夢と文化を創造する学校づくり
b0108779_10212877.jpg
Sony DSC-R1 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-120mm

「夢と文化を創造する学校づくり」(同窓会だより『桜雲』原稿)

松前高校に着任してもうすぐ1年になります。北海道で最も歴史と文化のある町での勤務は興味深いことばかりです。私の公宅は蠣崎波響の別荘があった所のようです。波響はここから海を眺め創作活動をしていたのだろうかと想像するだけで、美術教員の私としては胸が高鳴ると同時に身が引き締まる思いです。

松前からは多くの優れた文化人が世に出ています。歴史と文化のある松前ならではのことで、松前の美しい自然風土も影響しているように思います。北海道の政治・経済・文化の中心は札幌になっていましたが、歴史を遡れば松前がその中心だっのです。したがいまして、松前の発展を考る場合はそれをいかにして生かしていくかにかかっていると思います。

松前高校も同様です。道内でも有数の魅力ある学校への転換を図るためには、この貴重な歴史と文化を生かすことが不可欠です。そこで掲げたのが、①松前学、②書道教育、③国際教育の三つの柱です。「松前学」では松前の歴史と文化を学びます。「書道」では心を育て松前ならではの文化を創造します。そして「国際教育」では外国を知ることでより深く松前を知り、松前学をより質の高いものにするとともに、世界に発信していきます。

この「夢と文化を創造する学校づくり」の推進によって、松前に誇りを持ち、創造力と豊かな心を身につけた生徒が社会に旅立ち、いろいろなところで活躍することを期待しています。同窓会の皆様のご支援ご協力よろしくお願い申し上げます。
by manabinomori | 2010-01-31 10:18 | 松前高
<< Aモード DSC-TX7 >>