森とともに生きる
b0108779_108631.jpg
 郷土の森づくりと緑化思想の普及を図ることを目的に「音威子府村植樹祭」が5月25日に実施されました。参加者は音威子府小学校、咲来小学校、音威子府中学校の児童生徒と教職員、本校2年生と教職員、そして一般参加者の約130名です。
 村の総面積の86%を占める森林に囲まれて生活している私たちにとって、森はもっとも身近な存在であり大切なものです。四季の彩りはもちろんですが、そこに住む動植物を含め、森が与えてくれるものはかけがえのないものばかりです。
 私たちは、2年生24名と高校のバスに乗り込み、上音威子府の北海道大学演習林内にある現場に向かいました。天候も良く、2年生は楽しそうにバスの中ですごしていました。現地に着くと、村長さんをはじめとして、北海道大学中川研究所、上川北部森づくりセンターのみなさんからお話をいただき、さっそく植樹にチャレンジです。植えるのは赤エゾマツで、強風で倒木した所に新たな命を注ぎ込もうというわけです。3人1組となり、鍬で穴を掘り植えていきます。都会から来ている生徒はうまくできるのだろうかという不安もありましたが、それは無用でした。それぞれがしっかり植えていました。
 「20年後にみんなで見に来れるといいね」と生徒に話しかけると「もう結婚して子どもがいるかも」などとおどけていました。自分たちが植えた木の生長した姿を見たいという気持ちはみな一緒だと思います。
 植樹が終わると、笹の子を一生懸命取っている生徒がいました。その中の一人が「ずっとみんなでこの高校にいたい」と言っていたので、「なぜ?」と聞いてみました。すると「自分のことを分かってくれる友達がいるから」と照れながらこたえました。まわりから冷やかされてはいましたが、もしも今までがそうでなかったとしたら、本校に入学してとても良かったと思います。ここには、村も含め家族のような温かさがあります。この高校で自分の存在意義を発見することができたとしたら、それは人生の中でも大きな意味を持つことになるでしよう。
 その後、私たちは何人かの生徒がボランティアをしている「エコミュージアムおさしま」に寄ってビッキの作品を鑑賞しました。さらにその周りを散策して高校にもどりました。まさにおといねっぷ美術工芸高校ならではの特色ある一日です。

 札幌から音威子府に移り住んで感じたことは、時間がゆっくり流れているということです。ここには、街のざわめきも、巷の喧噪も、バイクの騒音も、忙しい地下鉄も、競い合う学習塾も、大好きなマクドナルドのシェイクさえありません。あるのは鳥のさえずりや時々通る列車の音などです。それを聴きながら、森のリズムにまかせてゆったりと生活するのです。
 札幌では常に時間に追われ、人間本来のリズムや感覚を忘れていましたが、音威子府では、空気の変化にさえ敏感になります。それは生徒にとっても同じことだと思います。地下鉄やバスにゆられて通学する必要もなく、遠くへ出かけなくてもすぐそこに友達や先生がいます。ここには必要なものがいつも目の前にあります。なにより、自分をゆっくりみつめ直す貴重な時間があるのです。
(平成18年5月31日号より)
# by manabinomori | 2006-05-31 10:02
6SENSE旭川展(おといねっぷ美術工芸高等学校教職員作品展)
                        <出品者>
                        谷   秀樹
                        野村 幸伸
                        河野 昌一
                        前田 健浩
                        柴田 題寛
                        手塚 昌広
b0108779_9201096.jpg

b0108779_955159.jpg


b0108779_97401.jpg

b0108779_963790.jpg

b0108779_95645.jpg

b0108779_971036.jpg

b0108779_985153.jpg

b0108779_981960.jpg

                     Sony DSC-R1 にて撮影
# by manabinomori | 2006-05-30 09:09 | おと高&音威子府村
音威子府から美の発信
b0108779_8565335.jpg

