編集作業
b0108779_15192780.jpg
MEDIUSの編集作業が続いています。作品数が多くて困ってしまうぐらいです。イラストレーション、写真など、多様な作品で誌面が埋まります。完成が楽しみです。
# by manabinomori | 2017-01-13 15:19 | 東海大学 MEDIUS | Comments(2)
ミュージアム内装について議論
b0108779_15172314.jpg
b0108779_15172510.jpg
昨夜は参加者が少なかったのですが、幸福の黄色いハンカチ広場のミュージアム内装についての議論を深めました。写真や映像を活用したフレッシュな空間に生まれ変わる予定です。みなさん、お疲れ様でした。
# by manabinomori | 2017-01-13 15:18 | 東海大学 MEDIUS | Comments(0)
中村直幹君が初優勝!
b0108779_18260580.jpg
デザイン文化学科の中村直幹君がHBC杯で優勝しました。憧れだった葛西選手が3位でしたので、ある意味では一つの夢を実現させたことになります。「欲を出さずに、気持ちをうまくコントロールできた」と冷静なコメントを述べているのが彼らしい。昨日のテレビの表情も良かった。西区の美術館に展覧会を見に行くと、偶然、出会ったりするのはいつもトレーニングをしているからなのでしょう。これからの活躍がとても楽しみです。頑張ってください!(写真は今朝の北海道新聞)
# by manabinomori | 2017-01-10 20:34 | デザイン文化学科 | Comments(0)
今年はビートルズの楽曲について研究
b0108779_21300375.jpg
かなりレタッチを加えた写真です。そのためにビートルズのアルバムジャケットが見えなくなってしまいました。昨年は「ビートルズのアルバムジャケット」について研究をさせていただきましたが、今年はビートルズの楽曲について研究してみたいと思います。昨年の「かもめの本棚」ように連載させていただくと毎月原稿が仕上がりますので、その可能性を模索しています。ポール・マッカートニーへの取材も含めて、困難なことばかり企画していますが、人生は一度だけですのでやれることはやってみます。
# by manabinomori | 2017-01-09 21:38 | 著書 ビートルズ | Comments(0)
こうさ展
b0108779_14555549.jpg
b0108779_14560073.jpg
b0108779_14560335.jpg
b0108779_14560646.jpg
b0108779_14560941.jpg
「こうさ展」(from fun)を鑑賞してきました。9人のメンバーそれぞれが思い思いの作品を展示していました。特に卒業生のレベルが高く印象に残りました。森君の椅子は久しぶりです。埼玉から音威子府にもどる予定の福田君や東海大学の城浦君の作品、また在校生のイラストなども見応えがありました。みなさん方の思いが伝わります。ありがとうございました。私は19日におといねっぷ美術工芸高校を訪問予定です。
# by manabinomori | 2017-01-07 14:56 | 展覧会レポート 札幌 | Comments(0)
おといねっぷ美術工芸高校の卒業生グループ展「fun」
b0108779_10363269.jpg
おといねっぷ美術工芸高校の卒業生と在校生のグループ展「fun」の作品展が「Cafe&Bar ROGA」(北区北7条西5)で開催されています!本学科の城浦君も参加しています。私は午後から鑑賞予定です。楽しみです。記事は昨日の北海道新聞朝刊です。
# by manabinomori | 2017-01-07 10:37 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
モノクロ写真は難しい
b0108779_17581719.jpg
b0108779_22013777.jpg
b0108779_22013021.jpg
モノクロはただカラーを変換すれば良いというものではありません。明暗や階調表現はカラーよりも複雑です。色がないということは形や構成についてもシビアになるということです。でも、その緊張感が楽しかったりします。
# by manabinomori | 2017-01-06 18:01 | ボーカリストMEGU | Comments(0)
札幌とはまるで違う
b0108779_11194215.jpg
b0108779_11200285.jpg
b0108779_11200621.jpg
全て昨年ハワイで撮影したものです。ノーレタッチなのにこんな色で撮影されてしまいます。気温はもちろんですが、空気感、色彩感のようなものが札幌とはまるで違います。
# by manabinomori | 2017-01-05 11:21 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
何気ない写真をレタッチによって作品のレベルに
