<   2009年 08月 ( 79 )   > この月の画像一覧
民主党政権
b0108779_22125388.jpg
もうすぐ民主党政権が誕生します。民主党はマニフェストで教育について触れています。それは教育現場に直接関わることです。それを分析してみました。

公立高校を実質無償化し、私立高校生の学費負担を軽減する
政策目的】
○家庭の状況にかかわらず、全ての意志ある高校生・大学生が安心して勉学に打ち込める社会をつくる。
【具体策】
○公立高校生のいる世帯に対し、授業料相当額を助成し、実質的に授業料を無料とする。
○私立高校生のいる世帯に対し、年額12 万円(低所得世帯は24 万円)の助成を行う。
○大学などの学生に、希望者全員が受けられる奨学金制度を創設する。


「公立高校を無償化」するというのはこれまでにない政策です。近年新聞等でも報道されていますが、授業料の未納は社会問題になりつつあります。道立高校でもその対応に苦慮していました。しかしこの無償化により一挙に解決されることになります。北欧では授業料は無料(ただし消費税が20%以上)ですので、日本も一歩近づくことになります。
「希望者全員が受けられる奨学金制度の導入」については疑問があります。10年以上も前から奨学金の返納率が著しく低下し、奨学金制度そのものの存在が危うくなってきているのです。そのような事実に配慮しないと、不平等を生じたり、制度そのものが破綻してしまう可能性があります。

全ての人に質の高い教育を提供する
【政策目的】
○学校の教育環境を整備し、教員の質と数を充実させる。
【具体策】
○全ての人にとって適切かつ最善な教育が保障されるよう学校教育環境を整備し、教育格差を是正する。
○教員の資質向上のため、教員免許制度を抜本的に見直す。教員の養成課程は6 年制(修士)とし、養成と研修の充実を図る。
○教員が子どもと向き合う時間を確保するため、教員を増員し、教育に集中できる環境をつくる。
○公立小中学校は、保護者、地域住民、学校関係者、教育専門家等が参画する「学校理事会」が運営することにより、保護者と学校と地域の信頼関係を深める。
○現在の教育委員会制度を抜本的に見直し、教育行政全体を厳格に監視する「教育監査委員会」を設置する。
○生活相談、進路相談を行うスクールカウンセラーを全小中学校に配置する。
○国際社会の中で、多様な価値観を持つ人々と協力、協働できる、創造性豊かな人材を輩出するためのコミュニケーション教育拠点を充実する。


「教育格差の是正」は難しい問題です。一般的に教育格差とは、最終学歴がその人の人生を左右することをいいます。「学校教育環境を整備する」とはどういことなのでしょうか。またそれを整備すると本当に教育格差はなくなるのでしょうか。永遠の課題のようにも思えます。
「教員の養成課程は6 年制(修士)」とあります。この改革により、私のような大学卒の人間は教員になれないことになります。ハードルが高くなるということです。
「教員の増員」はありがたいことです。先進国並みにして欲しいですね。
「公立小中学校を学校理事会が運営」というのもおもしろい発想です。すでに「コミュニティスクール」として進行しています。
「教育監査委員会」は教育委員会の権限を強めようという発想です。しっかり仕事をさせるとも受け取れる文面です。
「スクールカウンセラーを全小中学校に配置」は大胆です。ただし、スクールカウンセラーがいれば全てがうまくいくといものではありません。教育は人なりです。
「コミュニケーション教育拠点」とは何を示しているのかわかりませんが、きっと国際教育交流センターのような施設を各地域に置くということでしょう。

以上です。これは政権公約ですからすぐに実行してくるものと思われます。お願いしたいことは「教員を全力で支援し、夢のある学校をつくる」という姿勢で改革に着手していただきたいということです。それを強く求めます。
by manabinomori | 2009-08-31 20:53 | 雑感 | Comments(0)
秋の気配
b0108779_18564335.jpg
今週の金曜日から前期期末考査です。放課後校舎を巡回していると、各教室で勉強している生徒が目につきます。3年生の模擬面接も行われています。松前はすっかり秋の気配です。
by manabinomori | 2009-08-31 18:56 | 松前高 | Comments(0)
唐津の風が吹く5(曲の構成が完成)


