<   2013年 12月 ( 112 )   > この月の画像一覧
反面教師
b0108779_1521131.jpg
今年はこれまでため込んだものを「捨てる」という作業の連続でした。それはいまも続いています。これは伊達高2年E組の担任をしていた時のものです。このクラスは美術部がたくさんいたこともありカラフルで凝っていました。当時は自由な気質があり色々と楽しませてもらいました。火花が散るようなクラスでしたが、それだけに向上心や意欲というものがありました。至らない担任でしたので、それが反面教師になっていのかも知れません。
by manabinomori | 2013-12-30 07:22 | 担任・顧問 | Comments(0)
東海大学アート教室(後編)
b0108779_20354613.jpg
子供たちにとって黒色を重ねるというのは新鮮な作業だったかも知れません。
b0108779_20354757.jpg
仕上がりのイメージが持てるように説明しています。
b0108779_20354933.jpg
すっかり2人は打ち解けています。
b0108779_20371442.jpg
子供にとっては先生を独り占めしているようなものです。
b0108779_20362633.jpg
緊張感があって、そして描く喜びに満たされるのがこの場面です。
b0108779_20362416.jpg
クリスマスプレゼントの話題が出ていました。
b0108779_20381613.jpg
サンタは何歳まで来るのかな?
b0108779_20382155.jpg
黒のクレヨンを塗るのが思ったより大変そうでした。
b0108779_20382130.jpg
みんな絵が大好きなのです。
b0108779_20385992.jpg
削る作業に入るところです。
b0108779_2039016.jpg
ここのアドバイスは大切ですね。
b0108779_2039542.jpg
最初に塗った色が綺麗です。
b0108779_2040162.jpg
それぞれの世界が描かれていて楽しい。
b0108779_20394839.jpg
もう1枚やりたいと言っている子供がいましたが、きっと彼は何かを発見してそれを試して見たくなったのかも知れません。いや、もしかすると次はもっと上手にできると確信したのかも知れません。このような気持ちは大切であり、本教室の成果でもあります。描くことは自分を見つめることでもあるのですから。
b0108779_20394776.jpg
瑞希さん、絵理さん、菜月さんお疲れ様でした。終了後は子供たちに手を洗わせたり、クレヨンの後始末などで大変そうでしたが、子供たちの真剣な姿や笑顔が印象に残りました。それだけでも大成功といえるでしょう。きっと彼らは家に帰ってから、家族の人に自分が描いた絵について事細かく語ることでしょう。「東海大学アート教室」という初めての企画は無事終了しました。このような機会を与えていただきましたもいわ地区センターの皆様に心より感謝申し上げます。
by manabinomori | 2013-12-29 20:45 | 地域 もいわ地区センター | Comments(0)
東海大学アート教室(前編)
b0108779_17574859.jpg
12月27日(木)、もいわ地区センターでデザイン文化学科の有志が「東海大学アート教室」を開催しました。
b0108779_1757505.jpg
今回の課題は「スクラッチ」です。クレヨンで下塗りした色の上に黒色を塗り重ね、上の色を引っかいて削り取ります。
b0108779_17575173.jpg
予想以上の参加者があり会場を変更してのスタートになりました。
b0108779_17581592.jpg
瑞希さんが描き方について丁寧に説明します。
b0108779_17581668.jpg
子供たちは真剣です。反応も早い。
b0108779_17581851.jpg
実例を準備したのがいいですね。分かりやすい。
b0108779_17584873.jpg
さあ、クレヨンで下塗りが始まりました。
b0108779_17585024.jpg
アドバイスはとても大切です。
b0108779_17585218.jpg
お姉さんと一緒の制作は嬉しそうです。
b0108779_17592460.jpg
下塗りが終了した子は黒を重ねていきます。
b0108779_17592623.jpg
質問には丁寧に答えていました。
b0108779_17592870.jpg
子供たちは絵が大好きなのです。楽しそうに制作していました。(後編に続きます)
by manabinomori | 2013-12-29 18:04 | 地域 もいわ地区センター | Comments(0)
長距離
b0108779_16134673.jpg
昨日は一日中ミニクーパーを運転していました。23歳で免許を取得してからこんなに長距離を運転したのは初めてです。父が重い病と闘うことになりましたので、私にできることはなんでもしてあげようと思ったからです。親子というのは言葉がなくてもお互いを理解することができるものです。
by manabinomori | 2013-12-29 16:16 | 雑感 | Comments(0)
藻南商店街
b0108779_20511625.jpg
b0108779_20511840.jpg
もいわ地区センターで開催されるデザイン文化学科有志による「東海大学アート教室」に行く途中、藻南商店街を意識的に観察してみました。「カフェ ラ・カンパーナ」では昼食もいただきました。このお店けっこういいのです。ルー・リードやスミスのアルバムが展示してあったりして、結構凝っているのです。
by manabinomori | 2013-12-27 20:50 | 地域 藻南商店街 | Comments(0)
点が線になりつつある
b0108779_20343765.jpg
ここ数日、これからの活動に関わるであろう皆様とお会いする機会が続いています。今日は丸山さんが私の研究室を訪問されました。「北欧に学ぶ創造性教育」に参加させていただくことになりました。点が線になりつつあります。
by manabinomori | 2013-12-27 20:35 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
幻想的
b0108779_14201613.jpg
今日の研究室からの景色です。センサーに付着したゴミが写っています。ショックです。
by manabinomori | 2013-12-26 14:24 | 札幌キャンパス | Comments(0)
チャレンジ2014④ 商店街
b0108779_7562720.jpg
学生は凄い。今年の本学科のハイライトは学生によ地域活動でした。それがデザイン文化学科の発展に貢献しました。来春は北24条商店街の活動がクライマックスを迎えます。この実践は商店街の活性化はもちろんですが、小学生のインターンシップという視点からも注目を集めることでしょう。一方、地元のもいわ地区センターや藻南商店街との連携も本格化し始めます。伊藤館長さんをはじめとする地域の皆様とデザイン文化学科の学生の交流がより深まる1年になりそうです。私個人としては空き店舗を活用した藻南商店街美術館らしきものを作り、藻南商店街のひとつの象徴としてアピールできたらと夢見ています。学生は他にも様々な活動をスタートさせています。飛躍の年になりそうです。
by manabinomori | 2013-12-26 07:57 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
チャレンジ2014③ 阿寒の森
b0108779_2054484.jpg
来年、私にとって最大のイベントになるのは、前田一歩財団との「阿寒の森アートプロジェクト」(仮称)です。まだ具体的なものは見えていませんが、これまで阿寒が進めてきた環境教育とスウェーデン・リンショーピン大学のアウトドア教育をベースにしながら、これからの教育(文化)に求められるものを「自然とアートとの融合」によって実践して行きます。これまでにない画期的なものになるかも知れません。しかし、そのためにはデザイン文化学科の学生や釧路市民(阿寒町)の皆さんの協力が必要になります。
by manabinomori | 2013-12-25 20:56 | 地域 阿寒湖 | Comments(2)
チャレンジ2014③ 表現者
b0108779_1913372.jpg
学生の作品発表と同時に、私自身も表現者としての活動を本格化させます。特にメディアアートを意識した作品を意図的に発表して行きます。大学教員が意欲的に活動していれば、それは必ず学生の刺激にもなるはずです。次の個展は、皆さんが「えっ?」と思うような内容になります。また学生と一緒の写真展も企画していきます。
by manabinomori | 2013-12-25 19:13 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)