b0108779_8572247.jpg
 昔のことではありますが、高校の美術教師の中には準備室にキャンバスを持ち込み、せっせと自分の作品ばかり描いている人がいました。授業はするけど学年や分掌等の仕事はまったくせず、職員室に顔も見せません。確かに彼は有能な画家だったかも知れませんが、教育者としては失格です。学校の仕事は組織で動いているわけで、自分勝手な行動は許されません。まして勤務時間に絵ばかり描いていれば、他教科の教師からの信頼は得られないでしょう。こういう人がいたために、美術教師は仕事ができない、変わった人が多いといわれたことがありました。
 時代の流れの中で、美術教師は芸術家であるよりも教師であることが強く求められるようになります。しかもしだいに仕事が忙しくなり、いつのまにか美術教師は芸術家であることをやめてしまいました。もちろん中には団体展に出品したり個展を開催している人もいますが、その数は以前とは比較になりません。こうして美術教師に芸術家としのパワーがなくなり、そこから個性が消えていったのです。ところが不思議なことに、そういう時代になると、逆に芸術やスポーツの分野で一芸に秀でた人を教師にしようと教員採用試験に特別枠が設置されるから不思議です。昨年は著名な実績をあげた書道家が採用されたはずです。
 こうした中で、本校の工芸科教師6名が積極的に作品を発表しました。生徒や保護者の視点に立てば、自分たちの先生がアーティストとしても活躍していることは魅力的です。また芸術科の教師である以上、作品を制作したり発表することは自己の研修にもなり、その経験は授業や部活動に生かされ、生徒にとっても大きな刺激になるはずです。本校のよう学校であればなおさらです。一点の作品によって、生徒や保護者の意識が変わることは十分考えられます。
 文化庁は平成18年度予算で「世界を魅了する存在感のある日本を実現するため、地域文化の振興や日本文化の海外発信及びこれを担うこどもの文化芸術体験を充実させ、文化力の向上を図る」文化芸術立国プロジェクトを立ち上げました。本校に勤務していた工芸科の教師は、これまでも村のアーティストとして様々な活動をして来ましたが、これからはより地域文化を活性化させるアーティストとしての役割も期待されるのではないかと思います。
 さて、5月2日から6日間、旭川市「デザインギャラリー」において開催された「おといねっぷ美術工芸高校教職員作品展/6SENSE」ですが、もともとは教職員の技術向上と学校のPRをかねて天塩川温泉と道の駅で開催していたものです。倉庫を改装したお洒落なギャラリーに、木工芸、油彩画、日本画など、幅広いジャンルの作品約70点を展示しました。保護者の方も熱心に鑑賞していましたが、私はその質の高さと意欲に心から感動しました。
(平成18年5月22日号より)
# by manabinomori | 2006-05-30 08:58 | おと高&音威子府村
もうひとつのミュージアム
b0108779_8532860.jpg
 先日、観光客が5・6人で本校を訪れました。その日は休日で、寮の方では新入生歓迎会が行われていました。教職員はみなそちらに行っていて、たまたま私と教頭が校務の打合せをするため本校にもどったところでした。「何か用事ですか?」と聞いてみると、「先ほどエコミュージアムおさしまを訪れたのですが、もし高校に車が止まっていれば誰かいますので、そこの作品も鑑賞できますよ」と言われ来てみましたとのことでした。突然の来校に私たちはとまどいましたが、美術館で作品を見るように高校を訪れていただけるというのはこれまでにない体験でした。
 大阪からこられたというその人達は、多目的ホールにある作品や制作中のカヌーなどを熱心に鑑賞し「高校生が3年間でこんな立派な作品を作れるなんて素晴らしいですね」と言って帰られました。このような大きな展示施設を持っている高校はそうはあるものではありません。本校は高校でありながら地域の文化センターとしての役割を担っているのだということをあらためて認識させられた出来事でした。