タイトルを『唐津の風が吹く』に変更しました。サウンドも大幅に見直し、基本的な構成が完成しました。まだベースラインなどに工夫が必要です。歌詞も書き始めました。「さくら」「寺町」「クロマグロ」「小島」「江良」「蠣崎波鄕」などが登場します。私が住んでる唐津をテーマにしていますので、蠣崎波響は出さなければなりません。問題は、本校生でボーカルを担当してくれる生徒がいるかどうかです。誰か立候補して歌って下さい!
by manabinomori | 2009-08-30 23:51 | オリジナルソング | Comments(4)
零戦
b0108779_19571783.jpg
コンビニで、『零戦』(マイウエイ出版)という雑誌を発見しました。子供の頃読んだ『0戦太郎』、『0戦隼人』、『ゼロ戦レッド』を思い出して衝動買いしてしまいました。いまの日本では、戦時中のものは封印され、せいぜいプラモデルでお目にかかれるぐらいです。ところが最近、辻なおきの0戦シリーズが単行本になりました。『0戦太郎』は「少年画報」に、『0戦はやと』は「週刊少年キング」に連載されていたものです。私の少年時代は田舎に住んでいましたので、テレビもありませんでした。漫画雑誌は情報の宝庫(当時は読み物もあった)でした。「日本は凄い技術を持っていたんだ」と知ったのは漫画雑誌からです。漫画雑誌は、そこに掲載されたCMを含め、私にとっては世界につながる貴重な存在だったのです。

さて、この本で興味深い記事がいくつかあります。まず世界で初めて空母を実用化させたのが日本であり、その技術の多くは戦後アメリカに伝わったとあります。そこには日本人らしい知恵や工夫があったわけです。零戦を開発したのは民間企業の三菱重工と富士重工です。現在もジャンボジェットの一部を委託生産しています。特に富士重工(スバル)は、零戦の栄エンジンを開発した企業であり、スバル車のエンジンが水平対向というのは零戦の名残だと言われています。零戦はタイヤのパンクが多く、それを解消した技術もまたブリジストンや住友ダンロップの技術に生かされました。零戦の主任設計士は、堀越二郎という人で、彼は国産旅客機『YS11』の基礎設計を行いました。日本の名車『スカイラインGTR』の初代エンジンのS20型は、零戦21型に搭載された栄21型エンジンを設計した中川良一の手によるものです。また零戦の振動解決を図った松平精は、それを新幹線の高速走行技術に応用しました。日本が戦後大きく発展できたのは、『零戦』の存在があったからというのも事実なのです。
by manabinomori | 2009-08-30 19:57 | 雑感 | Comments(2)
松前クロマグロ
b0108779_12102171.jpg
b0108779_12102987.jpg
b0108779_1210368.jpg
b0108779_12104328.jpg
b0108779_1211226.jpg
b0108779_12111186.jpg
b0108779_12112147.jpg
松前さくら漁業共同組合によれば、2008年のマグロの水揚げ額は松前港が12年ぶりに道内のトップになったそうです。前年比36%増の4億6000万円と過去最高だったというから凄いですね。松前産のマグロは、マグロの王様といわれるクロマグロで、数年前から東京でも注目を集め、高値で引き取られています。一昨日、結婚祝賀会の会場となった矢野旅館でいただきましたが、私にはもったいないと思うほどでした。

今日は、松前港でクロマグロが水揚げされる場面を撮影しました。マグロって大きな魚と思っていましたが、ビックリするぐらい小さなマグロもいました。仕事の邪魔にならないように遠慮しながら撮影しましたので、納得できる写真にはなっていませんが、新鮮な感動をいただきました。さくら漁業の皆様、ありがとうございました。
by manabinomori | 2009-08-30 12:12 | Comments(0)
雑感
b0108779_11352392.jpg
今日はクロマグロの水揚げを見るために松前港に行きました。
b0108779_11354469.jpg
ところが波が高いため、船が出なかったとのことです。残念です。
b0108779_113635.jpg
昨夜は、本校の中野教諭の結婚祝賀会が矢野旅館ありました。手作りの会でしたが、心がこもり工夫に満ちていました。昨年まで勤務されていた教員も多数参加し、松高教員の同窓会のような雰囲気になりました。それは、中野教諭の人柄の良さを表していますが、同時にみんな松高が好きなんだということを感じさせます。若い教員にとって、松高は真の教員になるための学舎のようなところなのでしょう。

