<   2011年 10月 ( 103 )   > この月の画像一覧
放課後
b0108779_20225321.jpg
今日は3年次生がハロウィーンをしたようです。見たかったですね。校長室にいると情報が入って来ませんので行けませんでした。残念です。
b0108779_20231282.jpg
演劇部は11月13日の全道大会に参加します。釧路北高時代のOBの皆さんからアドバイスをいただきました。ありがとうございます。
b0108779_20233941.jpg
b0108779_2026111.jpg
b0108779_20233463.jpg
アンジェラが作成したものです。蜘蛛を見てビックリしてしまいました。絵も楽しい。センスがいいですね。
b0108779_20241437.jpg
こちらは「英語で北海道を旅行しよう!」という展示です。いい企画です。生徒の意識が高まります。
b0108779_20242663.jpg
b0108779_20243458.jpg
b0108779_202441100.jpg
考査が近くなりましたので、各教室で熱心に学習していました。1年次生は下校するところでしたが、ちょっとしたパフォーマンスを見せてくれました。
b0108779_2025517.jpg
「日本の伝統文化」の作品が教室に展示されていました。
by manabinomori | 2011-10-31 20:25 | 明輝高 | Comments(0)
RODE NT1-A
b0108779_19193832.jpg
私はマイクロホンにこだわりを持っています。初めてマイクを入手したのは、大学生になった時です。行きつけのオーディオ店で、私が欲しがっているのを察知した定員が、サービスしてくれたのが始まりでした。この店は気前がよく、パイオニアの大型ヘッドフォンもサービスしてくれたことがありました。お金のない学生にとってはありがたいことです。毎日のように通っていましたので、彼は私の考えていることを理解していたのです。今の量販店はつまらないですね。店の中でオーディオのことを語り合い、客と店員がお互いを高めさせていくようなものがなくなってしまいました。そこにあるのは価格だけです。

さて、学生から教員になり、お金を自由に使えるようになると、当然のこととして良いマイクが欲しくなります。当時はダイナミック型が主流でしたが、私はコンデンサー型にも興味があり購入していました。そして、マイクによって音が違うという事を知るようになります。ビートルズのフアンでしたので、アルバム『レット・イット・ビー』のジャケットに写っているジョン・レノンやポール・マッカートニーが使っているマイクにまで興味を持ちました。安いマイクしか買うことはできませんでしたが、ステレオマイクでボーカルを録ることまで試みました。これは定位が揺らいで駄目でしたが。

ソニーやオーディオ・テクニカのマイクを使ってきた私を一変させたのが Shure のマイクです。ボーカルをより力強く録ることができ、とても丈夫でした。業界の標準になっている理由を実感させられました。しかしDTMが主流になると、ダイナミック型ではどうしてもノイズの問題が発生してしまいます。特にオーディオインターフェイスの黎明期には、ダイナミック型では対応できないケースが生まれました。ということもあり、アマチュアでも使える低価格のコンデンサー型マイクが登場します。しかもプロが使っているのと変わらないデザインと性能を持ったものがです。

