<   2015年 09月 ( 65 )   > この月の画像一覧
しばらく悩み続けそうです
b0108779_22282830.jpg
学生は記憶力がとてもいい。この作品は『デザイン文化概論』の授業で、ウィリアム・モリスの説明の中で見せたのですが、「オフィーリア」という名前まで覚えていました。これにらはちょっと驚きました。それだけ印象的な作品なのでしょう。この作品を意識した写真を撮ろうと8月から考えています。自分自身で掲げたハードルが高くて四苦八苦しています。妥協すべきか、いや意志を貫くべきかで作品が変わってきます。しばらく悩み続けそうです。
(この絵画はパブリックドメインになっています。ウィキメディアより)
by manabinomori | 2015-09-30 22:41 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
コペンハーゲンの建築
b0108779_18000827.jpg
b0108779_18000365.jpg
b0108779_18000105.jpg
b0108779_18000512.jpg
コペンハーゲンの歴史は建築の歴史ではないかと思わせるほど多様で、足を踏み入れる場所ごとに世界が変わるという感じでした。それはフランスやドイツよりもダイナミックで表情も豊かでした。
by manabinomori | 2015-09-29 20:33 | 北欧デザインプログラム | Comments(0)
プロのデザイナーの仕事は違う
b0108779_18322359.jpg
教え子(デザイナー)がこんな作品を作ってくれました。「学びの森」の写真を組み合わせたものですが、さすがにプロのデザイナーの仕事は違うという感じです。厚みのあるキャンパスにしっかりプリントする技術にも驚きました。私の代わりに授業を担当してもらいたいぐらいです。
by manabinomori | 2015-09-29 18:38 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
デザイン文化学科らしい活動
b0108779_14233549.jpg
彼女たちが持っているのは海外フィールドワークの研修報告書です。これが素晴らしい。オープンキャンパスや学内に展示する予定です。ぜひご覧になってください。ところで、写真の彼女たち(ペパーミント)は夏休み中に、もいわ地区センターでの「アート教室」を成功させました。私は嬬恋へ出張中でしたのでその活躍を見ることはできませんでしたが、facebookで紹介されているように大きな成果を上げました。秋学期については、よりデザイン文化学科らしい活動を展開することになります。まだ1年生なので力不足の感は否めませんが、これまでにない取り組みになることでしょう。
by manabinomori | 2015-09-29 14:24 | デザイン文化学科 | Comments(0)
ジャケットを丁寧に観察する
b0108779_20541566.jpg
朝から『リボルバー』の原稿を書いているのですが、サウンドループ状態に陥っています。このアルバムと次の『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、この連載の核心部分であり、ありきたりの内容であってはならないのです。かといって、新たな発見を見いだせないままズルズルと時間ばかり消費しています。クラウス・フォアマンの本にもう少しヒントがつまっていたならと、何度も読み返すのですが、私の欲しい情報はそこにはありません。土日で原稿を仕上げようと思っていたのに残念です。ここは原点に戻って、ジャケットを丁寧に観察するところから始めるしかありません。
by manabinomori | 2015-09-27 20:54 | ビートルズ あれこれ | Comments(0)
クラウス風に描いてみた
b0108779_20581610.jpg
ジョン・レノンとジョージ・ハリスンのイラストが完成しました。今回のテーマは「ラバーソウル」なので、クラウス風に描いてみたのが右です。なんともお粗末です。結局はいつものように仕上げました。完成作品は10月に「かもめの本棚」で公開されますので、そちらをご覧になっていただければ幸いです。
by manabinomori | 2015-09-26 21:08 | ビートルズ あれこれ | Comments(0)
Nord Electro 3
b0108779_11292069.jpg
デンマーク国立映画学校のホールには、Clavia の Nord Electro 3 が置かれていました。PVや雑誌でよく見るシンセサイザーと出会えました。Claviaはもちろんスウェーデンの楽器メーカーで Nord Lead を大ヒットさせました。日本のシンセサイザーよりもライヴパフォーマンスを優先させた作りになっていて、アナログ音を意識しています。札幌ではなかなかお目にかかれないので触ってみたかったのですが、研修中なので写真を撮るのが精一杯という感じでした。Claviaの電子楽器は赤をテーマにしているので分かりやすいのです。デザインも統一感がありお洒落です。Nord Electro 5 ではよりシンプルになっています。オルガン・セクションがあるのがいかにもヨーロッパらしい。
by manabinomori | 2015-09-26 11:29 | 制作 音楽 | Comments(0)
個性豊かなオブジェ披露
b0108779_10431688.jpg
今朝の北海道新聞に「個性豊かなオブジェ披露」という記事が掲載されました。市立大学の山田ゼミ4年生と院生によるアートワークで、「地域住民に同大の創作活動について理解を深めてもらいたい」との趣旨のようです。どれも環境芸術に近いアート作品で、デザイン学部なのにアート領域にまで展開を図るその姿勢に驚かされました。興味深い実践です。
by manabinomori | 2015-09-26 10:43 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
クラウスのイラストレーションは楽しい
b0108779_14124728.jpg
クラウス・フォアマンのイラストレーションは日本の漫画のように楽しめます。髪の毛をしっかり描き込むのがその特徴で、それはアルバム『リボルバー』のジャケットの特徴にもなっています。同時に彼の描く指がカワイイ。小指が立っているのがアクセントになっていたりする。ジョンからジャケットの依頼をされたクラウスは「すごい。あまりの幸運に僕はへなへなと座り込んでしまった」というあたりがこのイラストに表現されています。
by manabinomori | 2015-09-25 14:24 | ビートルズ あれこれ | Comments(0)
NHK札幌放送局を訪問しました
b0108779_22080719.jpg
私の個展で思わぬ反響があったのが、この2人に「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のワンピースを着ていただいたフライヤーの表紙です。個展会場には2人に会いに来ましたという人まで現れたぐらいです。今日はその2人とMEDIUSの創立記念展「大学教授と学生のヒミツキチ展」の打合せのためにNHK札幌放送局を訪問しました。MEDIUSのメンバーは1、2年生ということもあり、会場での受付を毎日担当することが困難な状況にあります。そこは工夫しながら対応しますが、作品の搬入も含めて課題が山積しています。それを一つ一つ解決しながら成功へと導けるようにメンバー全員で協力したいと思っています。本展はそのタイトルがユニークなこともあり、様々な方面から注目を集めています。それはとてもありがたいことです。すでに制作を終えたミナミさんの音楽はとても興味深いし、コーヘイ君のイラストも意欲を感じさせます。1人10点の作品を制作するというノルマをエネルギーに変えながらそれぞれが進化して行っているように思えます。本展のキーワードの一つは「Instagram」です。学生が意識しているかどうかは分かりませんが、スクエアな画面を構成するためにはそれなりのスキルが必要なのです。というわけで、本展では学生が持っている可能性やエネルギーを多くの皆様に感じていただければ幸いです。
by manabinomori | 2015-09-24 22:08 | MEDIUS ヒミツキチ展 | Comments(0)