タグ:吉村卓也 ( 17 ) タグの人気記事
観光とデザイン
b0108779_20423042.jpg
吉村先生の「観光とデザイン」の授業作品です。課題は「自治体、地域の観光ロゴおよびキャッチコピー(タグライン)」の提案」です。「あきたはうそつき!」などのハッとさせられるコピーがあったりします。さすがに3年生ともなると、こだわりがあり、完成度も高く、見応えがあります。
by manabinomori | 2015-01-22 20:43 | デザイン文化学科 | Comments(0)
『SAN』2014年秋号
b0108779_14255549.jpg
南札幌エリアのフリーペーパー『SAN(South Area Network)』2014年秋号が発行されました。これは吉村卓也先生の研究室で発行している学生の取材・編集による地域フリーペーパーです。今号からはデザイン文化学科の学生が増えたことにより、紙面が一新されました。「アート」と「札幌軟石」を前面に出した本号は、デザイン力が加わったより魅力的な紙面になっています。表紙の「キャンドルナイト」からして素敵です。

b0108779_14255798.jpg
2面には南区のアーティストが紹介されています。「陶芸」の中村裕さん、「ガラス」の上杉高雅さん、「鉄」の浅井憲一さん、「木工」の若林克友さんと、私たちにとっては馴染みのある作家ばかりですが、学生が工房を訪ね取材しているところがいいのです。

b0108779_14260062.jpg
特に印象に残ったのが6面です。「花を贈るとき」「もう一度咲かせよう」ということで、自分たちで制作したフラワーコラージュが紙面を飾っています。構成がとても美しく、そして楽しい。ビジュアルの魅力が増した『SAN』は、きっと地域でも話題になっていることでしょう。ご希望の方は東海大学札幌キャンパス12階の企画調整課を訪問してください。
by manabinomori | 2014-10-09 14:27 | 札幌キャンパス | Comments(0)
写真のレベルが格段に向上
b0108779_23122221.jpg
b0108779_23122718.jpg
b0108779_23123055.jpg
b0108779_23123313.jpg
b0108779_23123762.jpg
今日は吉村先生にお願いして、2年次生の「映像メディア」の授業を見学させていただきました。嬉しかったのは写真のレベルが格段に向上していたことです。1枚目と2枚目のテーマ写真をみていただくと分かりますが、授業スタート時のレベルとは雲泥の差があります。カメラの技術的な理解はもちろんですが、構図、色彩、明暗などを意識して表現できるようになりました。これからのデザインに応用できる力を得たという感じです。楽しい授業でした。ありがとうございます。
by manabinomori | 2014-07-10 23:13 | デ文 メディアデザイン | Comments(0)
心地よい緊張感
b0108779_16275711.jpg
b0108779_16275998.jpg
b0108779_16280103.jpg
b0108779_16280401.jpg
b0108779_16280662.jpg
「映像メディア」の授業は楽しい。吉村先生の講評は学生の撮影姿勢を理解しながら、様々な視点から解説していきます。それを聞いているだけで「写真力」というようなものが身につきます。また、この1年間デザインを学んできた2年生が、どのような写真を撮るのだろうというのも興味深い。この授業のためにカメラを購入した人もいて意識の高さも感じられます。授業に心地よい緊張感があります。
by manabinomori | 2014-05-08 16:28 | メディアデザイン | Comments(0)
チラシ制作⑧「誰かが」
b0108779_06493449.png
b0108779_06494080.png
佳菜子さんの作品「誰かが」は、映画の宣伝としてすでに学内に掲示されています。自ら監督した映画のチラシだけに思い入れが伝わってきます。赤い手紙やiPhoneを入れることによってそのイメージを強調しています。「Somebody」を重ねたのも効果的でした。ぜひ多くの皆さんに観ていただきたい映画です。
by manabinomori | 2014-05-05 06:55 | グラフィックデザイン | Comments(0)
3月マンスリーショート
b0108779_16105533.png
インタークロス・クリエイティブ・センターで開催されている「マンスリーショート」(今年度最後)にて、吉村先生(監督)の『Dedicated to Ski』が上映されます。これは札幌国際短編映画祭の2013年観光庁長官賞受賞作品です。また、島田英二監督の『零下15度の手紙』(2011年観光庁長官賞受賞作品)、カヴーリョ・カルロス・ドゥ、オーデ・ダンセット監督の『夏と冬の間に』(2013年札幌市平和賞受賞作品)なども上映されます。日時は3月14日(金)18時30分からで、入場は無料です。多くの皆様に鑑賞していただければ幸いです。
(画像は「札幌国際短編映画祭」のサイトより)
by manabinomori | 2014-03-11 16:03 | 映画 | Comments(0)
東海大学映像展「明日へのメッセージ」
b0108779_2182456.jpg
東海大学映像展「明日へのメッセージ」のチラシが完成しました。内容は以下のとおりです。ぜひお越し下さい!

