松前線
b0108779_18462017.jpg
<画像をクリックすると大きくご覧になれます>
ウィキペディア(Wikipedia)によると、松前線は1942年(昭和17年)に福山線として吉岡まで開業し、1953年(昭和28年)に松前(福山)まで全通し松前線に改称されたとあります。マンガン鉱採掘のため大島まで延長する工事も進んでいたようですが、戦後放棄されました。

松前線は、1988年(昭和62年)に廃止されましたが、輸送量の多い五稜郭 - 木古内間が江差線に含まれたため、松前線より輸送量の少なかった木古内 - 江差間が生き残り、松前線が廃止されるという皮肉な結果になったようです。線路名称の設定が路線の運命を分けてしまった例と書かれています。

本校職員の由架里さんに伺うと、この写真は昭和50年初頭に本校職員が撮影したもののようです。当時は函館から木古内まで4両編成で、江差に行く1両を切り離し、写真のように3両が松前まで来ていたとのことです。最近、暗室から発見された貴重な写真です。
by manabinomori | 2009-10-22 18:46 | 松前の文化と自然 | Comments(0)
<< 夜の校舎 書道セミナーが紹介されました >>