<   2011年 02月 ( 117 )   > この月の画像一覧
素晴らしい卒業式になりそう
b0108779_22171523.jpg
b0108779_22173234.jpg
b0108779_22175185.jpg
b0108779_221887.jpg
今日は卒業式予行を行いました。久しぶりに登校する3年生は、しばらく見ないうちに大人になったようにも感じます。予行後は、昨年度から実現して欲しいと願っていた「3年生を送る会」が実現しました。嬉しかったですね。日程のやりくりが大変だったと思いますが、職員の知恵により実現にまでこぎつけました。初めての試みでしたが、実に内容のあるものでした。三年間の写真で構成した映像は、全ての生徒に配慮した内容になっていて、3年生への最大のプレゼントになりました。部活動のビデオレターも工夫があるもので、特に合唱を取り入れた吹奏楽部や似顔絵が心に残る書道部は印象に残りました。どの部も感謝の気持ちがが伝わり、楽しませてくれました。さらに、転勤した教員からのメッセージもあり、反響がありました。長時間になりましたが、まったく飽きない内容です。3年生からは笑いや歓声が上がるとともに、懐かしさで一杯になっている様子もみられました。初めての試みで、これだけの内容は嬉しい誤算でした。生徒会の努力には感謝です。私のビデオはいらなかったですね。

「3年生を送る会」にこだわったのは、先輩への感謝の気持ちを伝える機会が欲しかったからです。先輩の意志を受け継ぎ、「これからは僕たちが頑張ります」という自覚をつくる機会が欲しかったのです。3年生にとっては、三年間の自分の成長を確認し、多くの友がいて自分がいたことを再認識する機会になります。最後に挨拶した前生徒会長の黒谷君は、「泣いてしまいそうになりました」といいましたが、それは全ての3年生に共通するものだったはずです。後輩の気持ちがしっかり伝わった結果でもありました。自分たちのために頑張ってくれたという気持ちもも伝わりました。

いじめや非行事故が起きると、やっきになって厳しく指導する学校がありますが、それで効果が出ることは思ったほどはありません。むしろ、このように「感謝」や「優しさ」というものを伝えることの方がはるかに効果的なのです。優しさは人を変える力を持っているからです。明日の卒業式はより感動的なものになることでしょう。

その後、同窓会入会式が行われました。今年は午後からになってしまいましたが、3年生はしっかりした姿勢で臨んでいました。これもまた「3年生を送る会」の影響です。濱田同窓会長は新聞記事を取り上げ、クラスメートの大切さを訴えました。3年生は、松前を離れバラバラになってしまいます。それだけに、卒業式には特別な思いがあります。明日は素晴らしい一日になりそうです。
by manabinomori | 2011-02-28 22:20 | 松前高 行事 | Comments(0)
創玄展で最高賞・国の指定校に内定
b0108779_1121523.jpg
北海道新聞2月26日号にて紹介されました。ありがとうございます。
by manabinomori | 2011-02-28 11:04 | 松前高 国際教育 | Comments(0)
ぼくらはここにいた
b0108779_041520.jpg
明日の(もう今日のことですが)「三年生を送る会」のビデオが完成しました。使いたい写真や映像がたくさんあったのですが、その半分も使えませんでした。今年1年間の行事を中心にしながら、三年生に喜んでもらえるものにしたつもりですが‥。
by manabinomori | 2011-02-28 00:09 | 松前高 | Comments(0)
ありのままに
b0108779_728387.jpg
トム・ウェッセルマンは、惚けた奴だ。だからこそおもしろい。
by manabinomori | 2011-02-27 07:32 | 雑感 | Comments(0)
無題
b0108779_917334.jpg
休みの朝は、熱いコーヒーを横に置き、FMラジオを聴きながらパソコンに向かうのが好きです。すると、ポール・マッカートニーの『アナザー・ディ』が流れてきたりするのです。ニヤッとしながら、「今日はついてるな」と思ったりします。卒業式の式辞は完成したので、あとはプリントアウトするだけです。昔の校長は、これを筆で書いていたのですからたいしたものです。

写真が見られないというご指摘がありましたので、以前のスキンにもどしました。
by manabinomori | 2011-02-26 09:23 | 雑感 | Comments(4)
取材
b0108779_13512784.jpg
b0108779_13515880.jpg
天満谷教諭が取材を受けているところです。“創玄展大賞”を受賞し、書家としての活躍が期待されますが、そのことが書道科教員としての力量を高めることにもつながることでしょう。
by manabinomori | 2011-02-25 13:52 | 松前高 書道教育 | Comments(0)
第4号が完成
b0108779_844595.jpg
松高通信「建石野」第4号が完成しました。最新の松高情報が満載です。裏面には校長の「学校経営評価」も掲載しました。これは、町の広報に入れて配付するとともに、ホームページでも公開します。
by manabinomori | 2011-02-25 08:44 | 松前高 | Comments(0)
もう一つの式辞
b0108779_23194639.jpg
うーん。試行錯誤です。iMovieはあきらめました。やはりPremiereを使います。3年生の生き生きとした姿を描きながら、いつまでも松高を忘れないで欲しいという願いを込めています。松高で得た素晴らしきものを確認する機会になれば幸いです。この映像は、私からのもう一つの式辞です。
by manabinomori | 2011-02-24 23:21 | 雑感 | Comments(0)
創玄展
b0108779_9554897.jpg
若かりし頃は、東京に行く目的の一つは美術館の訪問でした。ところが、最近は学校経営の視点から、関係機関を訪問することが多くなりました。年休で行くこともあるのですが、それでも趣味より仕事を優先させます。スケジュールが過密になり、追われるように都内を走り回っていたように思います。今回は少し余裕がありますので、国立新美術館で「創玄展」をゆっくり鑑賞したいと思います。写真の書は、金子鷗亭先生によるものです。
by manabinomori | 2011-02-24 09:54 | 松前高 書道教育 | Comments(0)
フランスからの冊子
b0108779_8394517.jpg
フランスのクレアパリ(CLAIR PARIS)から素敵な冊子が届きました。その「ニューズレター75号」(La letter de CLAIR Paris)は、函館市の特集を組んでいます。紙面のデザインがお洒落で、センスの良さを感じます。
b0108779_839582.jpg
その中に、松前高校の記事がありました。ブザンソン美術館での「夷酋列像」との対面、ルイ・パスツール高校での書道パフォーマンス、現地での交流などが書かれています。このように紹介していただき光栄というほかありません。今年度、北海道で最も注目された国際交流の記録でもあります。安藤様をはじめとするクレアパリの皆様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
by manabinomori | 2011-02-24 08:41 | 松前高 国際教育 | Comments(0)