<   2014年 07月 ( 55 )   > この月の画像一覧
1日目
b0108779_21282438.jpg
b0108779_21283013.jpg
b0108779_21283552.jpg
b0108779_21284028.jpg
学園オリンピックがスタートしました。今年は甲子園に東海大学付属高校4校が出場するという話題で盛り上がっていますが、嬬恋には一次予選を通過した161名の生徒が集まり研修がスタートしました。部門は、「国語」「数学」「理科」「英語」「造形」「知的財産」「ディベート」で、現在も活動が続いています。
by manabinomori | 2014-07-31 21:29 | 付属高校 | Comments(0)
明日から学オリ
b0108779_21205988.jpg
明日から東海大学学園オリンピックがスタートします。全国の付属高校と中等部から一次審査を合格した生徒が群馬県嬬恋にある東海大学嬬恋研修センターに結集し、個々の能力を伸ばすとともに、仲間との交流を深めます。私が講師として参加する「知財部門」は、多様なスケジュールが用意されています。学内のことも気になるのですが、この6日間は彼らと一緒に創造することの楽しさを体験させてもらおうと思っています。(写真は昨年の様子です)
by manabinomori | 2014-07-30 21:21 | 付属高校 | Comments(0)
藻南商店街
b0108779_183637.jpg
今日は藻南商店街のまちあるきをしました。最初に訪問したのが藻南商店街振興組合で、岸理事長さんから商店街の特色や課題について詳しく説明をいただきました。藻南商店街は「みらい会議」への参加も決定し、学生が活躍する場が開けてきたという感じです。理事長さんは意欲的で、これからの展開を楽しみにされていました。また、今回の夏祭りのポスターは初めて学生が制作したもので、2年生の絵理さんのイラストやロゴが使われています。
b0108779_1836593.jpg
次に訪問したのがサンク珈琲香房です。「学びの森」でも何度か紹介させていただきました。
b0108779_1836852.jpg
名刺交換をしているところです。
b0108779_18361013.jpg
突然の訪問でしたが丁寧に対応してくださいました。
b0108779_18363738.jpg
商店街についてはもちろんですが、ご自分が設立された建築事務所のお話までお聴きすることができました。
b0108779_1836395.jpg
そればかりかアートや学生に期待することまで話されました。今年度から藻南商店街振興組合の理事にもなられたようで、学生の大きな力になってくれそうです。
b0108779_18364255.jpg
この黄色の家も何度か紹介させていただきました。
b0108779_1836454.jpg
これは夏祭りで販売するオリジナル商品です。
b0108779_18372572.jpg
以前はタバコ屋だったとのことです。規制緩和などによってコンビニが出店し、また後継者不足などにより個人商店がどんどんなくなっていったとのことです。
b0108779_18372761.jpg
そんな状況であっても、地域のためにできることを積極的にしていこうとする姿勢がすばらしい。
b0108779_18373030.jpg
花恵さんです。するどい質問をしていました。
b0108779_18373290.jpg
藻南商店街は細長い。ここは旧道なのですが交通量が多い。
b0108779_1838795.jpg
最後に「Art Labo」の作品展をしていた「八垂別(はったりべつ)コミュニティサロン」です。ここは人と人をつなぐ場になっているようです。というわけで、暑い中、多くのみなさんのご協力をいただくことができました。ありがとうございました。学生のみなさんもお疲れ様でした。
by manabinomori | 2014-07-30 18:38 | 地域 藻南商店街 | Comments(0)
ビートルズのデザイン地図
b0108779_16243166.jpg
今日は試験2日目です。デザイン文化学科の学生は試験より課題が多いため、学内でみかけることはほとんどありませんでした。それでも遅ればせながら課題を届けに来てくれる学生もいたりします。学生のみなさん、提出物だけは必ず出すようにしてください。さて、昨日から「ビートルズのデザイン地図」というテーマで何ができるかを考えています。キーワードとしては、「サウンドデザイン」「アルバムデザイン」「サイケデリック」「アニメーション」「アップルレコード」「プロモーション」「アートワーク」「ファッション」あたりでしょうか。どれも使えそうです。考えているだけで楽しくなります。
