<   2014年 09月 ( 52 )   > この月の画像一覧
コロッセオ
b0108779_22335971.jpg
ローマと言えば、やはりコロッセオです。「コロッセオが滅びるとき、ローマは滅び、そのとき世界も滅びる」といわれたぐらいローマを象徴する建物です。

b0108779_22340165.jpg
コロッセオへは地下鉄で向かいました。コロッセオ駅のホームから地上に出ると、彼らの洗礼を受けます。なかなかの商売上手です。

b0108779_22340424.jpg
コロッセオはネロ帝の黄金宮殿の庭園に建設され、紀元80年頃に完成しました。構造はローマン・コンクリートで、地震の際も崩壊しなかったのは、全体が円筒形で力学的に安定していたためだといいます。外周527m、高さ48.5m、排水施設や地下道まで整っていたとのことです。圧倒的な存在感があります。

b0108779_22340611.jpg
かつてはローマ市民がここで熱狂したのです。収容人数は5万人、人間対人間、または猛獣対人間という死闘が繰り広げられました。もちろんその決着はどちらかの死によるまで行われます。

b0108779_22344224.jpg
アレーナの地下には猛獣用の檻がありました。アレーナの床は取り外しが可能な木の板で、決闘で流れた血を速やかに流すために砂がまかれていたとのことです。このような形になったのは、中世に大理石が建築資材として使われたためです。

b0108779_22344449.jpg
1階は貴族席、2階は一般席、3階は立ち見席になっています。また、天井部分は開放されていますが、日除け用に布を張る設備があったとのことで、皇帝席には一日中直射日光が当たらないように設計されていました。

b0108779_22344767.jpg
公開処刑が行われた場所でもあるとのことで、様々な歴史がここには刻まれているのです。幽霊が出るという伝説があるのもうなずけます。

b0108779_22344999.jpg
階段は比較的歩きやすく、5万人を収容しても往来できるようなスペースを感じました。いまあるスタジアムの原型と言っても良いかも知れません。

b0108779_22351887.jpg
それにしても死闘が娯楽となっていた時代があったというのが信じられません。それを主催したのはローマ皇帝で、市民に娯楽を与えることによって治世の安寧を図ろうとしたようです。

b0108779_22352196.jpg
5世紀になると死闘は禁止され、その後ローマ帝国が崩壊します。コロッセオも忘れ去られた存在になり荒廃します。

b0108779_22352304.jpg
その歴史的価値が認められるようになるのは19世紀末になってからとのことです。

b0108779_22352685.jpg
コロッセオ内には展示コーナーがあり、その歴史を知ることができます。武器なども展示されていました。

b0108779_22355335.jpg
ロープを張り巡らせて大きな布を張った天蓋があったというのは初めて知りました。娯楽施設というより皇帝の力を誇示する施設だったに違いありません。

b0108779_22355574.jpg
日本であれば、安全に配慮して立ち入り禁止になってしまいそうな場所ばかりでした。

b0108779_22355922.jpg
2階と3階の各アーチの下には彫像が置かれていました。何体必要だったのか想像もできません。皇帝のこだわりを感じます。

b0108779_22361054.jpg
というわけで、ローマ建築のスケールの大きさと装飾性の一端を知ることができました。

by manabinomori | 2014-09-08 22:36 | 訪問記 ローマ | Comments(0)
新年附録時代美人風俗双六
b0108779_09522092.jpg

鏑木清方(かぶらき きよかた)記念美術館を訪問しました。鏑木は、近代日本の美人画家として、明治時代の東京の風俗を写した作品を残しています。文藝倶楽部の付録であったこの『新年附録時代美人風俗双六 色刷付録』(大正2年)は特に興味深く見させていただきました。一枚一枚の絵に物語があり、それが「すごろく」になっています。浮世絵の流れをくみつつ、彼女たちへの思いのようなもが伝わってきます。

by manabinomori | 2014-09-08 09:52 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
浅草寺
b0108779_21054185.jpg
b0108779_21054811.jpg
b0108779_21054590.jpg

浅草寺は文化摩擦に苦しんでいるようです。
これまではごく当たり前の「常識」であったことが、
国際化とともにそうではなくなってきているのです。

by manabinomori | 2014-09-07 21:06 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
b0108779_16183543.jpg
iPad のアプリケーションを使うと、
いつもより写真の加工が大胆になってしまいます。
それもまた楽しかったりしていいのです。

by manabinomori | 2014-09-06 16:24 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
富士山
b0108779_07260579.jpg
b0108779_07272182.jpg

富士山が愛され続ける理由がわかりました。

by manabinomori | 2014-09-05 19:51 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
ローマ到着
b0108779_22242007.jpg

フィレンツェ発 9:38 の列車で、ローマ・テルミニ駅着は 11:10 です。アッという間とも言えます。フィレンツェもそうでしたが、ローマではさらに水が欲しくなります。噴水が発達した理由がなんとなく理解できます。ホテルはテルミニ駅からけっこう歩きます。格安ホテルの旅ではありますが、ここだけはホテルらしいホテルでした。

b0108779_22242256.jpg

観光バスはとんでもなくビビッドです。そこから iPad で撮影されている人もいました。

b0108779_22242485.jpg

おー、水だ、炭酸だ、ジュースだ、ビールだ・・・。

b0108779_22242675.jpg

ローマは、ヴェネツィアやフィレンツェとは違って都会です。とはいうものの史跡が街中に存在します。

b0108779_22243219.jpg

市内観光向けの地下鉄と入場料がパックになったチケットを買うのがおすすめかも知れません。

b0108779_22243427.jpg

というわけで、地下鉄でコロッセオに向かうところです。スプレーの落書きが美しくない。ヴェネツィアの美を体験すると、このようなものに嫌悪感を感じてしまいます。日本を出てから8日目で、少しばかり披露を感じるようになっていました。

by manabinomori | 2014-09-04 22:26 | 訪問記 ローマ | Comments(0)
Cubase 7.5
b0108779_21113152.png