近くに座った人から、松前弁と函館弁の違いについて伺いました。函館出身の相澤教諭は、様々なところで「なまってる」と言われてきましたが、松前に来てはじめて「なまってる」といわれなくなったとのことです。そんな彼女も、最初の頃は何を話しているのか理解できなかったといいます。それだけ松前弁は凄いのです!
by manabinomori | 2009-08-29 11:36 | 松前の文化と自然 | Comments(2)
松前言葉(松前弁)


さとう輝さんの『黒鮪~北海道松前さくらマグロ物語~』を使って、3年生に松前言葉(松前弁)を披露してもらいました。漫画のセリフとちょっと違っていますが、雰囲気はつかめると思います。放課後に、3Bの教室に入り、「誰かここ読んでくれない?」とお願いしたら、気さくに対応してくれました。松前言葉は味があっていいですね。
by manabinomori | 2009-08-29 10:31 | 松前高 | Comments(0)
さくら船 第2号
b0108779_17475080.jpg
「さくら船」第2号をお届けします。今号は、松高祭の紹介と中学生へのラブレター?です。久しぶりに「校長室だより」つくりましたので、1ページ目のレイアウトが…です。

PDFファイルにてご覧になれます → さくら船 第2号

感動を創造した松高祭(松前の新しい文化は松高から生まれる!)
7月18日~19日、第52回松高祭を実施しました。テーマは『21th CENTURY BREAKDOWN REVOLUTION』で、「みこし」「ファッションショー」「貼り絵」「ステージ」を中心に、1人1人の個性とパワーが発揮されました。特に「ファッションショー」は、松高ならではの伝統ある取り組みです。衣装や小道具に使われる素材は「紙」であり、様々な工夫が求められます。しかもモデルは男子生徒です。こういう条件の中で、創造力を発揮し、レベルの高い作品に仕上げていました。

さて、今年度から『書に親しむ』という授業がスタートしましたが、その選択生徒が「蘭亭叙の全臨に挑戦!」という展示をしました。作品は大作が中心で見応えがあるもので、北鷗碑林レポートなども楽しめました。本校生を指導して下さる天満谷喜子先生の作品も展示され、多くの方が鑑賞していました。

学校祭とは、生徒が主役となり、一つのことにみんなで取り組む行事です。今年の松高祭は、本校生が創造力を発揮し、仲間と協力しながらたくさんの感動が生まれました。また、PTAによるバザーや給水活動には、多くの保護者の皆様のご支援をいただきました。その姿は生徒の力になったと思います。心から感謝申し上げます。

漫画家 さとう輝 さんが来校
本校の卒業生で、人気漫画『江戸前の旬』の作者である、さとう輝さんが来校されました。本校在学中は、吹奏楽部でトランペットを吹いていたり、美術同好会を創設されたとのことです。卒業後は東京に出て、見事に夢を実現されました。最新作『黒鮪~北海道松前さくらマグロ物語~』は、松前を舞台に、松前言葉で描かれています。さとう輝さんのご活躍は、本校の誇りであり、本校生の自信につながります。ありがとうございました。


中学生の皆さんへ
松前高校はあなたの夢をつくります。

<松高三つの柱>
松前学
松前は北海道で最も古い伝統文化を持つ町です。その歴史、文化、産業、自然を全教育活動を通して学習します。松前を知り、松前を愛する心を育てます。
書道教育
全国でも数少ない高度な書道教育を受けることができます。「書道Ⅰ」「書道Ⅱ」を必修とし、選択では「近代詩文書」「応用の書」を学べます。書の町、松前らしい魅力ある授業を展開します。
国際教育
現在、松前と同じような歴史と文化を持つ国との交流を計画しています。もし実現すれば、松高生の派遣、交流校の生徒受け入れなど、斬新な国際教育をスタートさせます。