by manabinomori | 2014-07-29 17:11 | ビートルズ デザイン地図 | Comments(0)
石山商店街まちあるき(後編)
b0108779_21112936.jpg
b0108779_21114508.jpg
b0108779_21115647.jpg
b0108779_21120190.jpg
b0108779_21121651.jpg
b0108779_21121964.jpg
b0108779_21122270.jpg
b0108779_21122563.jpg
b0108779_21123622.jpg
b0108779_21124093.jpg
b0108779_21124315.jpg
b0108779_21124655.jpg
b0108779_21125488.jpg
b0108779_21125770.jpg
b0108779_21130044.jpg
石山商店街から学生がいただいた課題には二つありました。一つは「朝市の活性化」であり、もう一つは「バス停の改装」でした。できればこれらをテーマに商店街コンテストに応募して欲しいとのことです。さっそく8月の朝市に参加することになりました。どのようなアイディアが生まれてくるのか楽しみです。今日は天候に恵まれ、石山緑地で楽しい時間を過ごすことができました。みなさん、お疲れ様でした。
by manabinomori | 2014-07-28 21:13 | 地域 石山商店街 | Comments(0)
石山商店街まちあるき(前編)
b0108779_18473132.jpg
b0108779_18473366.jpg
b0108779_18474633.jpg
b0108779_18475527.jpg
b0108779_18484645.jpg
b0108779_18485047.jpg
b0108779_18485356.jpg
b0108779_18485698.jpg
b0108779_18490865.jpg
b0108779_18491174.jpg
b0108779_18491528.jpg
b0108779_18491942.jpg
b0108779_18493447.jpg
b0108779_18493701.jpg
b0108779_18494016.jpg
石山商店街活性化プロジェクトが動き出しました。今日はメンバーの8人が石山商店街振興組合のご協力をいただき「まちあるき」を実施しました。この商店街の課題は、高齢化が進み、店舗の跡継ぎの育成、景気低迷による空き店舗・空きビルの増加、まちそのものに寂しさの感があったり、大型店舗の参入による個店の衰退などあります。人の動きと活気を呼び戻すとともに賑わいを醸成することが課題となっています。一方で、石山地区は歴史的に近郷の要所として賑わいを見せ、神社仏閣も健在する情感あふれるまちでもあります。実際に歩いてみると、確かに情感を感じさせる店舗があったり、札幌軟石による個性的な建物があったりして興味深いのです。
by manabinomori | 2014-07-28 18:49 | 地域 石山商店街 | Comments(0)
最近の出来事
b0108779_21185594.jpg
3年生の「空間デザインB」の発表会の様子です。どんどん成長していてる3年生の姿が感じられました。これは金曜日の出来事です。
b0108779_21185735.jpg
こちらは「ポートフォリオ発表会」です。直前まで頑張っている学生の姿がありました。
b0108779_21190982.jpg
嬉しいことに2年生も多数参加していました。とても参考になったようです。これは土曜日の出来事です。
b0108779_21191179.jpg
そして今日は日曜日です。オープンキャンパスのお手伝いをしている麗さんのファッションが可愛い。全身の写真を撮ろうとしたのですが、そのチャンスがありませんでした。残念です。次は必ず撮影します。
b0108779_21194534.jpg
こちらもオープンキャンパスのお手伝いです。写真に登場していない人もいますが、みなさん活躍していました。ありがとうございます。
b0108779_21194740.jpg
最後にビッグニュースです。「札幌国際短編映画祭2014」において、現3年生のチームが制作した映画『誰かが』が、「ジャパン・オフシアター部門」に入選しました。本学科にとっては初の快挙です。その撮影を担当したのが写真の駿永君です。おめでとうございました!
