<   2016年 04月 ( 49 )   > この月の画像一覧
新聞の購読率
b0108779_20115848.jpg
新聞の購読率は年々低下しています。「国民生活時間調査」が行った調査結果をその報告書から1995年と2015年の男性(平日)で比較してみましょう。ちなみに、新聞購読率(新聞行為者率)とは、該当日に15分以上新聞を読んだ人の割合を意味します。その新聞とは自らが購入したものに限らず、一般紙の朝刊だけでなく夕刊、さらにはスポーツ紙や業界関係紙、広報紙、そしてチラシや電子版までをも含みます。紙媒体としての新聞は購読していないが、電子版を読んでいる人も含まれます。左が1995年、右が2015年です。

10代 14%→ 4%(-10%)
20代 32%→ 8%(-24%)
30代 55%→ 10%(-45%)
40代 67%→ 20%(-47%)
50代 74%→ 38%(-36%)
60代 77%→ 53%(-24%)
70歳以上 73%→ 66%(-7%)

この結果を見ると、新聞をよく読んでいるのは10年前では40代以上だったのに対して、いまでは70歳以上ということになります。60代で半分しかいなく、40代以下においては、もはやその存在感は希薄だということです。つまり「新聞は高齢者のためのものとなり、世代を超えて情報を共有できる媒体ではなくなった」ということです。この10年で急激な新聞離れが起きていたのです。新聞購読率10%の30代が60代になった頃には、日本の新聞社は大きな転機を迎えることになるでしょう。

by manabinomori | 2016-04-30 20:12 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
夕張市再生プロジェクトが動き出します
b0108779_09295910.jpg
夕張市を再生し「地域に感動と誇りを生み出す」プロジェクトが動き出します。5月7日10時から夕張市役所で、夕張市、NPOゆうばりファンタ、東海大学の有志によりキックオフ会議を行います。これが実質的なスタートになります。この事業は国の指定を受けていることもあり、NHKなどの取材が初日から入るかも知れません。先ずは視察をして現状を調査することからスタートします。「黄色いハンカチひろば」をデザイン文化学科の学生がどのようにリニュアールしていくのか楽しみにしてください。上の記事は昨日の朝日新聞です。
by manabinomori | 2016-04-30 09:27 | 東海大学 MEDIUS | Comments(0)
デザインの審査は疑問だらけだ
b0108779_20363412.jpg
「オリンピックのエンブレム決まりましたが、どう思いますか?」と学生に訊かれました。その学生にとっては納得いかない結果だったようです。確かにA案は、各種調査で常に下位に位置していたデザインです。白紙撤回された前回のエンブレム審査委員だったあるデザイナーは、この結果が出る前から「これはA案ありきのデキレースである」と指摘していました。私もまっとく同じ意見だったので、A案に決まったことには驚きませんでした。この4つのデザインが提示されたとき、「A案」対「BCD案」になっていたことはデザイン関係者なら誰にでも分かることです。しかも「A」というのは特別なアルファベットでもあるのです。そのようなことが見えてしまう提示の仕方も問題だったように思いますが、逆を言うならばA案にするためにはそれしか方法がなかったということでもあるのです。あれだけの騒ぎになった分けですから、ここは権威にこだわることなく、国民投票で決めても良かったような気がします。素人の作品が選ばれたっていいではありませんか。学生に「デザインの審査は疑問だらけだ」と言わせるようであってはならないのです。
by manabinomori | 2016-04-29 20:54 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
モノクロ
b0108779_09440929.jpg
モノクロという選択も悪くない。
by manabinomori | 2016-04-29 09:45 | 個展 ストロベリーフィールズ | Comments(0)
やってはいけないことにチャレンジ
b0108779_08530372.jpg
次の段階に入りました。落書きのようなフレーズを書き込んだり、色彩を痛めつけたり、意味もなく補色を求めたり…。やってはいけないことに徹底してチャレンジしたりする。どこへ行くのだろう。
by manabinomori | 2016-04-29 08:58 | 個展 ストロベリーフィールズ | Comments(0)
準備をスタートさせました
b0108779_19515859.jpg
この時期はとても慌ただしいのですが、「北欧デザインプログラム2016」の準備をスタートさせました。今年参加する学生は7人で、コミュニケーション学科の学生が多いという意外な結果になっています。ともあれ、参加する学生にとって有意義なプログラムとなるように準備を進めたいと思っています。写真は東海大学ヨーロッパ学術センターでの一コマです。
by manabinomori | 2016-04-28 19:58 | 北欧デザインプログラム | Comments(0)
画面に動き
b0108779_19293355.jpg
この日は曇りでしたので、コントラストが強すぎずいい感じでした。スクウェアな画面は単調になりがちなので、画面に動きを与えるためのレタッチをほどこしています。
by manabinomori | 2016-04-28 19:36 | 個展 ストロベリーフィールズ | Comments(0)
石山緑地
b0108779_20584231.jpg
札幌南区にある石山緑地です。素敵な公園です。
by manabinomori | 2016-04-27 20:59 | 個展 ストロベリーフィールズ | Comments(0)
テアトル・オプティーク
b0108779_10045478.jpg
先週のアニメーション論ではテアトル・オプティーク(動画をスクリーンに投影する装置)を使い上映された世界最初のアニメーション『哀れなピエロ』(Pauvre Pierrot)をはじめとする黎明期の作品について解説しました。一方で、「鉄腕アトム」(世界初の毎週放送)、「鉄人28号」(世界初の巨大ロボット)、「魔法使いサリー」(日本初の少女向け)などにも触れました。「当時は革命的であったと思うがそれが実体験できないのは残念」「昔のアニメは動きに視点をおいている」「時代が変わっても愛され続けるものがある」「それぞれの時代にあった笑いがある」「キャラクターの個性がはっきりしている」などの感想がありました。最後に世界的な評価を受けている和田淳さんを紹介しました。その独自の世界観に驚いていました。いよいよ今日はディズニーです。
by manabinomori | 2016-04-27 10:12 | 授業 アニメーション論 | Comments(0)
意欲的な作品を提案してきた
b0108779_21160763.jpg
今日一番嬉しかったことは、学生が意欲的な作品を提案してきたことです。
by manabinomori | 2016-04-26 21:15 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)