 さて、どこの学校でも玄関とホールはその学校の顔であり、教育の始まりと終わりを意識させる大切な場所です。以前勤務した高校の中には、校舎がとても古く玄関や廊下が暗いところがありました。もちろんホールと呼べるようなスペースはまったくなく、巡回しているとこちらの心まで暗くなってしまうような校舎でした。そういう高校を経験すると、いかに本校が恵まれているかがわかります。玄関と1階多目的ホールは明るく、吹き抜けがあり開放感に満ちていますし、2階ホールから1階ホールへの眺めは最高です。
 荒れ気味の高校に勤務していたときのことです。そこでは毎日のように問題行動が発生し対応におわれていました。ところが新校舎が完成し、明るく開放的な校舎に移ると、あっという間に落ち着いた高校になってしまいました。これには驚きました。もしかすると私たちが考えている以上に、校舎は生徒の精神面に大きな影響を与えているのかも知れません。
 サッポロファクトリーという商業施設がありますが、もしそこにアトリウムがなかったらどうでしょうか。きっとつまらない建物になっていたと思います。巨大な空間があることによって、私たちはそこがサッポロファクトリーであることを認識し、来たことの喜びを感じ取ることができるのです。あの広さが心を豊かにしてくれるのです。空間は人間の心理に大きな影響を与えます。例えば、狭い空間に数日閉じこめらただけで、私たちは精神的に強いダメージを受けます。
 10年ぐらい前になりますが、本校に勤務していた松井茂樹先生の案内で、私は一度だけ本校を訪れたことがありました。その時の印象は強烈でした。ホールの広さと床を埋め尽くす作品に圧倒され、ここは本当に高校なんだろうかと自問自答したぐらいです。
 各階のホールや廊下に生徒の作品を展示し、いつでも鑑賞できることは、生徒にとって幸せなことであり、刺激的なことでもあります。ときどきそれらの作品を参考にするため、スケッチブックやメジャーを持って現れる生徒もいます。彼らにとっては、それらが目標であり、教科書でもあるのです。
 フランスのオルセー美術館には学生が毎日のように訪れ、絵を研究したりスケッチブックに模写したりしています。まさにそれと同じです。(平成18年5月22日号より)
# by manabinomori | 2006-05-30 08:54 | おと高 学校経営
音威子府について
b0108779_17555676.jpg
1 歴史は咲来から始まった
 『村史』を読んで驚いたことは、村の歴史が音威子府からではなく、咲来の入植から始まったということです。しかも前身である常盤村時代の役場は咲来にあったというのも意外な事実でした。「さっくる」とはアイヌ語で「夏の道」を意味するとのことで、実に響きが良く美しい地名です。あて字のセンスの良さも含めて、私には日本一の地名に感じられます。「夏の道(サク.・ル)」があるのなら「冬の道(マタ・ル)」もあるはずだと、昭和52年に本校の地名調査部(顧問は高橋基)がアイヌ語地名調査を実施し、それを確認したというのも嬉しいことです。今年は咲来小学校の開校百周年にあたりますが、あらためて歴史の重みを感じさせてくれます。
2 豪雪地帯だった
 本校教師として昭和40年から5年間在籍し、芥川賞候補にもなった吉原達男が書いた小説に「雪埋ずむ」があります。その題名に象徴されるように本村はまれにみる豪雪地帯です。国鉄時代には、音威子府駅構内の除雪のために常時50~60人の人夫が雇用され、大雪や吹雪で線路が不通になったときは300人以上も動員され、「雪が降ると米が降ってきた」と喜んだそうです。こんな豪雪地帯とは、誰も教えてくれませんでした。どうやら村の歴史は雪とともにあったようです。
3 村長が本校で教えていた
 昭和39年から約8年間、現村長の千見寺正幸さんが、本校の実習助手として教壇に立たれていたというのも驚きでした。特に自動車の授業については村長さんが担当され、授業だけでは間に合わず、朝と夜まで指導にあたられたそうです。教育に対する意欲と情熱がなければできないことです。そのことは、生徒の作品完成のために遅くまで指導する今の本校にも受け継がれているような気がします。
4 温泉がある
 常磐鉱泉(天塩川温泉)は、もともとは飲用薬として発売されていたようです。それが湧き水付近に小屋を建て浴用として経営され、しばらくして村が権利を買い取り現在の保養センターになったとのことです。適応症の一つとして、浴用がヒステリー及び神経衰弱というのが凄い。すでに何度が利用させいただきましたが、村に温泉があるというのは良いことです。定期バスが出ているのもありがたい。もしこれが札幌にあれば連日超満員になることは間違いない。きれいな施設なので、もっと道民にアピールしてもよいのではないかと思ったりします。
