<   2012年 10月 ( 131 )   > この月の画像一覧
期待しています
b0108779_23125721.jpg
これは今年撮影した写真の中でもお気に入りの1枚です。青い空と校舎があるからなのかも知れませんが、サッカー部の動きが印象に残るのです。さて、明日から11月に入ります。本校生がさらに生き生きと活動し、それぞれの成果をしっかり出してくれることを期待しています。
by manabinomori | 2012-10-31 23:22 | 明輝高 | Comments(0)
暗くても、寒くても練習
b0108779_20344563.jpg
今日は7時間授業の日ですから、授業が終わって下校する頃には暗くなっています。
b0108779_20344753.jpg
そんな中でも野球部は外での練習です。もちろん今朝も練習していました。この期間のトレーニングが明日への力となります。
by manabinomori | 2012-10-31 20:38 | 明輝高 運動系部活 | Comments(0)
全道大会に向けて
b0108779_20273542.jpg
b0108779_20273968.jpg
b0108779_20274157.jpg
男女バレーボール部は、釧根支部の代表として、札幌で行われる全道大会に出場します。大会まで約2週間になりましたので、練習にも気合いが入っていました。みなさん、頑張って下さい!
by manabinomori | 2012-10-31 20:30 | 明輝高 運動系部活 | Comments(0)
釧路教育局長賞
b0108779_10163881.jpg
マイさんを中心に漫画研究同好会で共同制作した「いじめ根絶!メッセージコンクール」の作品が、ポスター部門で最優秀賞(釧路教育局長賞)を受賞しました。明輝高校の活躍が地域にも広がっていくようで嬉しく思いました。おめでとうございます。
by manabinomori | 2012-10-31 20:18 | 明輝高 文化系部活 | Comments(0)
ハロウィン
b0108779_20131056.jpg
b0108779_20131181.jpg
b0108779_20131430.jpg
b0108779_20132695.jpg
b0108779_20132830.jpg
b0108779_20132976.jpg
b0108779_20134033.jpg
b0108779_20134234.jpg
b0108779_20134436.jpg
b0108779_20135590.jpg
b0108779_20135741.jpg
b0108779_20135928.jpg
Wikipediaで調べてみると、「ハロウィンは、ヨーロッパを起源とする民俗行事で、毎年10月31日の晩に行われる。西ヨーロッパ古代のペイガニズムにもとづく死者の祭りおよび収穫祭、とりわけケルト人の行うサウィン祭に由来するとされている。由来と歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で盛大に行われ、今日イメージするハロウィンの習俗は19世紀後半以降、アメリカの非宗教的大衆文化として広まったものである。」とあります。日本の場合は、クリスマスと同じように、イベントとして楽しむものになっています。今日の昼休み校内を巡回していると、ビックリするような場面に遭遇しました。3年次生がそのハロウィンを楽しんでいたのです!みんなでケーキやクッキーを作ってきて、感謝の気持ちとして配ったりしていました。ちょっとしたイベントです。昨年も行われていたようですが、校長室は隔離されているため気がつきませんでした。中学生の皆さんにお見せするにはどうかとも思いましたが、けじめをつけながら行っていましたので、公開させていただきます。本校生は楽しいことを創造する天才かも知れません。
by manabinomori | 2012-10-31 20:14 | 明輝高 | Comments(0)
ライプツィヒ民族学博物館
b0108779_2034465.jpg
今日は校長室にて、ドイツに派遣する生徒4人にその内容についての説明を行いました。いよいよという感じです。さて、私たちが訪問する「ライプツィヒ民族学博物館」についての資料を先日入手してきましたので、少しだけ解説してみましょう。先ず「ライプツィヒ民族学博物館」については、次のように図録「アイヌのくらし〜ドイツコレクションを中心に〜」に記載されています。

「ドイツ最大級の民族学コレクションを誇る3つのザクセン国立民族誌コレクション群の1つで、1870年に学者のゲスタフ・クレイが所有する文化史のコレクションを収めたのがその始まりです。その後数十年にわたり幾度となく場所を変え、ライプツィヒ市中心部近くの新たなグラッシィ博物館の美しいアール・デコ調の建造物に落ち着いたのは1927年のことです。現在、民族学博物館の常設展示室面積は4,000㎡を越え、世界中から集められた膨大な展示物の中でも、アイヌ文化の常設ギャラリーは珍しく、貴重な工芸品の数々が展示されています。」

b0108779_203501.jpg
岸上伸哲先生と佐々木史郎先生の解説によれば、同博物館には約700点のアイヌ資料が所蔵されていて、収集したのは東京帝国大学の小金井良精氏や京都府立医大学の創始者のひとりであるハインリッヒ・ボート・ショイペ氏などのようです。同博物館のパトロンでもあった地理学者のハンス・メイヤー氏が多数のアイヌ資料を購入し、寄贈しているとのことです。
by manabinomori | 2012-10-30 22:15 | 明輝高 ドイツ派遣 | Comments(0)
ルーヴル美術館
b0108779_21522493.jpg
b0108779_2139618.jpg
b0108779_2152369.jpg
b0108779_21524385.jpg
フランスの文化力の象徴でもあるルーヴル美術館。ドイツに行くのに、なぜかここを意識してしまうのは美術教師だからかも知れません。さて、ドイツはデザインの国でもあります。ブラウンデザインはここでも紹介してきましたが、現地でそれに触れることができれば幸いです。
by manabinomori | 2012-10-30 22:14 | フランス | Comments(0)
がんばれー!
b0108779_19412412.jpg
b0108779_19413450.jpg
b0108779_19414062.jpg
2年次生の「シャイニング・チャレンジャー」の授業風景です。そろそろ仕上げに入り、発表の準備をしなければなりません。明輝生ならテーマを深く掘り下げ、工夫に満ちた作品が出来るはずです。がんばれー!
by manabinomori | 2012-10-30 19:43 | 明輝高 総合学科 | Comments(0)
写真
b0108779_19305013.jpg
b0108779_19305224.jpg
b0108779_19305396.jpg
b0108779_19305552.jpg
見学旅行の写真販売で、今日は2組の公開日です。真剣に見るとけっこう時間を要しますが、思い出が蘇ります。
by manabinomori | 2012-10-30 19:33 | 明輝高 見学旅行 | Comments(0)
カステラパン
b0108779_19245033.jpg
この季節になると、このような張り紙が教室後方の出入り口に貼られたりします。これは、私がこれまで見てきた中で最高傑作です。

b0108779_19245172.jpg
さて、釧路に住んで1年半になりましたが、釧路ならではのパンを意識するようになりました。それが本校の売店やスーパーで売っていてる「カステラパン」です。これまで歩いた地域ではあまりみかけないパンです。生クリームが入っていて、けっこうボリュームがあって美味しいのです。道東では一般的なのかな。
by manabinomori | 2012-10-30 19:25 | 明輝高 | Comments(0)