ひと月かけて、自宅と研究室の iMac、さらには MacBook Air をクリーンインストールしました。自宅の iMac は新しいのですが、例えば Final Cut Pro X などを使おうとすると、Melodyne が悪さをしてしまうのです。そのため、初期化してインストールするソフトを限定しました。今回は必要なものだけを入れました。パソコンは使い続けるとゴミがたまって重くなります。2年に一度のクリーンインストールは必須と言ってもいいでしょう。この機会に東海大学に勤務してからのデータも整理しました。

さて、本日 Cubae 7 が届きましたので、Cubase 7.5 へ無償アップデートを行いました。Logic Pro X と比較すると、使い慣れているということもありますが、細部への配慮が感じられ、創造力を誘発する機能が搭載されていて嬉しい。しばらくは両方使いながら音楽制作を進めたいと思います。しかし、大好きな Padshop Pro をインストールすることができません。パソコンが変わってしまうと使えなくなってしまうのでしょうか。ここだけは納得できません。両ソフトとも iPad との連携機能がありますので、ミキサー画面はそちらを専門にしてしまおうと思っています。来週からは本格的な音楽制作に入りますので、その都度報告させていただきます。

by manabinomori | 2014-09-04 21:11 | 制作 音楽 | Comments(0)
プロジェクト展終了
b0108779_20212810.jpg
b0108779_20213067.jpg
b0108779_20213259.jpg
b0108779_20213408.jpg
b0108779_20214738.jpg
b0108779_20214943.jpg
b0108779_20215149.jpg
b0108779_20215393.jpg
札幌国際芸術祭2014連携事業として開催されていた
「東海大学デザイン文化学科プロジェクト展」が終了しました。
本展は大学と地域のつながりという視点にしぼって
その教育成果を発表させていただきました。
地域の皆様のご協力により開催できた展覧会でもあります。
また、シンポジウムも好評でした。
皆様に心より感謝申し上げます。

by manabinomori | 2014-09-04 20:23 | デザイン文化学科 | Comments(0)
歴史的
b0108779_11244648.jpg
b0108779_11244888.jpg
b0108779_11245043.jpg

フィレンツェを旅立つ朝に撮影した写真です。
宿泊したホテル“Galileo”は、
フィレンツェ駅とFortezza Da Bassoエキシビションセンターから
徒歩10分くらいの歴史的な建物内にあります。
それだけに部屋から見える景色もまた歴史的?でした。

最後の一枚はサンタ・マリア・ノヴェッラ駅で
ローマ行きの列車を待っているところです。
パリのリヨン駅には兵隊が出ていてピリピリしていましたが、
ヴェネツィアのサンタ・ルチア駅と
フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅は平和なものでした。

ヨーロッパの駅はシンプルで改札口もないので使いやすい。

by manabinomori | 2014-09-04 11:26 | 訪問記 ヴェネツィア | Comments(0)
世界最小のプレゼンテーションシステム?
b0108779_22295484.jpg

MacBook Air を貸し出すことになりました。
自宅と研究室には iMac がありますので、
MacBook Air は必要ないと思われるかも知れませんが、
そうとばかりは言い切れないのです。
春学期はプレゼンテーションをする機会が多くありました。
「デザイン文化概論」などの授業はもちろんですが、
講演やオープンキャンパスなどで
いつも使用していたのが MacBook Air だったのです。

授業のたびに MacBook Air を持ち歩くのは、
少し面倒に思うようになっていました。
特に街中で行われる講演については、
一般的にはUSBメモリーを持ち込むだけですが、
Keynote にこだわる私は MacBook Air を
持ち込むしかなかったのです。
願わくば MacBook Air よりも軽量のシステムで
プレゼンテーションができないものかと考えていました。

一番簡単なのは iPhone をそのままつなぐ
という方法がありますが、
これは行動範囲が限られてしまいますし、
バッテリーが持たないという心配があります。
オープンキャンパスで中尾先生がされていたように、
iPhone をリモコンにして iPad をプロジェクターに
つなぐという方法がベストかも知れません。
しかし、iPad は MacBook Air より軽いと言っても
持ち運びにはそれなりの配慮が必要です。
そこで考えたのが iPod touch です。
iPhone をリモコンにして iPod touch を
プロジェクターに接続するという方法です。
これこそが世界最小のプレゼンテーションシステム
と言えるのではないでしょうか。
(あくまでも“私にとって”ですが)

先日行われた
デザイン文化学科プロジェクト展のシンポジウムでは
①MacBook Air、
②ACアダプタ、
③リモコン付きポインター、
④VGAアダブタ
の4点セットを持参してプレゼンさせていただきました。

9月17日(水)に行われる
ホイスコーレ札幌の2回目の講義では、
iPhone + iPod touch で
プレゼンしてみたいと思います。
このシステムであればポケットにも入ります。
上の画像はその実験をしているところです。
お絵かきもできますので、
レザーポインターも必要ありません。
なんて便利な時代になったのでしょう。
秋学期の授業はこれを活用します。

by manabinomori | 2014-09-02 22:33 | Apple | Comments(0)