<進化する教育>
観光教育
松前を代表する産業の一つである『観光』について、町と連携しながら学習できます。本校生による「観光ボランティアガイド」は、観光庁からも高い評価を受けました。
美術館との連携
書道教育や松前学では、美術館や関係機関との連携を図ります。松前の文化施設等も活用しながら、魅力ある教育活動を展開します。
大学との連携
学習意識や進路意識を高めるため、大学との連携を図ります。高大連携教育により松高の教育力を高めます。

<教育は人なり>
学 習
松高は若く意欲的な教員が多い学校です。小規模校のよさを生かしながら、1人1人の興味・関心に応じ、それぞれの個性や能力を伸ばす教育をしています。生徒への愛情と教育への情熱があります。
進 路
昨年は国立大学(道教育大)にも合格しています。遠くの高校に行かなくても、松高から大学へ進学できます。その指導力もあります。意欲のある生徒には全面的な支援をしていきます。就職は厳しい時代ですが、道教委の指定校として企業開拓を推進しています。
生徒指導
松高生は落ち着いた高校生活を送っています。1人1人を大切にする生徒指導を実践しているからです。松高は、明るく、楽しく、思いやりのある学校を目指しています。

<松高の伝統>
行 事
歴史ある高校ですので学校行事が充実しています。学校祭、運動会、球技大会、漁火強歩大会、地域巡検、インターンシップ、見学旅行、宿泊研修…と多彩です。熱いクラスの団結は松高ならではです。
部活動
野球部、サッカー部、ソフトボール部、バスケットボール部、バレーボール部、バドミントン部、柔道部、吹奏楽局、図書局、美術部があります。時代とともに隆盛がありました。中学校で活躍されている皆さんは、ぜひ松校でその力を発揮してください。松高なら町民みんなで応援できます。それが町の活性化にもつながります。


松高は、「夢と文化を創造する学校」の実現に向けて大きく進化します。来年度からは、①松前学、②書道教育、③国際教育を全面に出した新教育課程へ移行します。小さな高校でありながら大規模校のフィールド制に近い系統的な科目選択制を導入します。他の市町村からも進学してもらえる魅力ある高校を目指します。
(校長 石塚耕一)
by manabinomori | 2009-08-28 18:02 | 松前高 学校経営 | Comments(0)
ビートルズ/エリナー・リグビー
b0108779_1493719.jpg
Beatles/ELENOR RIGBY

『リボルバー』に収録されたこの曲は
“ah look at all the lonely people"
(ああ、あの寂しげな人たちをみてごらん)
というコーラスからはじまります。

この印象的なイントロは、
アイドルだったビートルズのイメージを
一新させるようなインパクトを感じさせます。
弦楽八重奏のバックも『イエスタディ』よりはるかに刺激的で、
ポールのボーカルに負けないぐらい力強く変化に富んだ演奏を聴かせます。

『エリナー・リグビー』は、
クラシック的要素を取り入れた斬新なメロディと、
ジョージ・マーチンのスコアによる弦楽八重奏によって、
これ以上ないほどリリカルで美しい作品に仕上がっています。

この曲のテーマは「世代の断絶」と「同情」です。
それまでにないモチーフを描くことによって、
新しいポップ・ミュージックのあり方を示したともいえます。

『エリナー・リグビー』は、
ジョンがポイントとなる歌詞を書いていますが基本的にはポールの作品です。
当時ピアノを習おうとしていたポールは、
クラシックに強い関心を持ち、恋人のジェーン・アッシャー家の地下室で
ピアノを使って作曲したといわれています。

それまでのポールはギターのコードを使いながら作曲していましたが、
ピアノを使うことによってポップスによくある基本的なコード展開にとらわれない
自由奔放なメロディをつくりだすことに成功しています。
それはバロック音楽などに通じる斬新なものです。

