が向上しています。パワポとの互換性なんていらないから、もっともっと個性的になって欲しい。
by manabinomori | 2014-03-09 07:26 | Apple | Comments(0)
Mavericks
b0108779_1939144.jpg
MacBook Air のストレージが一杯になりましたので、保存されていたデータを全て削除してみました。しかし一向に改善されません。ここには動画や音楽のデータを保存せずに、大学、外出先、出張、プレゼンテーションなどで使うテキストやKeynoteファイルぐらいしか入れていなかったのですが、3年間も使うとストレージが一杯になってしまうのです。最大の原因は64GBモデルということもありますが、使っていると自然に「ゴミ」が蓄積されていくからです。もう限界であると判断し、OS Xの最新バージョン“Mavericks”をインストールしてみました。最新のOSが無料というのはAppleならではのことです。すると新品のように快適になりました。ストレージにも余裕が生まれました。この“Mavericks”、けっこういいかも知れません。
by manabinomori | 2013-12-23 19:42 | Apple | Comments(0)
MacBook Pro
b0108779_22563820.jpg
今日はヨドバシカメラでパソコンの購入に頭を悩ませました。もちろん私が使うのであればMacですが、今回はそうではありません。しかし、あらゆるノートパソコンに触れても、MacBookの美しさにかなうものはありませんでした。あれから何年もたっているのに、他のメーカーはデザイン、質感、機能で追いつくことはできなかったということです。結局、私はMacBook Proをチョイスしました。
by manabinomori | 2013-12-21 22:57 | Apple | Comments(0)