b0108779_20424987.jpg
b0108779_20425165.jpg
写真の制作で最も難しいのがレタッチです。「そんなもの必要ない」という場合はそれでいいのですが、イメージとして作品を仕上げようとする場合は、レタッチは有効な手段になります。この写真(下)の問題点は雑誌です。撮影時には意識していませんでしたが、ここには余計な色や形が存在しています。それをいかにして目立たなくさせるかということが最大のポイントになります。そのため、まず比率を3:2から7:5に変更し、意図的に右側を暗くしてしまいます。このことによって顔に視点を集中させるとともに明暗を強調させます。スクラッチを少し加え、後は求める色調と明度に持って行けばいいのです。このような工夫をすることによって、何気ない写真も作品のレベルにすることができるのです。今回は少し強引すぎたかも知れませんが。
# by manabinomori | 2017-01-02 20:56 | 個展2017 | Comments(0)
トーマス・ルフ展 写真はアートにとっていまだに“新しい”メディア
b0108779_09464401.jpg
昨年観た写真展ではライアン・マッギンレー展が最も刺激的でしたが、次に興味深かったのが東京国立近代美術館で開催された「トーマス・ルフ展」でした。彼は1958年にドイツで生まれました。私と世代が近いこともあり、彼の作品の変遷は私自身の歴史とも重なります。日本では初めての回顧展になりますが、2012年の美術手帳「パラダイムシフトを遂げる写真環境」としてすでに取り上げられていました。
b0108779_09464673.jpg
彼が注目を集めることになったのがこの2メートルにも及ぶポートレイトです。「私が自分の作品を自伝的なものだと言う理由は、制作のきっかけを日常生活のなかにつかんでいるからです」(美術手帳2012年8月号)と言っているように、作品の素材は身の回りにあります。このポートレイトはその代表的なものでしょう。
b0108779_09464995.jpg
まるで抽象絵画を思わせるこれらの作品では、イメージが特定できないほどに拡大したりレタッチしたりしながら、新たな世界を創造している。メディアの進化やデジタル化の中で写真としての可能性を追い求めている。
b0108779_09465183.jpg
「私が作品を通してずっと試みてきたことは、人々の足を少し止めさせて、彼ら自身が何を、どのように見ているのかを考えるための、ひとつのイメージを差し出すことです」とのことです。ここではそれが具現化されています。
b0108779_09465403.jpg
日本の報道写真を使いながら作品にしています。
b0108779_09465789.jpg
「ヌード」シリーズです。インターネットの画像を臆することなく使ってしまうというあたりが面白いし、それが問題になることもない。このあたりの絶妙な感性がどの作品からも感じられます。「すべての人が、写真の影響から逃れることはできない」という彼の言葉は、時代と共に増しているように感じました。確かに「写真はアートにとっていまだに“新しい”メディア」なのです。
# by manabinomori | 2017-01-02 19:47 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)
東京国立近代美術館
b0108779_16341540.jpg
東京国立近代美術館は作品の撮影も可能なオープンな美術館です。海外の貴重な作品も所蔵していて見応えがあります。これはピカソの「ラ・ガループの海水浴場」作品です。晩年のピカソらしいラフなタッチで描かれています。海岸を描いていますが、室内のように思えてしまう空間処理がなされています。右端の女性はジャクリーヌで、中央の人物はピカソ本人と思われます。日記のように描かれた作品であり、それ以上の意味は感じられません。
b0108779_16342099.jpg
こちらはベーコンの作品の一部ですが、画面に緊張感があります。背景の派手な色彩と人物が見事に調和されています。空間や色彩を自在に操りながらまとめているあたりは流石と言うほかありません。
b0108779_16341764.jpg
これらはiPhone7で撮影しましたが、このカメラには限界があります。やはりデジカメが必要であることをこの時やリンゴ・スターの公演で感じました。そこで、RX100Ⅳを購入することにしました。このカメラはコンパクトでシャッター音もありません。今年はより良い写真を撮影することができそうです。
# by manabinomori | 2017-01-02 16:57 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
篠山紀信写真展「快楽の館K」
b0108779_22415807.jpg
