<   2015年 02月 ( 69 )   > この月の画像一覧
なつき
b0108779_09454200.jpg
中さんのアトリエで、つっちーが作画しているところです。これもInstagramの投稿写真からです。
by manabinomori | 2015-02-28 21:10 | 個展2015 | Comments(0)
瑞希
b0108779_09461542.jpg
今日のInstagramは、瑞希さんの写真です。けっこう複雑な編集作業を行っています。彼女の魅力が出ていればOKです。いかがでしょうか。
by manabinomori | 2015-02-28 20:44 | 個展2015 | Comments(0)
明確に
b0108779_23523225.jpeg
今日は「藻南商店街の情報誌」の打ち合わせを午前中は研究室で、午後からは街中で行いました。3月28日には全体報告会があります。春休み中と言うことで、メンバー全員が集まれないのですが、花恵さんを中心に熱心に取り組んでいます。お疲れ様でした。これで全体像が明確になりました。上の写真は会議のあった事務所に向かう途中で発見したギャラリーです。
by manabinomori | 2015-02-27 23:43 | 地域 藻南商店街 | Comments(0)
最終着地点
b0108779_22440964.jpg
b0108779_22441398.jpg
さて、みなさんはどちらの写真がお好きですか。写真編集で迷うのはこの最終着地点です。今回は上の写真を「完成」としましたが、明日の朝になると下の方が良いということは十分あり得ます。フィールドワークで撮影した写真を使うとおもしろい作品が沢山できそうです。
by manabinomori | 2015-02-26 22:52 | 個展2015 | Comments(0)
エレコムデザインコンペティション
b0108779_12244736.jpg
東京フィールドワークで、AXIS誌編集長の石橋様からからいただいたデザイン情報誌「AXIS」2月号に「エレコムデザインコンペティション第1回を終えて」という記事がありました。売れる商品を開発する公募コンペとしてスタートしたエレコムデザインコンペティションの第1回は「Make Smile」をテーマに、国内外から187点の応募がありその受賞作品が紹介されています。右側のページに掲載されているのが、AXIS賞を受賞した 作品「Totem Earphone」です。作者は大野新(株式会社Borderless代表)さんで、自分のお気に入りの音楽を、親しい人たちともっとスマートに共有できたら、という思いからこの「Totem Earphone」のアイデアを考えられたとのことです。1つの音楽プレーヤーにイヤフォンジャックを縦に連結させ、そばにいる人たちと思う存分音楽を共有することができるわけです。ヘッドホンとの接続部分がどうなっているのか気になるところですが、アイディアが良く色彩もカラフルで楽しい。特に、若い女の子達に喜んでもらえそうです。エレコムのデザインというと、ダサイ(関係者の皆様ごめんなさい)イメージしかありませんでしたが、このコンペによってイメージが一変しそうです。それらをぜひ商品化させて欲しいと思いますし、この機会にエレコムのロゴも見直されてはいかがかと思います。デザイン一つで商品や会社の魅力を高め、付加価値を生み出すことができるのですから。
by manabinomori | 2015-02-26 12:25 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
自撮りナンバーワン
b0108779_16465327.jpg
Instagramが調査した「自撮りナンバーワン」がパリのエッフェル塔であると発表されました。分かるような気がしますね。以前も書きましたが、エッフェル塔はどこからでも気軽に撮影でき、角度や遠近感も楽しむことができます。特に、シャン・ド・マルス公園の存在が大きく、ここでは自由に撮影を楽しむことができます。それと比較すると東京タワーは厳しい。
by manabinomori | 2015-02-25 16:47 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
フィールドワーク再考
b0108779_14284700.jpg
東京でのフィールドワークを終えて大学に出勤すると、私が所属する日本デザイン学会(JSSD)の会誌「デザイン学研究特集号」が届いていました。特集はなんと「フィールドワーク再考」です。興味深く読ませていただいたのは、愛知県立芸術大学の「関係をつくるデザイン」の実践です。愛知芸術大学の敷地にある手つかずの自然や里山、森、池そして畑などを活用して小学生との交流を図る「親と子の野外活動ワークショップ・フォレスト」。参加者自身が地元で採れた野菜や穀物を用いて調理をして食事をしたり舞台装飾をして、最後に音楽の演奏会を開く「ながくてピクニック」。また、学内の環境を生かしてなんらかの状況をつくったり、他の学生が参加できるしくみをつくり、火・水・音・風などの現象を使う、作法・方法を考える、ストーリーを作り伝える、体験を創造する、食べる、飲む、特定の時間や空間を設定し、その時間や空間でしか体験できない体験をする、皆で遊べる遊びを考え実践するなどの「無形のデザイン」です。本学科が課外活動として展開している「商店街活性化プロジェクト」や、もいわ地区センターでの「アート教室」や「もいわーく展」に近い交流型のフィールドワークです。それらの実践を丁寧にまとめてあるのが良いのです。その実践を教員がしっかりまとめる、学生もそれをまとめることは大切であると実感させられた特集でした。
by manabinomori | 2015-02-25 14:29 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
もうすぐ2年生
b0108779_22351419.jpg
今年は1年生の授業を楽しくさせていただきました。彼らとは「デザイン文化概論」「情報デザイン基礎」「入門ゼミ」「デジタル表現A」と関わってきましたので思い入れがあります。地区センターでの活動、石山商店街、さらには先日の階段美化プロジェクトなどでも一緒でした。才能豊かな学生が多く、作品も個性的でおもしろい。そして、こだわりがあります。上の画像は、講演「ビートルズのデザイン地図」でご協力いただいたみなさんです。少し遊んでみました。いかがでしょうか?
by manabinomori | 2015-02-24 22:49 | 個展2015 | Comments(0)
準備に入ります
b0108779_11122317.jpg
東京フィールドワークが終了しましたので、いよいよ次は北欧フィールドワークの準備に入ります。出発は9月1日を予定しています。いまの時点で、すでに8名の希望者がいますので、最終的には10〜15名の学生が参加することになると思われます。期間も東京フィールドワークの2倍の11日間を予定しています。ともかく、学生にとってベストなプログラムを組まなければなりません。コペンハーゲン、ストックホルムを中心に、ルンド、レクサンドを視野に入れながら調整に入ります。3月中に日程を決めたいと思います。この研修が、国際人としての意識改革やデザイン力の向上につながり、その後の進路に大きなプラスとなるようにしたいと思います。
by manabinomori | 2015-02-24 21:15 | 北欧デザインプログラム | Comments(0)
iPhone 6 Plus
b0108779_20205219.jpg
iPhone 6 Plusで画期的なのは、ソニーの光学式手振れ補正が搭載されていることです。このちっちゃなレンズにです。そのためネット上では「失敗写真が減った」とか、評論家は「AF速度や手振れ補正はコンデジクラスと言ってもいい」と絶賛です。ところがです。私のPlusは、4Sよりもねぼけた画質になっていたので使う気がしていませんでした。所詮はiPhoneだと思っていたのです。が、家族や他の人のそれを見てビックリです。恐ろしくシャープなのです。そこでそれを2台並べて撮影してみました。すると、私の機種のピントが甘いことが判明しました。こんなことってあるのですね。もちろん交換と言うことで、明日、新しいPlusが届きます。届いたら本格的にカメラを使ってみることにしましょう。
by manabinomori | 2015-02-24 20:21 | Apple | Comments(0)