タグ:松田奈那子 ( 17 ) タグの人気記事
リサ・ラーソン展
b0108779_20130060.jpg
b0108779_20252830.jpg
札幌三越で開催されている「リサ・ラーソン展」に行ってきました。スウェーデン・ヘルリンダに生まれたリサは、動物や子供達をテーマにユーモアと愛に満ちた作品を作り続けています。私は「猫のマイキー」が大好きで、思わずグッズを買ってしまいました。作品展も楽しかったのですが、それ以上にグッズコーナーが楽しめました。彼女の作品には心を豊かにしてくれる美しさや楽しさがあるのです。そして、たまたま買った「月刊モエ」を開くと、そこに松田奈那子さんが紹介されているではありませんか!嬉しかったですね。
by manabinomori | 2015-09-19 20:25 | 展覧会レポート 札幌 | Comments(0)
表紙だけで買う価値がある
b0108779_11095958.jpg
b0108779_11100110.jpg
最近のイラストレーションで特に気に入ってるのは、光村図書「飛ぶ教室」39号の表紙に採用された松田奈那子さんの作品です。いまや奈那子さんは、絵本作家として活躍されていますが、ここにはそれらの作品とはまた違う魅力があります。ここからは、奈那子さんが札幌で活躍されていた時代から一貫して連なる感性のようなものを感じます。絵本はある意味で原作者とのコラボレーションであり、原作を担当しない限りは、そこになんらかの制約があるものです。それは良くもあり悪くもあります。しかし、このような表紙の仕事になると、自分らしさを前面に押し出すことが出来ます。その自由さがこの作品をより魅力的にしているように思います。制作の過程で生まれるテクスチャーと色彩の変化に魅了されるとともに、一本の線や面から生まれる形や色彩のハーモニーが美しい。それでいて、ここにいる女の子が笑顔というわけではありません。そこが奈那子さんらしいところであり、この作品を特別なものにしているのです。表紙だけでも買う価値のある雑誌です。
by manabinomori | 2015-03-20 11:09 | 解説 アーティスト全般 | Comments(0)
松田奈那子個展「うたう うたう うたう」
b0108779_10372630.jpg
松田奈那子さんの個展「うたう うたう うたう」が、東京都新宿区荒木町22-38の「coffee&gallery ゑいじう」で、3月31日から4月11日まで開催されます。シンガーソングライターの紺エリコさんの演奏に合わせたライブペイントも予定されているといいますから楽しみです。また、4月発売の絵本『うたのすきなねこ ララとルル』の出版に合わせて、読み聞かせワークショップを開催するそうです。上のイラストは、12月に発売された紺エリコさんのミニアルバム『さえずりが、窓をつたう日』のジャケットに使われています。活動の幅が広がっていますね。昨年発売された光村図書の雑誌「飛ぶ教室」第39号の表紙も素敵でした。残念ながら私は行くことはできませんが、お近くの方はぜひご来場いただければ幸いです。絵が本来持っている「楽しさ」や「美しさ」を体験することができることでしょう。
by manabinomori | 2015-03-18 10:37 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)
今年行きたかった作品展
b0108779_19174452.jpg
今年も様々な展覧会がありました。残念ながら東京までは足を運べませんでしたが、松田奈那子作品展「garden」は最も興味深い作品展でした。DMには庭をモチーフに創作された素敵な世界が繰り広げられています。これを見ているだけで夢が広がります。奈那子さんは絵本作家としての地位も着実に固められています。これからの活躍がとても楽しみです。来年こそは見に行きたい。
by manabinomori | 2014-12-28 19:19 | 石塚耕一研究室 | Comments(0)
ちょうちょ
b0108779_21215228.jpg
b0108779_2121533.jpg
b0108779_21215585.jpg
b0108779_2122693.jpg
b0108779_2122885.jpg
b0108779_21221058.jpg
b0108779_21221969.jpg
b0108779_21222273.jpg
b0108779_21222437.jpg
b0108779_21223552.jpg
報告が遅れてしまいましたが、松田奈那子さんの絵本『ちょうちょ』出版記念作品展に行ってきました。東京の田端は都会のオアシスのような所で、そこにある「ちょこっとカフェギャラリーmaruchan」でそれは開催されていました。とても雰囲気の良いところで、絵本に使われた作品などが楽しく展示されていました。生き生きとした形と色彩が音楽のように飛び出してくるという感じです。絵本にはサインを入れていただきました。いつお会いしても素敵な人です。興味のある方はぜひご覧ください。私の研究室にもあります。これからの活躍が楽しみでなりません。ありがとうございました。
by manabinomori | 2013-10-04 21:23 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)
広き世界 扉開こう
b0108779_22352061.jpg
昨夜、東京からもどると素敵な新聞記事が待っていました。それは9月21日の北海道新聞夕刊に掲載された「広き世界 扉開こう/江別出身・松田さん絵本出版」です。このことは先日のブログでも紹介させていただきました。ここでは、作家・江國香織さんが文章を担当することになったいきさつを知ることができます。奈那子さんは江國さんのファンだったのですね。直木賞作家の江國さんと一緒に絵本を作るという「想像も出来なかった」ことが実現されたのです。おめでとうございます。奈那子さんとは、昨年開催した私と寺下さんの写真展でお会いしました。たまたまジャズピアニストの木原健太郎さんもいらっしゃって楽しいひとときを過ごすことが出来ました。次の土日は、出張で湘南に行きますので、東京で開催している絵本「ちょうちょ」出版記念作品展を見させていただく予定になっています。そして木原健太郎さんともお会いします!とても楽しみです。
by manabinomori | 2013-09-22 21:53 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)
絵本『ちょうちょ』出版記念作品展
b0108779_1336312.jpg
松田奈那子さんが絵を担当した『ちょうちょ』(文は江國香織さん)が、9月20日に白泉社より出版されます。北海道からアーティストが誕生していくことはとても嬉しいことです。奈那子さんならではの繊細で個性豊かな絵本になっているのではないかなと思います。出版に合わせて作品展が以下のとおり開催されます。私も鑑賞させていただこうと思っています。おめでとうございました。