原美術館は素敵なミュージアムですが、雨の日に訪問するには厳しいものがあります。昨年の9月24日(土)に訪問した時は、品川駅から歩くのが辛かったことを思い出します。さて、そのHARA MUSEUMのフライヤーには、どこかマグリットの絵画を連想させる写真が掲載されています。独特の雰囲気があり私のお気に入りでもあります。ヌードを掲載したフライヤーと言うことで画面が暗くしてありますが、この程度のヌードでもフライヤーとしては配慮が必要であることを示しています。
b0108779_22420354.jpg
本展で画期的なのは、篠山紀信が原美術館を舞台に30名にものぼるモデルを起用して撮影したということです。撮影した場所にそのまま作品として展示されているのはなんとも不思議な感覚になります。ユニークなのは超広角レンズを多用した巨大な作品になっているということです。今月号のアサヒカメラでその一端を見ることができますが、その歪んだ空間は静止した映画を観ているかのようです。
b0108779_22420158.jpg
会場内は写真撮影が禁止されていますが、外にはこのような遊びがあったりして楽しませてくれます。篠山紀信は毒のない写真家ですが、緻密に企画・撮影された写真には、優れた創造力と技術がつまっています。ある意味では篠山紀信だからできる道楽の写真展のようにも思えますが、だからこそ篠山紀信は偉大なのでしょう。
# by manabinomori | 2017-01-01 22:43 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)
今年もよろしくお願いいたします
b0108779_20330914.jpg
2017年がスタートしました。今年はこれまでのようにただ走るのではなく、ゆっくり歩くことを加えたいと思います。今年は東京での個展の充実を図るために様々なプランを考えています。展示やアピール方法も含めて、これまでにない作品展を計画します。そのためにも作品の世界観をより強固なものにしたいと思っています。よろしくお願いいたします。
# by manabinomori | 2017-01-01 20:45 | 個展2017 | Comments(2)
今年開催した展覧会
b0108779_21260311.jpg
b0108779_21193520.jpg
b0108779_21240692.jpg
b0108779_21194342.jpg
b0108779_21194688.jpg
今年は私にとって大きな展覧会が二つありました。一つは東京の新宿眼科画廊で開催した個展「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」であり、もう一つは札幌の紀伊國屋書店で開催した「ビートルズのデザイン地図展」でした。母の死という思いもがけない出来事に遭遇しましたが、多くの皆様のご支援があって無事終了することができました。感謝するしかありません。また、多くの皆様にご来場いただき心より感謝申し上げます。
# by manabinomori | 2016-12-31 21:20 | 個展2016 | Comments(0)
「ハード・ディズ・ナイト」で撮影した写真の一枚
b0108779_12352229.jpg
今年はビートルズ本の出版や学生によるビートルズパロディジャケットプロジェクトがありました。ビートルズに関わることができて幸せでした。関係者の皆様には心より感謝申し上げます。楽しい1年間でした。画像は「ハード・ディズ・ナイト」の撮影現場の一コマからです。
# by manabinomori | 2016-12-31 12:12 | 著書 ビートルズ | Comments(0)
今年鑑賞した展覧会
b0108779_10332439.jpg
b0108779_10332762.jpg
b0108779_10332992.jpg
b0108779_10333201.jpg
今年鑑賞した展覧会で最も印象に残ったのは国立新美術館で開催された「ダリ展」です。作品の強さに圧倒されてしまいました。人物画の魅力を再認識させられたカラヴァッジョ展も忘れられません。写真展では東京オペラシティ アートギャラリーで開催された「ライアン・マッギンレー BODY LOUD!」です。写真の可能性を示してくれました。札幌では「アグネータ・フロックの世界展」が素敵でした。デザインではギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催された「明日に掛ける橋」が良かった。グラフィックデザインの歴史を学ぶ機会になりました。あ、ストックホルム現代美術館で観た「草間彌生展」も良かったですね。作品を観ることは老化しつつある脳の栄養ドリンクになります。
# by manabinomori | 2016-12-31 10:33 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)