おといねっぷ時代に、私は『学び舎』を録音するために“RODE NT1-A”を購入しました。いまでは、自宅録音の定番として世界的なベストセラーになっています。米国EM誌では「EDITORS CHOICE」に選ばれたぐらいです。これによって、私はマイクロホンの悩みから解放されました。何がいいかって、ファンタム電源に対応し、ノイズが少なく、音がクリアで、しかも低価格だということです。DTM時代の申し子のような存在です。性能が良すぎるため、ボーカルのノイズまで拾ってしまいますので、それを軽減するポップガードまでセットするようになりました。写真は、Berry☆Fields の録音風景ですが、この“RODE NT1-A”と “Sony MDR-ZX700” はレコーディングの必需品です。明高生の魅力をしっかり引き出せればと思っています。
by manabinomori | 2011-10-31 19:22 | 制作 映像 | Comments(0)
宇宙船の船長
b0108779_1848294.jpg
部活を終えて「さようなら!」と挨拶してくれる生徒から元気をもらいました。高校生は可能性に満ちています。彼らといるだけで希望が生まれてきます。しかし、部屋にもどると、宇宙船の船長になったような気分になります。どうやってこの銀河を航海していけばいいのでしようか。きっと、一つ一つのジグソーパズルを確認しながら、一つ一つはめこんでいくしかないのでしょう。
by manabinomori | 2011-10-30 18:49 | 雑感 | Comments(0)
カスタマイズ
b0108779_9505992.jpg
例えば、ブログ「学びの森」のデザインは、スキンを編集することによって、ヘッドの画像挿入、サイドバーの動画挿入はもちろんのこと、文の行間や色まで自由に設定することが出来ます。YouTubeにしても、上の画像のようにある程度のカスタマイズは可能で、外国のユーザーに至っては個性的な演出が主流になりつつあります。
b0108779_9522587.jpg
ところが、facebook になると自由に編集することができません。HTML に関する専門的な知識が必要になります。その昔、苦労しながらホームページを作成していたことを思い出します。型にはまるのが大嫌いな私は、このままでは満足できません。Webで調べてみると、「BiND5プロフェッショナル」を使えば、テンプレートをベースにカスタマイズできることを知りました。さすが平野友康さん!しかし、そのためには BiNDサーバーとの契約が必要になります。こういうところをもっと柔軟にして欲しいですね。BiND は、Windows 時代は使ってきましたが、Mac になってからはご無沙汰です。残念ながらプロフェッショナル版は高価で手が出ません。
b0108779_9523928.jpg
KACHIBITO.net では、facebookを、上のようにカスタマイズできることを紹介しています。これは、Designing A Facebook Fan Page からのものです。Mac の iWeb を使ってこんな風にできると嬉しいですね。そのうち専門書でも買って来て、チャレンジしてみたいと思います。
by manabinomori | 2011-10-30 09:53 | Apple | Comments(0)
2人のカメラマン
b0108779_2154153.jpg
先ほど紹介した松前の桜の写真の中にMiku=Mayuがいました。彼女たちの写真や映像は、CDジャケット、PV、ブログなどで紹介してきましたが、他にも多数の未公開写真があります。特に折戸浜では良い仕事ができました。それは、函館新聞の松宮さんが一緒に撮影していたからできたことです。彼は、強い風によって髪の毛が顔にかかることを嫌いました。そのため、何度も撮影をされていました。その様子を視点を移動しながら撮影していたのが私だったのです。その結果として、表情豊かで自然な写真を撮ることができたのです。1人ではできないことも、2人のカメラマンがいることによって可能になるのです。
by manabinomori | 2011-10-29 21:54 | 制作 映像 | Comments(0)
iCloud
b0108779_19173756.jpg
iCloud を使えば、音楽、写真、書類などをそこに保存し、iMac/MacBook/iPhone/iPad などとデータを共有できるということです。データ移動のためのUSBメモリは必要なくなるということです。iCloudに登録すると、自動的に5GBの無料ストレージが使えるようになります。ここに、Macで書きかけていた文、iPhoneで撮影した写真などを入れておけば、どのデバイスからでも使えるようになります。これは便利です。さらに iOS5 の登場によって、iPhone と Mac の同期をWi-Fi経由でできるようになりました。
b0108779_1918123.jpg
しかし、日本では iTunes が使えません。これは致命的です。例えば、私が iPhone を購入たとしても、iCloud に楽曲や動画を保存することはできません。であれば、iCloud を使う意味が半減します。それを解決するために「iTunes in the Cloud」が秋以降にスタートするようです。音楽CDなどから取り込んだ楽曲向けの「iTunes Match」も予定されています。ですが、これらは全て有料ということになります。このハードルは大きい。今は使う気にはなれません。これで成功するのだろうか。
by manabinomori | 2011-10-29 19:18 | Apple | Comments(0)
松前の桜が恋しい
b0108779_17551173.jpg
b0108779_1755814.jpg
b0108779_1755567.jpg
b0108779_1755232.jpg
b0108779_17545926.jpg
松前は北海道の首都でした。「松前の春は江戸にもない」といわれた当時の活気を今に伝えているのが豪華絢爛な桜の数々です。その美しさは他に比較するものがありません。ああ、もう一度見たい。(4枚目の写真に写っているのはMiku=Mayuです)
by manabinomori | 2011-10-29 17:55 | 松前の文化と自然 | Comments(2)
総合学科教育研究大会
b0108779_21174468.jpg
公開授業を行う高校に向かうバスの中では、その高校の紹介DVDが放映されました。
b0108779_21184140.jpg
公開授業の会場となった安房択心高校です。農業高校であった特色を生かし、「文理」「園芸」「畜産」「土木」の系列を設置しています。10年ほど前、総合学科になる以前に視察訪問させていただいたことがあります。その時の記憶が蘇ります。
b0108779_21192338.jpg
控え室です。ここでも高校をPRするDVDが上映されていました。生徒が作ったヨーグルトをいただきましたが、これがとても美味しいのです!
b0108779_21194454.jpg
体育館で行われた「産業社会と人間」の授業風景です。生徒がプレゼンテーションによる発表をしていました。立派な内容でした。
b0108779_21204346.jpg
農業科目「野菜」の授業です。生徒が肥料の特徴を理解しながら追肥を行います。授業は全て公開されていましたが、どの授業でも生徒は生き生きと活躍していました。「調理」「栄養」などの個性的な科目も印象に残りました。
b0108779_21211524.jpg
控え室や廊下を使い、学校の特色や活動の様子を展示していました。写真を効果的に使っています。書道部や美術部の作品も展示されていました。
b0108779_21222734.jpg
講話は文科省の視学官です。このブログで取り上げた「自分は価値のある人間?」という国際アンケートの結果を話題にしながら、総合学科が求める方向や教育の在り方についてお話されました。
b0108779_21231012.jpg
全体発表は生徒によるもので、演劇を見るかのようです。興味深かったのは、千葉大学の天笠先生による今後の千葉県に設置予定の総合学科のイメージです。具体的には、「国際文化系列」「生活福祉系列」「情報科学系列」「デザイン系列」「生産食品系列」を上げていました。これからの総合学科に求められる系列とも考えられます。
b0108779_21243531.jpg
2日目は分科会が行われました。私は第二分科会に参加しました。「系列の変更」によって成功をおさめた愛知の高校は興味深かったですね。しかもその柱になっているのが「アートデザイン系列」というのが嬉しい。ここには芸術教育の様々な試みがあります。同様に「総合進学系列」を加えたことによって再生した秋田の高校も参考になりました。系列というのは総合学科の未来に関わる大きな要素のようです。
by manabinomori | 2011-10-28 21:27 | 明輝高 総合学科 | Comments(0)
1日目終了
b0108779_20432220.jpg
全国高等学校総合学科教育研究大会1日目が終了しました。お尻が痛い。
by manabinomori | 2011-10-27 20:45 | 明輝高 総合学科 | Comments(0)
千葉へ
b0108779_73345.jpg
今日も野球部は朝早くから練習をしています。さて、これから千葉に出張です。2年後に本校を主幹校として開催される「全国高等学校総合学科教育研究大会」に参加するためです。一緒に行くのは大川原教諭で、2人で大会内容や運営方法についてチェックしてこようと思っています。全国大会ともなると、規模も大きく、最前線の教育にも触れられます。多くのことを学べればと思っています。
by manabinomori | 2011-10-26 06:55 | 明輝高 | Comments(0)