会期/9月15日(日)〜9月29日(日)
場所/ちょこっとカフェギャラリーmaruchan
   (東京都北区田端4-3-3 マルイケハウス203)
by manabinomori | 2013-09-13 13:37 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)
すきまの風景 Crack
b0108779_1552697.jpg
紹介が遅れてしまいましたが、「松田奈那子 絵画展 / すきまの風景 Crack」が東京文京区のGALLERY“VIGLOWA”で開催されています。素敵な作品ですね。観たいですね。5月6日までです。お近くの皆様はご覧になっていただけると幸いです。
by manabinomori | 2012-04-29 15:58 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)
NANAKO MATSUDA SOLO EXIBITION
b0108779_1434394.jpg
NANAKO MATSUDA SOLO EXIBITION「ENERGY」
2012 2/6(MON)-2/11(SAT) 11:00-19:00
COFEE&GALLERY ゑいじう / 新宿区荒木町22-38

松田奈那子さんの個展が新宿で開催されます。作品がより個性的になっていっているように思います。その形と色彩が生み出す微妙な変化に惹かれます。楽しみですね。上はDMに掲載されている「running」という作品です。東京近郊にお住まいの方は、ご覧になっていただければ幸いです。

b0108779_1442574.jpg
こちらは以前紹介させていただいた「翻訳詩とエッセイ Aurora」の最新号(16号)です。表紙絵は奈々子さんの「木々」という作品です。東京に行かれてから北海道を意識させる作品が増えたような気がします。これまた素敵な作品ですね。
by manabinomori | 2012-01-03 14:05 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)
松田奈那子個展-殻の温度
b0108779_13384939.jpg
札幌の自宅には松田奈那子さんのDMが届いていました。
「あー、1週間早い!」
奈那子さんの東京での初個展は2/15-26の予定です。私が東京で教育シンポジウムに参加するのは3月5日(土)です。1週間の差で観ることができません。残念です。ところで、このDMに印刷された作品には驚きました。札幌で行われた個展からは大きく変貌しています。興味深いですね。奈那子さんのことは、フランスでも少しばかり宣伝してきました。大きく羽ばたいて欲しいですね。なお、東京の会場は「千住藝術村ギャラリー」(足立区千住緑町)になります。首都圏でこのブログをご覧になっている皆様、ぜひ訪問してください。
by manabinomori | 2011-02-12 20:35 | 展覧会レポート 東京 | Comments(0)