5 ビッキが愛した村
 もう昔のことなので、はっきりと記憶しているわけではありませんが、私は一度だけビッキに会ったことがあります。その日はたまたま街に出ていて、いつものように絵を見るため札幌の大同ギャラリーに入りました。会場では林弘堯(道展)さんとビッキによる2人展が開催されており、2人の作品がお互いに強く主張し合い独特の空間をつりあげていました。鑑賞して帰ろうとすると、林さんとビッキが現れ3人で飲みに行くことになりました。林さんとは親しかったのですが、ビッキとは初対面なので少し緊張していました。話が進み酒が入るにつれ、どうしたことかビッキの様子が一変しました。きっと彼を知っている人にしてみればいつものことかも知れませんが、私には耐えらない状態になりました。店を出て一緒に飲んだことを後悔しました。それが最初で最後の出会いです。
 そして今、私はビッキが愛した音威子府にいます。校長室にはビッキの画集が何冊か置かれていて、時々鑑賞しています。特に彼の素描集「北の女」は興味深く何度も見ました。そこからはビッキらしい大胆さと、ぎこちなさ、そして思わぬ繊細さに触れることができます。まるでイゴン・シーレの素描から肉を剥ぎ取ったようでもあります。女性を愛し続けたビッキらしい作品集とも言えるでしょう。
 ここには、あの日には決して見ることができなかったビッキがいます。
 (平成18年4月28日号より)
# by manabinomori | 2006-05-29 17:57 | おと高&音威子府村
学びの森から創造と感動を
b0108779_7224999.jpg
 新年度がスタートして1ヶ月が過ぎました。この間、始業式、入寮式、入学式、PTA体文総会、対面式、新入生オリエンテーション、見学旅行…と、様々な行事がありました。新入生は学校にも慣れ、授業や部活動に明るく取り組んでいますし、2・3年生は上級生らしい頑張りを見せています。見学旅行については予定していた目的を終え全員元気に帰ることができました。これもひとえに保護者や村民の皆さんのお力添えがあってのことです。心から感謝申し上げます。 
 さて、このたび校長室だより「学びの森」を発行することにいたしました。本校ではこれまでも学校だよりを年数回発行し、学校情報の提供に努めてまいりましたが、さらに学校理解を図るために、別の視点から生徒の状況や教育活動についてお知らせし、村の文化にも寄与できればと考えています。
 本校は道内で唯一の工芸科設置校です。そこには「森と匠の村」という音威子府の特色を生かしながら、村の文化を全道へ発信して行こうとするねらいが感じられます。つまり本校には、高等学校という教育機関としての役割と、村の文化を活性化させるという2つの役割が求められているように思います。
 幸いなことに、村民のみなさんの多大なるご支援もあり、工芸部や美術部は高文連全国大会の常連校として有名になりました。全国大会の出場回数はおそらく全道一だと思います。一方ではクロスカントリースキー部の全国2連覇という偉業もありました。
 これらの伝統を踏まえながら、さらに本校が発展できることを願って、ささやかではありますが「学びの森」の発行を考えました。「学びの森」というタイトルは「音威子府(森)にある学校(学び)」という意味ですが、もっと言えば「人と自然とのかかわり(森)の中からこそ真の教育(学び)が生まれる」という意味でもあります。「音威子府にある学びの森には創造と感動がいっぱいだ!」と言われるように頑張って行きたいと思っています。
 本校には全道・全国各地から生徒が集まってきています。生徒一人ひとりの顔が違うように、それぞれの本校に対する思いも違います。親や友達から離れる不安とともに、一方ではそれぞれが夢と希望を持って入学式に臨んだはずです。そのことを大切にしてあげたいと思います。
 本人は気づいてないかも知れませんが、生徒一人ひとりには素晴らしい能力が隠されています。それを見つけ、誉めて、伸ばし、自信を与えてやるのが私たちの仕事です。生徒はいつも自分を認めて欲しいという欲求を持っています。それは人間である限り誰もが持つ欲求かも知れません。そのことを理解し、一人ひとりの個性を伸ばしてあげたいと思っています。大きな学校ではできないことも本校では可能であり、教職員が一丸となってきめ細かく指導できます。