東海大学映像展「明日へのメッセージ」

東海大学国際文化学部デザイン文化学科は札幌に誕生した新しい学科です。
メディアアート都市を標榜する札幌でその文化を高める活動をスタートさせました。
学生と教員による映像コラボレーションをお楽しみ下さい。

日時:11月22日(金)午後6時スタート
場所:GALLERY SOU(ギャラリー創) 中央南9条6丁目1-36
入場:無料

<学生>
山本 絵理「Look for the hands of clock」(アニメーション)
土田 菜月「ボイル」(ストップモーション)
藤堂早紀子「white in the white」(アニメーション)
西村佳菜子「無題」(動画)
赤坂 文音「デザイン文化学科ってどんなところ?」(動画)
<教員>
石塚 耕一「ガラスのピラミッド」(ビデオアート)
吉村 卓也「Dedicated to Ski」 (ドキュメンタリー)
      札幌国際短編映画祭 2013 観光庁長官賞受賞作品
      「Painting buddhist Saints」(ドキュメンタリー)
      札幌国際短編映画祭2013 北海道セレクション作品

※東海大学映像展「明日へのメッセージ」実行委員会 love@jaspernoise.com
by manabinomori | 2013-11-13 22:24 | デザイン文化学科 | Comments(0)
「SAN」2013年秋号
b0108779_1317578.jpg
紹介が遅くなってしまいましたが、「SAN」2013年秋号が完成しました。本誌は東海大学の地域連携研究グループ(国際文化学部吉村研究室)の学生たちの取材・編集により実験的に発行されている地域フリーペーパーです。この時代にこれだけの質と内容を誇るフリーペーパーの発行は他にはないと思います。
b0108779_1315568.jpg
印象に残る記事はたくさんありますが、特に「札幌から『地ワイン』を」は写真の効果もあって心に残ります。札幌ワインが全国に普及するチャンスは間違いなくあると思います。亀和さんの活躍に期待したいですね。画像をクリックすると大きくご覧いただけます。
b0108779_1315769.jpg
おといねっぷ美術工芸高校を卒業後、東海大学芸術工学部くらしデザイン学科で学び、IFDAで入選した経験を持つ澤口将達さん(芸術の森木工房専門員)が紹介されています。ところで、「文・写真」のクレジットを見てビックリしました。これは、絵梨さんが取材したのですね! (画像をクリックすると大きくご覧いただけます)
by manabinomori | 2013-10-31 13:15 | 札幌キャンパス | Comments(0)
吉村先生の作品が「観光庁長官賞」を受賞!
b0108779_221460.jpg
ビッグニュースです。吉村卓也先生が、札幌国際短編映画祭2013で「観光庁長官賞」を受賞しました。受賞作品は『Dedicated to Ski』で、92歳にして現在もスキーに情熱を燃やし、後輩の指導を続けている Suehiro Sekito さんの物語です。この作品を見ると、私などはまだ若造で、これからが人生の本番であると思ってしまうぐらいです。昭和18年に満州の国境で撮影したスキー部隊の写真や戦後国体に出たときの写真が印象に残り、後半の映像をより鮮明にさせます。音楽の選曲や挿入も効果的です。このようなドキュメンタリーこそテレビで放送されるべきだと思いました。おめでとうございます!
by manabinomori | 2013-09-18 22:01 | 札幌キャンパス | Comments(0)
札幌国際短編映画祭
b0108779_22482964.jpg
今日のコンテストに参加すると、札幌市職員から「札幌国際短編映画祭」の冊子をいただきました。もう始まっていたのですね、すっかり忘れていました。明日からは三重県に出張ですので、残念ながら観ることができません。
b0108779_2248321.jpg
冊子の29ページには、世界に羽ばたく作家達!「北海道セレクションB」として、本学の吉村先生の『仏画師』が紹介されています。これって、とても凄いことです。こんな先生から学べる東海大学の学生は幸せです。
by manabinomori | 2013-09-14 22:51 | 札幌の文化と自然 | Comments(0)