<   2013年 06月 ( 102 )   > この月の画像一覧
それは
b0108779_12503821.jpg
b0108779_12504065.jpg
身近なところにあったりするのです。
by manabinomori | 2013-06-30 12:51 | 雑感 | Comments(0)
この世界は厳しい
b0108779_1503651.jpg
先日ここで報告した研究申請について、見直しの要請がありました。ご指摘された部分はごもっともなことばかりで、自分の力のなさを感じました。予算額の積算根拠についても、見積書があった方がいいとのことで、海外調査の旅費を含め、全てのものを揃えました。そしてなんとか完成にこぎつけましたが、だからといって研究助成が認められるわけではありません。この世界はとても厳しいのです。
by manabinomori | 2013-06-29 15:01 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
レンズ性能が画質を左右
b0108779_9524417.jpg
さあ、いよいよ動画の撮影に入ります。今回の相棒は「Canon ivis HF G20」です。キャノンプロ用ビデオカメラを家庭用にしたものといってもいいでしょう。この大きなレンズを見るだけでいい絵が撮れそうな気持ちになってしまいます。 レンズ性能は画質を左右します。ビデオ用ズームレンズでボケ味を出すことは難しいのですが、このレンズと1/3型HD CMOS PROセンサーの組み合わせであれば、それなりの表現が可能でしょう。あとは私の「技術」「感性」「体力」かな。
by manabinomori | 2013-06-29 09:52 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
ワー


加賀城匡貴さんによるステージパフォーマンス「scherzo特別ユニットSKETTO」の中で行われた『ワー』の一部を動画で紹介します。
by manabinomori | 2013-06-29 01:15 | デザイン文化学科 | Comments(0)
SKETTO おまけ 「集合写真」
b0108779_017851.jpg
b0108779_0171062.jpg
b0108779_0171219.jpg
b0108779_0172141.jpg
b0108779_0172373.jpg
b0108779_0172523.jpg
全ての集合写真を公開します。もし気になるようであればご連絡下さい。加賀城さんの実践は、教員の立場で考えると参考になることばかりでした。このような『授業』は、小・中・高・大で行われてもいいと思います。その意味でも刺激的でした。SKETTOのみなさん、スタッフのみなさん、準備から口琴演奏までの伊藤先生、そして参加されたみなさん、お疲れ様でした。
by manabinomori | 2013-06-29 00:18 | デザイン文化学科 | Comments(0)
SKETTO 後編 「身体表現」
b0108779_23584945.jpg
ここから「身近な野生の世界」です。みなさんは何に見えますか?
b0108779_2359152.jpg
指名されたテーブルの1年生が回答していきます。
b0108779_2359415.jpg
私なら「宇宙家族ロビンソン」のフライデーと言ってしまいそうです。
b0108779_2359681.jpg
1年生らしい反応が可愛い。
b0108779_23593348.jpg
次に、与えられた写真からそれをチームごとに体で表現します。
b0108779_23593542.jpg
創造力の育成につながる作業でもあります。
b0108779_23593789.jpg
これは、私たち大人チーム?の表現です。美しい!(自画自賛)
b0108779_001692.jpg
考えてますね。ほうきまで再現しています。
b0108779_00189.jpg
ここまでやるとは!さすがデザイン文化学科です。
b0108779_002038.jpg
三味線の音色は変化に富んで美しい。心に迫ります。
b0108779_01241.jpg
英語の授業のような「ローマ字のいたずら」です。
b0108779_01436.jpg
加賀城さんが「みんなで『ワー』をつくりましょう!」とフレーズを与えます。
b0108779_01696.jpg
ちなみに、藤森先生は「おとうさん」で、これが1年生にうけていました。
b0108779_02192.jpg
写真に合わせたアドリブの演奏までしてしまいます。凄すぎる。
b0108779_023312.jpg
最後は文教大の飯嶋君による全国4位の演奏を披露しました。素敵な演奏でした。というわけでアッという間に時間が過ぎてしまいました。加賀城さんによる、「機知に富んだ」「創造性豊かな」「全ての人と一体となる」パフォーマンスに感謝です。ありがとうございました。尚、次の記事では集合写真を、その次は動画で「ワー」を紹介する予定です。お楽しみに。
by manabinomori | 2013-06-29 00:03 | デザイン文化学科 | Comments(0)
SKETTO 前編 「みたて」
b0108779_222347.jpg
「scherzo特別ユニット SKETTO(スケット)」のスタッフは2年生です。
b0108779_22223296.jpg
1年生です。お茶を飲んでるところを撮影させて!とお願いしました。
b0108779_2223788.jpg
加賀城匡貴さんはステージパフォーマンス「scherzo」(スケルツォ)の主宰者です。
b0108779_22232775.jpg
NHK教育テレビの「ミ・タ・テ」の企画・構成も担当されました。
b0108779_22233144.jpg
三味線を披露する飯嶋君と佳菜子さんです。ともに帯広市出身で親近感を覚えます。
b0108779_22232923.jpg
加賀城さんが撮影された“山”をバックに「十勝小唄」が演奏されます。
b0108779_22235922.jpg
素晴らしい。佳菜子さんの新たな一面に触れることができました。
b0108779_22235768.jpg
松尾芭蕉を使って、「ウケるとは何か」について投げかけます。
b0108779_222413.jpg
客席を自然に巻き込んで全体をステージにしてしまいます。
b0108779_22242791.jpg
ガードレールが顔になっている。これが「みたて」です。
b0108779_22242925.jpg
さあ、みんなで「みたて」を探しましょう!
b0108779_22243127.jpg
発見したものをデジカメで撮影して行きます。
b0108779_2224595.jpg
それを投影しながら解説していきます。いやー、これはおもしろい。
b0108779_222517.jpg
伊藤先生が口琴を演奏し、それをバックミュージックにしてしまいます。
b0108779_2225463.jpg
これは「四人の顔」です。この発想の転換が新鮮です。以上、前編でした。
by manabinomori | 2013-06-28 22:26 | デザイン文化学科 | Comments(0)
レット・イット・ブリード
b0108779_8381899.jpg
1969年にリリースされたローリング・ストーンズのアルバム『レット・イット・ブリード』買いました。輸入盤ということもあるのでしようか、価格はまさかの500円でした。これはビートルズの『アビイ・ロード』の後に発表されたアルバムで、私は『ギミー・シェルター』が好きでした。どこかけだるさを感じさせるギターのアルペジオとミック・ジャガーのボーカルがいかしているのです。アルバム全体から感じるブルーな色彩は、今の私にぴったりかも知れません。
by manabinomori | 2013-06-28 21:07 | 趣味 音楽 | Comments(0)
間もなくスタート
b0108779_1523253.jpg
午後4時50分から、本学N212スタジオで「scherzo特別ユニット SKETTO(スケット)」の公演を行います。「日常の中の幸せがふるえる、映像、ナレーション、音楽、他のどこにもないステージパフォーマンス」ということで、本学科の佳菜子さんも三味線で登場します。ご案内が遅くなりましたが、ご来場いただければ幸いです。
by manabinomori | 2013-06-28 15:31 | デザイン文化学科 | Comments(0)
自然の恵み
b0108779_14465439.jpg
b0108779_144656100.jpg
今日の札幌キャンパスです。生物学部の学生が昆虫採取をしていたりして、のどかな雰囲気に包まれています。自然の恵みを感じます。
by manabinomori | 2013-06-28 14:47 | 札幌キャンパス | Comments(0)