 寮の指導は大変ですが、ここでの指導は重要です。教職員全員でシフト体制を組み、泊まりがけで指導にあたっています。それを支えているのが、成田和夫寮監をはじめとするチセネシリ寮スタッフの熱心な指導です。これが本校の教育を支えています。学校内で解決できない問題も、ここでは時間をかけて解決することができます。村の方から「高校生は元気に挨拶ができて立派だね」とお褒めの言葉をいただきましたが、これは寮による熱心な指導の成果でもあります。
 本校の教職員は若くベテランがほとんどいません。しかし、どこの学校にも負けないぐらい生き生きしています。何よりそれぞれが個性的で、優れた能力を持っています。美術工芸の教師は実習助手を含めて6人もいます。これは生徒にとって大変幸せなことです。その6人によるグループ展「6センス」が5月上旬に旭川市のデザインギャラリーで開催されます。作品のほとんどは天塩川温泉や道の駅で発表したものですが、その質の高さとエネルギーは他では考えられないものです。全国的にも例がないこうした取り組みができることこそが、本校の良さでもあります。(平成18年4月28日号より)
# by manabinomori | 2006-05-29 15:02 | おと高 学校経営
校長室だより「学びの森」(おといねっぷ美術工芸高校)
学びの森第36号(平成21年03月24日) 夢を語れる学校づくりの成果と課題
学びの森第35号(平成20年12月22日) 姉妹校提携、美術部、工芸部等の活躍
学びの森第34号(平成20年10月03日) デザインスクール、前期教育活動
学びの森第33号(平成20年07月28日) 国際理解教育スウェーデン派遣事業報告
学びの森第32号(平成20年05月13日) 国際理解教育スウェーデン派遣事業
学びの森第31号(平成20年04月24日) 平成20年度学校経営方針
学びの森第30号(平成20年03月24日) 美術工芸賞、暮らしの中の木の椅子展
学びの森第29号(平成20年02月29日) 三送会、東海大学、道展U21
学びの森第28号(平成20年02月20日) 平成19年度学校経営評価
学びの森第27号(平成19年12月29日) 美術工芸教育実践研究発表会、留学生
学びの森第26号(平成19年12月21日) 清武昌、学生美術展、高文連
学びの森第25号(平成19年10月05日) 学校祭、文科省村上調査官 
学びの森第24号(平成19年06月22日) 銀河鉄道づくり、河上館長講演
学びの森第23号(平成19年05月31日) 高大連携事業協定調印式、植樹祭
学びの森第22号(平成19年04月27日) 入学式、見学旅行
学びの森第21号(平成19年03月23日) 保護者アンケート、美術工芸賞作品
学びの森第20号(平成19年03月09日) 高大連携、上川管内教育実践表彰
学びの森第19号(平成19年02月22日) 平成18年度学校経営評価、高大連携授業
学びの森第18号(平成19年02月14日) 3年生を送る会~今夜の涙は忘れない~
学びの森第17号(平成19年01月30日) クロカン部全道4連覇、スキー授業
学びの森第16号(平成19年01月15日) ジュニア世界選手権出場、新年のスタート
学びの森第15号(平成18年12月22日) 工芸科教員、一日体験、公開授業
学びの森第14号(平成18年12月11日) 第1回学校評議員会議、デスノート
学びの森第13号(平成18年11月14日) 夢をあきらめない、自然との共存、ジョン・レノン
学びの森第12号(平成18年10月28日) 体験入学特集 本校を選ぶ理由
学びの森第11号(平成18年10月18日)  工芸作品が全国大会へ、いじめ
学びの森第10号(平成18年10月17日) パウル・クレー、高文連美術展・学生美術展
学びの森第09号(平成18年10月16日) 後期の学校経営に向けて、開かれた学校として
学びの森第08号(平成18年09月27日) クリーンおといねっぷ、炊事遠足、教育は人なり
学びの森第07号(平成18年09月05日) デイヴィッド・ナッシュ、高文連結果、のだめ
学びの森第06号(平成18年08月25日) 木の手づくり展、感動こそが人を成長させる
学びの森第05号(平成18年07月24日) 学校祭、ビッキ美術館、村民運動会
学びの森第04号(平成18年06月21日) 宿泊研修、森の案内人、北山たけし
学びの森第03号(平成18年05月31日) 森とともに生きる、バドミントン部、校内の1点
学びの森第02号(平成18年05月22日) もうひとつのミュージアム、美の発信
学びの森第01号(平成18年04月28日) 学びの森から創造と感動を、音威子府村
# by manabinomori | 2006-05-01 14:54 | おと高 学びの森