<   2014年 11月 ( 79 )   > この月の画像一覧
GIF アニメーション
b0108779_17454346.gif

明日は「デジタル表現A」の授業があります。アート展のために描いたジョン・レノンを、GIFアニメーションにしてみました。これなら学生も気軽に作成できそうですね。
by manabinomori | 2014-11-30 18:00 | ビートルズ デザイン地図 | Comments(0)
I'd Have You Anytime
b0108779_13272466.jpg
昨日はジョージ・ハリスンの命日でした。ジョージの絵を1枚完成させました。上手くいったとはいいがたいけど、気持ちはこめました。『 I'd Have You Anytime』を聴いていると気持ちが穏やかになれます。ジョージらしい優しさを感じます。
by manabinomori | 2014-11-30 13:27 | ビートルズ デザイン地図 | Comments(0)
デビューアルバム
b0108779_17591312.jpg
公開講座「ビートルズのデザイン地図」では、全てのアルバムについて語るのは時間的に無理がありますので、いくつかをピックアップして進行して行く予定です。冒頭では「私とビートルズの出会い」について触れ、その後、デビューアルバム『Please Please Me』(1963)からスタートすることになります。このレコードジャケットの写真はマンチェスター・スクエアにあるEMIビルのバルコニーで撮影されたものです。それはまるで、「このEMIから新たな音楽が生まれます。それが彼らです!」と言っているように思えます。EMIにとってもこれまでにない冒険であり、彼らに期待していたことが伝わります。ただし、ビートルズがアルバムのアートワークに関わるようになるのは次の『With The Beatles』からです。ここでのポイントは、ジョンの大学時代の友人スチュアート・サトクリ(画家)と、その妻となるアストリッド・キルヒヘル(写真家)です。
by manabinomori | 2014-11-29 18:00 | ビートルズ デザイン地図 | Comments(0)
四高生の体験授業
b0108779_16353315.jpg
b0108779_16354799.jpg
今日はデザインコンピュータ室で四高生のデザイン文化学科体験授業を2回に分けて行いました。サポート役として絵理さんが参加し、高校生からは「先生〜!」と呼ばれていました。熱心な指導ありがとうございます。完成したクリスマスカードはそれぞれ持ち帰りました。お疲れ様でした。
by manabinomori | 2014-11-29 16:40 | 付属高校 | Comments(0)
明日は体験授業
b0108779_16381789.jpg
さて、明日は四高の2年生を対象にデザインの体験授業を実施します。せっかくの機会ですから、今年はデザイン文化学科の活動も紹介しながら展開したいと思っています。実際のところ、四高生に本学科を紹介する機会はほとんどありませんのでチャンスだと思っています。参加生徒は前半クラス、後半クラスともに24名ということで、指導しやすい人数になっています。テーマは「クリスマスカードの作成」で、デザインコンピュータ室で行います。授業時間は60分しかありませんので、効率よく進行しなければなりません。パソコンに慣れていない生徒が、操作を覚えながら制作するのは大変ですが、「デザインは楽しい」「大学で学んでみたい」と思っていただけるような授業になれば幸いです。
by manabinomori | 2014-11-28 21:38 | デザイン文化学科 | Comments(0)
マン・レイ
b0108779_21353887.jpg
デジタルと言えども編集を重ねれば重ねるほど写真の画質は劣化する。まして、JPEGの場合はなおさらだ。しかし、その「ノイズ」を一つの効果として意図的に使うという方法もある。上の写真がその一例です。もし、マン・レイがこの時代に生きていたならどうだろう。きっと驚くような作品を生み出していたに違いない。そう考えると、私の写真がとてもちっぽけに思える。
by manabinomori | 2014-11-28 21:29 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
ジャイアントロボ
b0108779_09141180.jpg