ギターを弾きながらこのメロディにコードをあてはめようとすると
「ここのコードはどうなってんだ?」と、困惑してしまいます。
そういう複雑さがこの曲にはあります。

ポールはどちらかというと
ジョンよりメロディに対してこだわりが強いのです。
ピアノの鍵盤から予期せぬメロディが生まれ
それがポールのすぐれた感性の中でみごとに消化されていったのでしょう。

この時期のポールは
作曲することが楽しくてしょうがないと感じるほど創作意欲に満ちています。
まるで印象派の画家ルノアールが
色彩の美しさをとことん追求した作業と似ています。

個人的には
『エリナー・リグビー』は
『イエスタディ』より完成度が高い作品だと思います。
そもそも『イエスタディ』は
ビートルズというよりポールのソロ作品です。
ジョンにいわせると「ビートルズには関係ない曲」ということになります。

しかし『エリナー・リグビー』は
ビートルズらしい時代を切り開こうとする様々な試みが感じられます。
ビートルズのコーラスが効果的に入ることによって
グループとしての存在感もあります。

ここで触れておかなければならないのは、
ジョージ・マーチンによる弦楽八重奏です。
バイオリン4本、ビオラ2本、チェロ2本による演奏は
魅力的なメロディをさらに際立たせています。

レコーディングにあたっては、弦のすぐそばにマイクをセッティングし、
それまでにない音の追求がなされています。
しかも弦楽器だけで4トラックを使用するなど、
当時としては画期的試みを行なっているのです。

ジョージ・マーチンが書いたスコアも素晴らしく、
それだけで作品として通用すると思います。
ジョージ・マーチンの最高傑作ともいえるでしょう。

『エリナー・リグビー』で忘れてならないのが歌詞の存在感です。
エリナー・リグビーとマッケンジー神父という
孤独な老人たちの物語には、
「優しさ」や「世代の断絶」という多くの人々に共感を与えるテーマが潜んでいます。

リバプールの街を舞台にしながら印象的なフレーズ
“ah look at all the lonely people"
によって聴くものをその物語に引き入れます。

この曲によってビートルズは
ヒットチャートをにぎわすだけの存在ではなくなったのです。
もしビートルズが単なるホップスやロックだけのグループであったならば、
これほど後世に影響を与える存在にはならなかったでしょう。

ポップスやロックを基盤としながら
実験的な試みやクラシックなどの他の分野との融合を図り、
他にはない創造的な活動がそこにはあったのです。
ビートルズの偉大さはそこにあります。
まさに音楽の実験室だったといっていいでしょう。

(2007/1/23)
by manabinomori | 2009-08-28 01:56 | ビートルズ 曲解説 | Comments(0)
黒鮪~北海道松前さくらマグロ物語~
b0108779_2235595.jpg
今日は、さとうさん輝さんから送られて来た『江戸前の旬』とは別に、私が楽天ブックスに注文していたGコミック“海釣り大物エキサイティングスペシャル上”が届きました。実はこの本が出たとき、町内のコンビニ数件に買い求めましたが、全て売り切れでした。地元ですから仕方のないことですね。それだけに、松前には大量に仕入れて欲しかったですね。最大の目玉は、『黒鮪~北海道松前さくらマグロ物語~』の1~4話と番外編が集録されていることです。この漫画は、松前を舞台に松前言葉(松前弁)で描かれています。
b0108779_22351639.jpg
いつもの海です。奥には津軽半島が見えます。右下の神社は白神神社で、原口行きの道南バスまで登場します。嬉しすぎます。
b0108779_22352783.jpg
「こんたら うすてれマグロ はじめで見だ」は、松前言葉そのものです。『うすてれ』とは、とても大きいというという意味です。この漫画には、半年で学んだ松前言葉が登場します。
b0108779_22353896.jpg
弁天島です。この頂上に登ったことを思い出します。
b0108779_22354977.jpg
極めつけは松前小島です。松前城、弁天島同様に何度も登場します。
b0108779_2236027.jpg
というわけで、松前人としては(まだ半年ですが)こんなに嬉しい本はありません。これから何度も読み直したいと思います。様々な発見がありそうです。
by manabinomori | 2009-08-27 22:36 | 江戸前の旬 | Comments(0)