見学旅行のしおり
“見学旅行のしおり”の原稿を頼まれました。そこで、「有意義な見学旅行に」というテーマで書いてみました。
b0108779_18262089.jpg
見学旅行は高校生活において最も印象に残る行事の一つです。それは、教室の授業では得られない様々な体験をすることができるからです。特に各地域の歴史と文化に触れることは、日本という国を再認識するよい機会となるでしょう。また、集団生活や自主研修等を通して、自分自身を知ることができます。友人の良さも発見をすることができるでしょう。

一番の願いは、見学地への興味・関心を高め積極的に行動して欲しいということです。「文化を知ろう」「コミュニケーションを図ろう」という意識が高ければ高いほど、質の高い研修になります。地域によって言葉や味覚も大きく違います。それらのことを実際に体験し、松前の文化と比較できれば幸いです。

また、見学旅行は集団生活です。お互いの気持ちを尊重できる行動が求められます。中には不安を持って参加する生徒もいます。気持ちよく過ごすためには、思いやりの心を忘れないことが大切です。それがあって初めて楽しい旅行になります。

私たちが住んでいる松前町は、実は日本各地とつながっています。その広さと深さを知ることができれば成功でしょう。近代的な風景にだけ目を奪われるのではなく、そこにある歴史や文化をしっかり見つめ、有意義な旅行になることを願っています。
(校長 石塚耕一)
by manabinomori | 2009-09-30 18:26 | 松前高
<< 鉄人28号 書道作品を展示 >>