by manabinomori | 2014-07-27 21:20 | デザイン文化学科 | Comments(0)
学園オリンピック
b0108779_22320866.png
東海大学学園オリンピックが7月31日から群馬県の嬬恋で始まります。札幌キャンパスからは造形部門で笹川先生、知財部門で私が参加します。公立学校では考えられないハードな内容ですが、それだけに付属の高校生や中学生の満足感は高く、有意義なセミナーになっています。この6日間は高校生と一緒に生活することになります。私が担当する講義の資料がやっとのことで完成しました。今年はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。
(写真の画像はウィキペディアより)
by manabinomori | 2014-07-26 22:40 | 付属高校 | Comments(0)
7月27日(日)はオープンキャンパス
b0108779_16374850.png

7月27日(日)は、東海大学札幌キャンパスのオープンキャンパスです。多くの高校生や保護者の皆様のご来場をお待ちしています。時程は、11時から全体ガイダンス、11時30分からデザイン文化学科体験授業、12時30分から昼食タイム、そして午後からは個別面談、ワークショップなどが予定されています。突然の参加も大歓迎です。関心のある方はぜひお越しください。お待ちしております。

さて、上の広告は則子さんにモデルになっていただき作成したものですが、ゼミで半年間接してきたこともあり、求める写真がスムーズに撮影できました。彼女のファッションもデザイン文化学科らしくて素敵です。また、広告の本文に書かせていただきましたが、東海大学は、イギリスの大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds :QS)」が2009年から毎年公表している「アジア大学ランキング2014」において、日本の私立大学では慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学に次いで4位となりました。同ランキングは世界中の大学や企業へのオンラインアンケートの結果をはじめ、学生・教員数の比率、論文発表数、外国人教員数や留学生の受け入れ数などの集計をもとに算出されるものです。

北海道では東海大学の知名度は今一歩ですが、世界的には大きく評価されているのです。デザイン文化学科は2012年に新設され、東海大学のネットワークを生かした最新のデザイン教育を展開しています。アートやデザインが好きな高校生に関心を持っていただければ幸いです。
(オープンキャンパス当日はJR札幌駅や地下鉄真駒内駅から無料バスが出ています。詳しくは入学広報 011-571-5111 までお問い合わせください。)
by manabinomori | 2014-07-25 20:25 | デザイン文化学科とは | Comments(0)
甲子園
b0108779_18363195.jpg
写真は北海道新聞の夕刊です。まだこの時点では「東海大四が先制」という記事ですが、結果は小樽潮陵高校を下し21年ぶり、5回目の高校野球夏の甲子園出場となりました。学内も盛り上がっていました。今大会は南北海道では珍しく道立高校が活躍し、白熱したゲームが繰り広げられました。小樽潮陵高校や浦河高校の活躍は球史に残るといっても過言ではありません。そんな中で東海大学付属第四高校は安定した強さを誇っていました。昨年から高大一貫教育に関わっていただけに、私にとってもその喜びは格別です。新生四高がスタートするにあたっての勢いにもなりそうです。甲子園でも十分期待できます。

さて、私にとってはさらに嬉しい知らせがありました。いまでは考えられないことですが、実は私は高野連の釧根支部長を2年間させていただいていたのです。その大会の閉会式で必ず話させていただいたことの一つに「釧根支部の力量を高め悲願の甲子園へ!」ということでした。私の下手な挨拶の様子はYouTubeにも公開されていますが、ともかく、1990年の中標津高校以来20年以上も甲子園に行ってないのです。その時の監督が山本先生で、昨年は釧路明輝高校を初の北北海道大会に導きました。もちろん私はその応援に行きました。そして、なんと明日の優勝決定戦は、武修館高校と釧路工業という釧路市内高校による組み合わせになりました。どちらが勝っても釧根支部から甲子園出場が決まるのです。夢のようです。その兆候は支部長になった2年目から感じていました。一つは山本監督が釧根支部にもどってきて活躍し始めたこと、そして釧根支部の中学校のレベルが向上していることにありました。特に小さな町の中学校が全道大会で大活躍をはじめたことは刺激的でした。武修館の野球部はおそらく北海道で最も礼儀正しい野球部のひとつです。挨拶すること、まわりに気を配ること、そして最後まで諦めない力があります。それは監督の方針そのものであり、高野連の精神を最も忠実に実行しているようにも思えました。釧路工業は私が支部長のときに新監督になり、それまでの野球から新たな野球を模索しているように思えました。最初は苦労されたと思いますが、ここには大型の選手が集まり可能性に満ちていました。課題はそこに確かなチームワークが生まれるかどうかだと思っていましたが、それが見事に結実したのです。これまた監督や選手のみなさん努力の成果です。そのみなさんとはよく飲む機会がありました。あんなに忙しい監督や部長でも懇親会だけは欠席しないのです。そこでいつも感じていたのが野球への熱い想いであり、釧根支部から甲子園へという夢でした。それがついに実現することになりました。おめでとうございます。こんなに嬉しいことはありません。関係者のみなさんはもちろんですが、釧路は大騒ぎになっていることでしょう。いよいよ明日は決勝です。それぞれの持ち味を生かした最高のゲームになることを願っています。
by manabinomori | 2014-07-23 18:37 | 付属高校 | Comments(0)