少年サンデーに連載されていた「ジャイアントロボ」という漫画があります。当初の作者名は「横山光輝、小沢さとる、光プロ」とされていて、横山光輝が原作を担当し、小沢さとるが作画を担当してスタートさせたものです。しかしその後、小沢さとるが抜けてしまいます。すると、絵も変わってしまいました。手元にある少年サンデーはボロボロですが、こちらの絵は横山ワールドです。横山光輝で育った私ではありますが、「ジャイアントロボ」の魅力は小沢さとるとの共演にあったように思うのです。部屋のどこかを探せば連載第1号を掲載した少年サンデーがあるはずで、あの当時のワクワク感は特別なものでした。そんな理由もあり、この作品は幻の漫画としてお蔵入りされてしまいました。そして2005年に全3巻として単行本として刊行されます。小沢さんが担当した第1部は、原画がないとのことで、少年サンデーからの復刻です。私は小沢さんが持っていらっしゃるのではないかと思っていました。なぜなら、私はこの作品こそが小沢さとるの最高傑作ではないかと思っていたからです。その小沢さんは現在函館にお住まいです。お会いしてみたい。
by manabinomori | 2014-11-28 08:14 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
IN ROCK cafe
b0108779_20411062.jpg
東海大学公開講座「ビートルズのデザイン地図」の関係で、中央区大通り西16丁目にある「IN ROCK cafe」(イン ロック・カフェ)を訪問しました。近代美術館のすぐ側にこんなお洒落なカフェがあるとは知りませんでした。入り口にはビートルズのポスターが掲示されています。
b0108779_20411212.jpg
中に入って驚くのはビートルズのゴールドディスクが3枚展示されていることです。
b0108779_20411475.jpg
音楽業界御用達のお店のようで、そこにあるサインはきっとミュージシャン達によるものと思われます。
b0108779_20411623.jpg
ジョン・レノンのリトグラフが展示されていました。なんと、本物です!これはプレスリーを描いたもので、右端の猫などにジョンの遊び心が感じられて楽しい。あまり知られていませんが、ジョンは名門美術学校「リヴァプール・カレッジ・オブ・アート」の学生でもありました。
b0108779_20411855.jpg
ジョンの死後発行された切手ですね。こんなものまで、という感じです。ビートルズのバーは札幌にも数件あり、昔はよく行きましたし、私の作品を展示していたお店もありました。しかし、ビートルズのカフェが札幌にあったとは知りませんでした。
b0108779_20412175.jpg
というわけで、他の仕事もあり、駆け足の訪問となってしまいました。ここを紹介してくれたのは、このブログに時々登場するミホです。本学のデザイン文化学科に毎年生徒を送り出してくれている龍谷高校にまで宣伝してくださいました。ありがとうございます。奥にいるマスターは只者ではなさそうな予感がしますので、今度ゆっくり訪問させていただこうと思っています。大人の雰囲気に満ちた素敵なカフェです。
by manabinomori | 2014-11-27 20:42 | ビートルズ デザイン地図 | Comments(0)
著作権
b0108779_20001649.jpg
b0108779_20001858.jpg
石塚ゼミで制作しているデジタルブックでアイヌ民話の絵本にチャレンジしている奈実さんとアイヌ文化振興・研究推進機構を訪問しました。アイヌの衣装などを描くにあたってはその資料が必要なためです。柳谷次長さんをはじめ皆様から、アドバイスや貴重な資料をいただくことができました。アイヌ文様については著作権があり簡単には使用できないと言うことも分かりました。そのことを教えていただいただけでも大きな前進です。ご親切に対応していただき、心より感謝申し上げます。図録などの資料は大切に使わせていただきます。
by manabinomori | 2014-11-27 20:06 | 石塚耕一ゼミ1期生 | Comments(0)
国産第1号ウイスキー
b0108779_19495300.jpg
これがマッサン(竹鶴政孝)と大将(鳥井信治郎)によって作られた国産第1号ウイスキー「白札」のデザイン復刻ボトルです。中身は現在の「ホワイト」だと思われます。買ってしまいました。
b0108779_19495713.jpg
この当時の社名は壽屋でウイスキー名が「サントリーホワイト」となっています。鳥井信治郎が名付けた「サントリー」とは、当時発売していた赤玉ポートワインの「赤玉」を太陽(SUN)とし、これに鳥井(とりい)をつけて「サントリー」としたと言われています。ラベルデザインは当時としては斬新なデザインだったかも知れません。この白いラベルから「白札」と呼ばれるようになったのです。
b0108779_19500216.jpg
竹鶴が設計した山崎蒸留所です。竹鶴はその初代工場長となります。サントリーは今年、ウイスキーづくり91年目を迎えました。そして先日、新聞等でも紹介されましたが、イギリスのウイスキー専門誌「ワールド・ウイスキー・バイブル」が選ぶ世界最高のウィスキーに、サントリーの「山崎シングルモルト・シェリーカスク2013」が選ばれました。91年目の奇跡です。
by manabinomori | 2014-11-27 19:48 | 札幌の文化と自然 | Comments(0)